マーケティングブログ

WordPressのおすすめプラグイン10選!機能などを詳しく解説!

世界でも有名なCMSであるWordPress。WordPressはサイト制作やブログ作成として用いられており、SEO対策としても有用です。
そんなWordPressの機能を拡張することができるプラグインを10個サイトの用途に合わせてご紹介していきます。

SEO対策にも用いられる無料CMSであるWordPress。WordPressを用いることでサイト制作やブログ制作をすることが可能です。

WordPressはプラグインを追加でインストールすることで、様々な機能を追加することができます。

今回はそんなプラグインでサイト制作によく利用されるプラグインを解説させて頂きます!

WordPressとは

サイト制作をする人々

WordPressとはオープンソースのコンテンツ管理システム(Contents Management System)です。

サイトやページ制作に必要なHTMLやPHP等の知識がなくてもサイトの管理や運用ができるので、
個人の方や企業の方など多くの方が利用しているCMSになります。

おすすめプラグイン

ここからサイト制作などでより利用されているプラグインをいくつかご紹介していきます。

近年ではWordPressのテーマも多く提供されており、プラグインの機能をテーマが補っている場合もあります。

プラグインは入れすぎるとサイトが重くなってしまうので、作成したいサイトの構成や目的に合わせて、
必要な分だけインストールし、利用するのがよいでしょう。

Google XML Sitemaps

一つ目にご紹介するプラグインはGoogle XML Sitemapsです。

こちらは名前の通りXMLサイトマップを作成するプラグインになります。

固定ページや新規記事を作成した際に自動的にサイトマップに追加作成され、Googleのクローラーに対しすぐに新規ページを示すことができます。

また、こちらのプラグインは他にXMLサイトマップを作成するプラグイン(SEO系プラグイン)などがインストールされている場合は、導入する必要はございません。

PS Auto Sitemap

先ほどご紹介したGoogle XML SitemapsはGoogleのクローラー向けのサイトマップを作成するプラグインですが、 PS Auto SitemapはHTMLのサイトマップ、つまりサイトを訪問したユーザー向けのサイトマップを簡単に作成することができます。

Akismet Anti Spam

こちらはスパムコメントを防止するプラグインです。

コメント欄を開放しているサイトの際はこちらをONにしておくことで、スパムとなるコメントを除いてくれます。

Akismetは個人のサイトの場合は無料で利用することができますが、商用サイトの場合は有料になりますので注意が必要です。

Yoast SEO

Yoast SEOとは、その名の通りSEO対策用プラグインです。

設定は多く初めて扱う方にとっては複雑ですが、前述したXMLサイトマップの作成や、各ソーシャルメディアの共有設定、各ページごとのキーワードやディスクリプション設定、SEOスコアの可視化、パンくずリストの作成など、SEOに関する設定が可能です。

ブログを書いてサイトを運用したい方や、たくさんページを更新する予定の方はこちらのプラグインを導入し、設定することをお勧めします。

Redirection

こちらはリダイレクト設定を簡単に行えるプラグインとなっています。

本来.htaccess等を編集し設定するリダイレクト設定をWordPress管理画面上で簡単に行えるようになるプラグインです。

インストールした段階ですと英語ですが、日本語化もできますし、リダイレクト設定がとても簡単に行えるのでおすすめです。

Table of Contents Plus

こちらは記事ページ等に目次を簡単に作成することができるプラグインです。

設定やデザインの調節もWordPress管理画面上で行えるのでとても簡単に設定することができます。

現在テーマの仕様で自動で目次が入るようなテーマもありますが、テーマにそのような機能がなく目次が必要な際は、こちらをインストールすることをお勧めします。

WordPress Popular Posts

こちらはプラグインをインストールすることで、閲覧数の多い人気記事をサイドバーなどの任意の場所に設置することができます。

ブログをメインに運営するサイトの場合は導入することをおすすめします。

Tiny MCE Advanced

こちらは投稿の文字等を簡単に装飾することができるエディターが追加されるプラグインです。

こちらはインストールするだけで文字色や背景色、アンダーラインなどのエディターが追加されます。

また、CSSファイルなどを編集することで独自のスタイルを作成、エディタで呼び出すことができます。

Contact Form 7

お問い合わせフォームなどをサイト内に作成したい場合はContact Form 7もしくは、この後ご紹介するMW WP Formをインストールすることをお勧めいたします。

Contact Form 7のメリットは画面遷移なしのフォームでしたら簡単に作成できることです。

MW WP Form

前述したContact Form 7と同様のフォーム系プラグインの一つであるMW WP Formです。

こちらはContact Form 7と違い、画面遷移するフォームを簡単に作成することができます。

また、バリデーション(フォームの必須項目設定)などが簡単に行えるため、しっかりとしたフォームを作成したい方はこちらをインストールすることをおすすめします。

プラグインをインストール、更新の際の注意点

驚く子供

プラグインをインストール、更新する際にはバックアップを取ることをお勧めします。

なぜなら、プラグインをインストールしてサイトが崩れてしまったり、プラグインを更新して更新前の機能が使えなくなる例がありますので、バックアップをとることが大切でしょう。

WordPressのプラグインについてまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事ではWordPressのおすすめプラグインをご紹介致しました!

プラグインはWordPressの機能を拡張でき、とても便利ですが、1サイト内に多くのプラグインを導入してしまうとサイトが重くなってしまうため、サイトの目的や用途に合わせて必要なもののみ導入することがよいでしょう。

WordPressにプラグインを導入することで、サイト運用者に使いやすくなったり、ユーザーにとっても使いやすくなるので、是非導入してみてください。

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る