マーケティングブログ

キーワード出現率とは?SEOへの関係性と調整方法を解説!

キーワード出現率とは何か、キーワード出現率とSEOへ関連性についてまとめました。
出現率の調整方法とチェックツールについても紹介してきますので、ぜひ参考にしてください。

皆さんはコンテンツを作る際、キーワードの出現率を意識しているでしょうか。

以前はSEO対策として、キーワードの出現率を〇%にするといった対策が有効とされていました。

ですが、現在はGoogleの幾多のアップデートによって、キーワードの出現率よりもコンテンツの内容が重視されるようになってきています。

今回は、キーワードの出現率についてとSEOへの関連性、調整方法とチェックツールについて解説をしていきます。

キーワード出現率とは?

keyword

キーワード出現率とは、そのコンテンツ内で使用しているキーワードの割合のことを言います。

以前のGoogleのクローラーはキーワードの出現頻度を見てそのコンテンツの順位付けをしていました。

そのため、コンテンツ内に無理やりキーワードを詰め込むという行為がSEO対策として有効でした。

それによってキーワードを詰め込むあまり、ユーザーにとって分かりにくいコンテンツになってしまうということが多くみられました。

ですが、今ではそのような無理矢理な対策をする必要はなくなりました。

では、現在キーワード出現率はSEOにどれほど関係しているのかを見ていきましょう。

SEOへの関連性

SEO

現在はキーワード出現率はSEO対策としてはあまり重要ではないと言えます。

 

Googleはユーザーにとって有益なコンテンツが検索上位に表示されるように、幾度ものアップデートを繰り返しています。

それによりGoogleのクローラーの精度が向上し、以前の様にキーワード出現率を意識しなくても内容がユーザーに有益であれば評価されるようになりました。

今後のアップデートでもユーザーファーストなアップデートが行われるでしょう。

それを考慮しても、今後はユーザーのニーズを理解しそれに沿ったコンテンツ作りをしていくことが重要になっていると言えます。

ですので、キーワードを多用して出現率を上げるよりも、ユーザーにとって有益なコンテンツを作ることを意識するようにするとよいでしょう。

キーワード出現率はSEOとは全く関係ないのか?

先ほどSEO対策としてあまり重要ではないと言いましたが、キーワード出現率がSEOに全く関係がないというわけではありません。

ユーザーが知りたいことや悩みを解決をするコンテンツを作ろうとした場合、その悩みについてのキーワードを使わないということはほとんどないでしょう。

ユーザーにとって有益な分かりやすいコンテンツを作ろうと思った場合、対策しているキーワードの出現率というのは自然と上がっていきます。

では、実際に検索上位に表示されているコンテンツのデータを見てみましょう。

以下のデータは検索上位に表示されている当サイトのコンテンツのデータです。

『サジェスト 汚染』

SEO 対策 1位

『vlog youtuber 違い』

SEO対策 2位

利用ツール:http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

※2019年12月時点

上記データのように、検索上位に表示されているコンテンツは、対策をしているキーワードの出現率が高い傾向があります。

上位5位以内に入る程度にキーワードを使用することが、SEO対策やユーザーにとって読みやすいコンテンツ作りにも繋がっているのです。

ですが、キーワードは多ければいいというわけではありません。

キーワードを使いすぎることで逆に検索順位が下がるということもあります。

キーワードの乱用はNG

キーワード出現率を調整するにあたってキーワードを無理やりコンテンツに詰め込むのはNGです。

Googleは不自然なキーワードの乱用を禁止しています。

キーワードを乱用してスパムとして認識されてしまうとペナルティの対象となります。

ペナルティを受けると検索順位が低下、またはインデックスから削除されてしまいます。

そうならない為にも、無理な出現率の調整はしないようにしましょう。

上位表示の為のキーワード出現率の調整方法は?

上がっていくイメージ

ではSEOの対策で効果のあるキーワード出現率の調整方法にはどういった方法があるのでしょうか。

ここからはおすすめのキーワード出現率の調整方法をご紹介します。

タイトルタグ・見出しタグにキーワードを入れる

コンテンツのタイトル(h1タグ)にキーワードを入れるようにしましょう。

タイトルは、ユーザーにコンテンツの内容がどういったものであるかを伝える為のものです。

SEO対策としても有効ですし、ユーザーにコンテンツの内容を伝える為にもきちんとキーワードを入れるように意識するようにしましょう。

また、見出しタグ(h2、h3タグ等)にもキーワードを入れるようにしましょう。

違和感が出てしまう様なら無理に入れることはせず、可能であれば入れるようにしましょう。

SEO対策で有効なのはもちろん、見出しにキーワードを入れることで内容が分かりやすくなります。

ユーザーに分かりやすいコンテンツを作るためにも、見出しタグにはキーワードを入れることを意識するようにしましょう。

こそあど言葉を使わないようにする

こそあど言葉とは「これ・それ・あれ・どれ」といった指示語のことを指します。

コンテンツ内でこそあど言葉を多用してしまってはいませんか?

会話で使うのに便利なこそあど言葉ですが、SEO対策を考えた場合こそあど言葉はなるべく使わない方がいいと言われています。

こそあど言葉を使うとキーワード出現率が低下するだけでなく、ユーザーから見ても内容が分かりにくくなってしまいます。

また、Googleのクローラーは優秀であるとはいえ、こそあど言葉を使われるとその言葉が何を示しているのかを理解することができません。

ユーザーにもクローラーにも分かりやすいコンテンツを作る為にも、こそあど言葉はなるべく使わないようにするとよいでしょう。

チェックツール

様々なコンテンツ

対策キーワードをコンテンツ内でどれだけ使っているかを調べるには、チェックツールを使いましょう。

ここからはおすすめのチェックツールとその使い方をご紹介します。

おすすめのチェックツール①:ohotuku.jp

ohotuku.jp

ohotuku.jp:http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

使い方

調べたいURLを入力し、「チェックする」を押すと、出現率が高いキーワードから順に表示されます。

右下の表示件数から上位から何位までを表示するかを設定することができます。

他にも、出現率目標を設定することができます。

出現率を目標の数値にする為に、そのキーワードをいくつ増減させればいいのかを知ることができます。

この数値を参考にキーワードの数を調整していくとよいでしょう。

おすすめのチェックツール②:FunkeyRating

FunkeyRating

FunkeyRating:https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

使い方

使い方としては先ほどのツールと似ています。

ですがFunkeyRatingではURLだけでなく、テキストのみでもキーワード出現率を調べることができます。

URLまたはテキストを入力してチェックボタンを押すと、出現率が高いキーワードから順に表示されます。

このツールも出現率目標を設定することが可能で、最大で3つまで設定することができます。

おすすめのチェックツール③:高屋のSEO診断チェックツール

SEO CHECK TOOL

高屋のSEO診断チェックツール:http://seo-takaya.com/keywords.php

使い方

使い方はシンプルで、URLを入力してチェックボタンを押すと、キーワードの使用回数と出現率を30位まで表示します。

出現率目標などの設定はありませんので、キーワードの使用回数と出現率のみを調べたいときに使うとよいでしょう。

また、同サイトでその他のSEO診断もすることが可能となっています。

キーワード出現率とSEOについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はキーワードの出現率とは・SEOとの関連性・チェックツールについて紹介しました。

Googleのクローラーの性能はどんどん向上しており、それによりコンテンツの内容が重視されるようになりました。

それによりSEOの為に無理にキーワードを入れるのではなく、ユーザーのニーズを理解し検索したユーザーにとって必要となるコンテンツを作っていくことが重要になってきます。

検索上位のサイトを参考にユーザーにとって分かりやすく有益なコンテンツ作りをしていきましょう。

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る