マーケティングブログ

被リンクのSEO効果におけるメリットとデメリット、注意点を紹介

被リンク対策は、SEOにおいて非常に密接な関連性があります。SEO対策で上位表示させるには被リンクを集めることが重要であるとされています。
今回は被リンクの意味や役割、メリットとデメリット、対策する際のポイント、注意点について紹介してきます。

SEO対策を行なう上で欠かせない要素の1つとして「被リンク対策」があります。

被リンクという言葉は知っていても、その役割や正しい対策の仕方をしっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、被リンクの意味や役割、メリットとデメリット、対策する際のポイント、注意点について紹介していきます。

被リンクとは

旅に出る前

被リンクとは、外部リンクとも呼ばれ、対象としたWEBサイト、もしくはそのサイトのページへのアクセスを集めるために外部のサイトに設置されたリンクを指します。

例えば、あるブログに訪問したユーザーが記事内容に共感して、そのユーザー自身のブログでリンクを付けて記事を紹介するケースがありますが、これも被リンクとなります。

より多くのリンクが設置できれば、その分自身のブログやサイトへのアクセス数を集めることがでるでしょう。

SEOに関する被リンクの重要性

被リンクは、SEOにおいて重要な要素の1つとされており、Googleを始めとする検索エンジンではサイトの人気度、つまり総合的な評価をつけるための「指標」となります。

自身のブログを対象としたリンクには、それぞれドメインパワーという各サイトの品質を表すものが付いています。

リンクを通じてそれぞれのドメインパワーが自身のブログに「リンクジュース」として1つに集まり、総合的な評価が決まるため上位表示を目指すには、この評価の数値が非常に重要な要素となります。

より多くのドメインパワーを集めることも重要ですが、いかにして高品質のサイトから集められるかということがSEOにおいて重要となるでしょう。

SEOに関する被リンクのメリット、デメリットとは?

ストリートフォト

被リンクとは何なのか、SEOに関する重要性について説明しました。

確かに効率的に被リンクを集めることで様々なメリットがある一方で、気をつけなければならないこともあります。

それでは、SEOに関する被リンクのメリット、デメリットをそれぞれ一緒に見ていきましょう。

メリット:WEBサイトの評価・価値を高めることが可能

先程述べたことに関連することですが、サイトの評価・価値を高めることができるというメリットがあります。

検索エンジンからより高い評価を得るためには、そのサイトの品質を上げる必要があります。

品質を上げる手段として、ユーザビリティの最適化など様々な手段がありますが、その1つとして評価の獲得が挙げられます。

より高品質な外部サイトからたくさんのリンクを集めることができれば、それだけ「リンクジュース」つまり評価・価値が高まり、上位表示されやすくなるでしょう。

デメリット:外部サイトからの悪影響を受けることもある

リンクジュースとは複数の外部サイトからそれぞれリンクパワーを集めることですが、それらの品質が低い場合、その評価をそのまま引き継ぐことになるため、悪影響を受ける恐れがあるという欠点も存在します。

場合によっては、自分の知らない間に外部サイトによって勝手にリンクが貼られているということもあるため、外部サイトに関しては定期的にチェックする必要があり、悪影響がある場合にはリンクの解除要請を随時行う必要があるでしょう。

被リンク対策をする際のポイント・注意点

中華街

以上が主なメリット、デメリットになります。

それでは、実際に被リンク対策をする上で知っておくべきポイント・注意点について一緒に見ていきましょう。

「発リンク」を積極的に行なう

SEO対策における発リンクは、リンク先のSEO評価を高める効果があります。

そうすると外部のサイトからリンクを集めることになりますが、そのサイトのリンクジュースが高くない限り、1本ではSEO評価を上げることはできません。

そのため、積極的に「発リンク」を行い、より多くの被リンクを獲得しましょう。

発リンクとは、高品質だと感じたサイトに対して、こちら側からリンクを設置することです。

必ずしも効果的という訳ではありませんが、発リンクをした対象サイトからの相互リンクを見込むことができます。

業者への被リンク対策(外部対策)依頼は控える

被リンクを獲得する手段の1つとして、専門業者に依頼し専用サイトを作ってもらうという方法があります。

意図的な外部対策はGoogleのガイドラインに違反しており、過剰な被リンクがあるとペナルティの対象となる恐れがあります。

というのも、リンクの設置において金銭が絡む行為をGoogleはそれほど快く捉えておらず、また業者の中には非常に悪質なところもあるため、非常にリスクが高まります。

そのため、なるべく専門業者などには依頼せず、サイトの品質を向上させるためにコンテンツの改善を行う方がより確実に上位表示を狙うことができると言えるでしょう。

被リンク獲得における専用ページの制作はNG

対策をする際に多くの人が陥りがちなこととして、被リンクのためだけのページを作ってしまうことです。

無造作にリンクだけを羅列したページやリンク先とは全く関連性のないページなどが具体例として挙げられ、このような行為はGoogleのペナルティ対象となり、SEOにも悪影響を与えかねません。

そのため、被リンクを獲得するために専用ページを制作することは決してやってはいけません。

被リンクのSEO効果について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は被リンクの意味や役割、メリットとデメリット、対策する際のポイント、注意点について紹介しました。

被リンクとは、外部リンクとも呼ばれ、対象としたWEBサイト、もしくはそのサイトのページへのアクセスを集めるために外部のサイトに設置されたリンクを指します。

外部のサイトから集められたリンクパワーはSEOにも大きく関係しますが、逆に低品質なサイトからのリンクを受けてしまうと悪影響を及ぼします。

SEO対策を行いキーワード順位を上げるためには、被リンクの獲得とユーザーに寄り添ったコンテンツが必要になります。

また、高品質な外部サイトから多くのリンクパワーを集められるかが検索結果順位に大きく影響します。

実際に、被リンク対策を行う際には以上のことに注意しながら、正しい方法で被リンク獲得を行いましょう。

Written by:

デジタルマーケティングを中心としたインターネットメディア事業を営む株式会社メディアエクシードのマーケティングブログです。 WEB担当者として押さえておきたいマーケティング界隈における最新のトレンドやツールに関する有益な情報を紹介していきます!

関連記事

TOPへ戻る