マーケティングブログ

スノッブ効果とは?マーケティングでの活用法と関連心理効果もご紹介

人の購買行動や意思決定に大きな影響を与えるスノッブ効果とは何なのでしょうか。同じ心理学用語であるヴェブレン効果やバンドワゴン効果との違い、マーケティングにおける活用法も含めて紹介します。

普段、私達がモノを買ったりサービスを利用したりする際には、自分の意志だけではなく、他人の行動によって意思決定が無意識に行われます。

モノを売る側、サービスを提供する側の人はこれらの心理学的要因による意思決定について予め理解しておく必要があります。

そこで今回は、企業マーケティングの際に必要なスノッブ効果とは何か・バンドワゴン効果やヴェブレン効果との違い・実際の活用法について紹介します。

スノッブ効果とは?

スノッブ効果とは、多くの人々が所有する商品には希少価値がないため、自分は他の人と差別化したいという欲求が高まる心理作用に基づいたものです。

スノッブ効果は、アメリカの理論経済学者であるハーヴェイ・ライベンシュタインによって提唱された人間の心理的現象となります。

スノッブ効果の具体例

スノッブ効果の具体例を挙げると、例えば周りにいる多くの人達が身につけているモノ・持っているモノ・流行りモノは希少価値が低いということから、「自分では持ちたくない!」「他人とは違うモノがほしい!」というような心理現象が起きますよね。

これがスノッブ効果の典型的な例となります。

具体例を2つご紹介します。

新型スマートフォン、残りわずか!

1日10食限定!プレミアムハンバーグランチ!

このようなセールスコピーにはスノッブ効果が活用されていると言えるでしょう。

つまり、スノッブ効果によって、希少性がより高いモノ、手が届きにくいモノを買ったり身につけたりすることで、私達は達成感自己満足感を感じています。

スノッブ効果は、一般企業のマーケティング戦略としても頻繁に使われる手法です。

例えば「残りわずか!」や「数量限定!」といったセールスコピーは、スノッブ効果によって、私達の購買意欲や他者との差異化願望を満たすためのマーケティング戦略となります。

スノッブ効果と関連する心理効果

前章ではスノッブ効果のとは何か、またその具体例についてご説明いたしました。

それではスノッブ効果をより理解していくために、スノッブ効果と関連性のある「ヴェブレン効果」と「バンドワゴン効果」について、スノッブ効果と比較しながらご紹介していきます。

スノッブ効果とヴェブレン効果

スノッブ効果と同じく購買意欲を高める心理効果として、「ヴェブレン効果」があります。

ヴェブレン効果とは、商品そのものの価値が高いほど、商品の需要が高まるという心理効果のことを指します。

例えば、高級ブランドのバッグや高級車などは、機能面では他のバッグや車とさほど変わらないですよね。

しかし高級ブランドのバッグや高級車の需要が高いのは、その商品を購入することで「満足感や憂鬱感」を得られるためです。

このような、顕示的消費を促すような心理効果のことをヴェブレン効果と言います

スノッブ効果は「他人と違うものを欲しくなる効果」のことであり、一方ヴェブレン効果は「高価なものほど欲しくなる効果」のことです。

商品そのものの希少価値によって購買意欲を高めるという点ではスノッブ効果と類似している心理効果と言えます。

ヴェブレン効果についての詳しい内容は、こちらからご覧ください。

スノッブ効果とバンドワゴン効果

次にバンドワゴン効果についてご説明いたします。

バンドワゴン効果とは、スノッブ効果の逆の意味がある心理学用語となり、他者の消費行動が増えることによって、「自分もそれがほしい!」「流行に乗り遅れたくない!」という心理状態が刺激され、個人の消費が増えるという心理現象です。

バンドワゴンとは、パレードの先を行く楽隊車、または政権を握っている政党という意味があり、「バンドワゴンに乗る」とは流行に乗ることを意味します。バンドワゴン効果もスノッブ効果同様に、マーケティング戦略として頻繁に使われます。

例えば、「アカデミー賞受賞作品」「有名芸能人も大絶賛」と言ったセールスコピーは、バンドワゴン効果を狙ったマーケティング戦略となります。

バンドワゴンについての詳しい内容は、こちらからご覧ください。

スノッブ効果とバンドワゴン効果の注意点

企業マーケティングにおいてスノッブ効果を利用する際には、意外な落とし穴に注意する必要があります。

今回はスノッブ効果と、その反対の効果であるバンドワゴン効果に着目して、その注意点をご紹介していきます。

スノッブ効果とは、「希少性」「優位性」「特別感」によって消費者の購買意欲を刺激するものです。

つまり、スノッブ効果によって商品が売れすぎてしまうと、その商品の「希少性」などが弱まり、逆に売れなくなってしまうというデメリットがあるのです。

そのため、スノッブ効果を用いてマーケティングを行う場合には商品の在庫数や販売期間を制限し、その効果を持続されるための対策をする必要があります。

また、先程ご紹介した心理効果であるバンドワゴン効果にも同じことが言えます。

消費者による需要というのは月日が経過すると必ず低下し、大ヒットしたものほど流行が過ぎ去るのが早いです。

そのため、バンドワゴン効果を望むためにはその商品を継続的に販売する努力が必要であるため、一時的な人気の獲得だけでは効果的に商品を販売することはできません。

つまり、スノッブ効果を用いて効果的にマーケティングを行っていく際には、「希少性」を保った訴求を意識しながら、時には反対の心理効果であるバンドワゴン効果とも合わせた販売方法を考えていく必要があるでしょう。

スノッブ効果とバンドワゴン効果の活用法

先述した私達の購買意欲を刺激する要因として、「他人が持っている・利用している」「他人が持っていない・利用していない」という2つの真逆の心理現象が作用します。

しかし、スノッブ効果とバンドワゴン効果のどちらが作用するのかは個人の価値観や意思決定の仕方によって異なります。

企業の人間などが実際にマーケティングを行う際にはこれらの2つをしっかり考慮し、時には組み合わせて使用する必要があるためその具体的な活用方法について一緒に考えていきましょう。

その①:「今話題の化粧品、残りあとわずか!」

スノッブ効果は、バンドワゴン効果はそれぞれ逆の心理現象であるため、組み合わせることは矛盾していると思う方もいるでしょう。

しかし、スノッブ効果とバンドワゴン効果との組み合わせは、工夫次第で可能になります。

例えば、「今話題の化粧品、残りあとわずか!」というセールスコピーは「みんなが使っているから使いたい!」「早くしないと無くなるかもしれないからほしい!」というスノッブ効果とバンドワゴン効果のそれぞれの要素を上手く取り入れています。

そのため、いずれかの欲求に当てはまる人は、必ず購買意欲が刺激されるでしょう。

その②:「以前大人気だったハンバーガーが期間限定で大復活!」

先述した例以外にも、「以前大人気だったハンバーガーが期間限定で大復活!!」というセールスコピーもスノッブ効果とバンドワゴン効果の両方の要素を上手く取り入れ、より効果的な集客を見込むことができます。

似たような例でよく目にするのがファストフード店の期間限定メニューですよね。

「昔多くの人に愛されたハンバーガーが期間限定で大復活!」という広告や宣伝を見てしまうと、ついつい買ってみたくなりますよね。

このように、スノッブ効果のバンドワゴン効果という一見矛盾している要素を上手く宣伝広告などに盛り込むことによって、より効果的に消費者の購買意欲を刺激することができるでしょう。

スノッブ効果について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、スノッブ効果がどのように私達の心理状態に影響するか、またバンドワゴン効果との違いや組み合わせによる具体的な活用方法について紹介しました。

心理的現象の1つであるスノッブ効果とは、「希少性」や「特別別感」によって特定の消費者の購買意欲を刺激するマーケティング戦略です。

しかし、スノッブ効果だけではたくさんの数を販売できない、長期間の販売ができないという欠点があります。

そのため、真逆の心理現象であるバンドワゴン効果と上手く組み合わせることによって、より効果的に商品の販売や集客を行うことができるでしょう。

Written by:

デジタルマーケティングを中心としたインターネットメディア事業を営む株式会社メディアエクシードのマーケティングブログです。 WEB担当者として押さえておきたいマーケティング界隈における最新のトレンドやツールに関する有益な情報を紹介していきます!

関連記事

TOPへ戻る