マーケティングブログ

コンバージョンの改善に必要なCROとは?実践の手順などもご紹介!

WEBサイトを運営する際には、SEOと同じくらいCROも重要とります。
今回は、コンバージョンの改善のために必要なCROについてまとめました。CRO重要性やCROの実践方法などご紹介しますので、ぜひご覧ください。

CROとは、ユーザーが訪問しコンバージョンに至る率を高めるための施策を表します。

今回は、「CROって何?」「CROの実践方法について知りたい」という方に向けて、コンバージョンの改善に欠かせないCROの重要性やフォームや導線を用いたCROの具体的な実践方法について解説します。

WEB制作やWEBマーケターの方には必見の内容となりますので、ぜひご覧ください。

CROとは?

本を読む男性

CROとは、Conversion Rate Optimizationの略で「コンバージョン率最適化」を意味するWEBマーケティング用語の1つです。

コンバージョンとは、簡単に言うとWEBサイトへの購読登録や会員登録、また資料請求や商品購入といったユーザーの行動を意味します。

CROは、そのサイトに訪問したユーザーのコンバージョン率を上げるためのWEBマーケティング戦略の手法となります。

ユーザーにとって、常に使いやすく有益な情報を発信するためにもCROは必要不可欠と言えるでしょう。

CROとSEOの関係性

作業風景

WEBマーケティングをする上で欠かせないSEOですが、CROとどのような関係があるのでしょうか。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」を意味し、WEBサイトの上位表示化を目指し、ユーザーのアクセス数を獲得するためのマーケティング手法となります。

CROを行い、会員登録や資料請求といったコンバージョン率の向上もしくは改善を見込むためには、ターゲットとなるユーザーがまずそのWEBサイトを訪問しなければ何も始まりません。

SEOは、あくまでもCRO達成するための手段として使われ、コンバージョン前に確認したい内容をコンテンツ化したり、ページの表示速度を上げたり、サイト内部の改善を行うことが有効であると言えます。

SEOの場合は効果が出るまで時間を要しますが、ユーザーが求めるコンテンツを作成することでターゲットユーザーの訪問を増やすことができ、コンバージョン数の増加にもつながるでしょう。

CROを実践するための方法や手順とは

NY

それでは実際に、CROを実践するためには何から始めれば良いのでしょうか。

初心者の方でも始められるCRO実践の方法や手順について段階ごとに紹介していきます。

ステップ①:エントリーフォームの見直し

現在実際に運営しているWEBコンテンツのコンバージョン率を改善するには、まずエントリーフォームの見直しから始めます。

エントリーフォームとは、WEBサイトの購読や会員登録などの際に必ず必要となるプロセスの1つです。

通常エントリーフォームには、ユーザーの氏名や年齢、連絡先などの個人情報を記入する必要がありますが、効果的なCROを目指すためには、誕生日やFAXナンバー、住所のふりがなといった不要となる項目はエントリーフォームからは削除しましょう。

その他にも、個人情報等の記入自体を廃止し空メールを送ることによって自動的に会員登録される方法や、Twitter・FacebookなどのSNSアカウントやGoogleアカウントと同期することで、ユーザーがよりスムーズにエントリーフォームを完了でき、コンバージョン率の向上が見込めます。

ステップ②:反応装置の見直し

SNSやGoogleアカウントと同期し会員登録が完了するケースを除いて、ユーザーが直接エントリーフォームを記入する必要がある場合には、反応装置の見直しも必要となります。

反応装置とは、エントリーフォームをスムーズに記入するためのインストラクションや機能のことです。

例えば、記入例や全角・半角の指示、必須項目と任意項目の指定、また、確認ボタンをフォーム内に設置することで、記載漏れやミスがあった場合にはエラーで通知する機能があります。

反応装置をただ設置すれば良いというわけでなく、ユーザーの使いやすさを第一に考えなければいけません。

そのため、フォーム内に「戻る」・「リセット」ボタン等を設置するとユーザーが誤って押してしまった際に、再度記入するモチベーションを妨げてしまい、結果的にコンバージョンが獲得できなくなる可能性が高まるため、細心の注意が必要となるでしょう。

ステップ③:導線の見直し

エントリーフォーム、反応装置の見直しができたら、CROの最終段階として行うが導線の見直しです。

導線とは、ユーザーが実際に会員登録や商品購入をした際の「完了画面」つまりコンバージョンの獲得に至るまでのプロセスを意味します。

「完了画面」に至るまで順に「トップページ」「商品・サービスの紹介ページ」「エントリーフォーム」の3つの段階があります。

「完了画面」に至るまでの段階において、いかにトップページに訪問したユーザーの数を維持できるかがコンバージョンの獲得数にも大きな影響を与えます。

つまり、どのようにしてより多くのユーザーを登録画面までスムーズに誘導できるか、その工夫や導線の見直しを総合的に行うことがCROのポイントになるでしょう。

CROを実践する際の注意点

ノート

ここまで説明した、CROとSEOの重要性やCROを実践するための方法や手順について、理解していただけましたでしょうか。

CROを実践する際の注意点として、サイトへの訪問やエントリーフォームの記入を行うのはユーザーであるため、あくまでもユーザー目線で使いやすさなどのユーザビリティを考慮しなければいけません。

そのため、一方的なCROを実践するのではなく、実際のユーザーからのフィードバックなどを参考にして、コンバージョン獲得までのプロセスを常に改善、改良していく必要があるでしょう。

コンバージョンの改善に必要なCROについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、コンバージョンの改善・獲得に必要不可欠なCROの重要性や具体的な実践方法について紹介しました。

最終的なコンバージョンを獲得するためには、CROはもちろんのことSEOについてもしっかり対策する必要があります。

CROを実践する際の手順としては、エントリーフォーム、反応装置、そして導線の見直しという3つのステップがありますが、あくまでもユーザーの視線に立って対策をしなければいけません。

コンバージョン率は変動しやすいものであるため、常にCROを考慮しながらWEBコンテンツ作成や見直しを行いましょう。

Written by:

デジタルマーケティングを中心としたインターネットメディア事業を営む株式会社メディアエクシードのマーケティングブログです。 WEB担当者として押さえておきたいマーケティング界隈における最新のトレンドやツールに関する有益な情報を紹介していきます!

関連記事

TOPへ戻る