マーケティングブログ

LINE広告とは?運用の仕組みや設定方法を解説します

今や日常に欠かせないツール「LINE」
LINE内やサードパーティーアプリへ広告出稿できることはご存知でしょうか?
今回の記事ではLINE広告について解説していきます。

今では大人から子供まで多くの人が使っているLINE。
皆さんも最近LINEを使っているときにトーク一覧の上やタイムライン、ニュースなどに広告が入っているを見かけるかと思います。

この広告が何なのか、仕組みがどうなっているのか、LINEに広告出してみたい方、そんな方に今回はLINE広告について解説していきたいと思います!
是非最後までご覧ください。

LINE広告とは

まず初めに、LINE広告とはどのようなものか簡単にご紹介します。
LINE広告(旧:LINE Ads Platform)は主にコミュニケーションアプリLINEを利用するユーザーに向けて配信する広告プラットフォームです。

現在では、月間8,600万人*が利用しているため、アクティブ率も高く、広告の露出が期待できる広告媒体であると言えます。
*2020年9月末時点

LINE広告では、広告の配信面(どこに表示するか)、クリエイティブ(なにを表示するか)、広告配信機能(だれに配信するか)の要素が掛け合わさり配信されます。

LINE広告の配信面

続いてLINE広告がどこに配信されるか、
配信面ごとの配信方法や期待できるユーザー属性を解説していきます。

トークリスト(Smart Channel)

LINEを利用する方ほぼ全員が目にするであろうトークリスト
こちらにニュース記事や広告が配信されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。
トークリスト最上部に表示される広告をクリックすると商品・サービスのランディングページに遷移します。

LINE広告サービスで最もアクティブ性の高いトーク画面の最上部に広告が表示されます。
かなりのインプレッションが見込める配信面です。

タイムライン

タイムライン訪問ユーザー6,800万人へ、外部送客やアプリダウンロードなど促進の用途で広告掲載が行えます。
男女比は若干女性の方が多く、10代~60代まで幅広い年代に配信することができます。

LINE NEWS

月間訪問ユーザー6,800万人と高いアクティブユーザー数が特徴となっており、
LINEアプリ内のニュースタブなどから閲覧可能な記事一覧ページや、324媒体のアカウントメディアの記事一覧ページに広告配信できます。

LINE NEWSユーザーは購入意欲が高いとされているため、新商品や即時性のあるコンテンツとの相性が良いかと思います。

LINEウォレット

LINE内のウォレットタブに広告を掲載します。
ウォレットタブではLINE内で5,400万人超の幅広いユーザー層へリーチすることが可能です。

LINEマンガ

LINEマンガは、気軽に多くの漫画作品を楽しむことができるスマホ向け電子コミックサービスです。
アプリのダウンロード数は2,300万を超えており、現在では国内最大の電子コミックサービスになっております。
期待できるユーザー属性としては、10代~20代の男女に多く配信できるかと思います。

LINE広告ネットワーク

LINE広告ネットワークとは、LINEやLINE関連サービスのほかに月間利用者およそ1.1億人のサードパーティーアプリへの広告枠を保有しており、
多くのユーザーへ広告を配信することが可能です。アプリはライフスタイルや漫画など様々なジャンルが存在しています。

LINE広告の配信機能

上記でLINEがどのような配信面に対応しているか知っていただけたかと思います。
さて、続いてはLINE広告はどのようなターゲットを設定できるのかご紹介していきます。

デモグラフィックデータ配信

こちらはLINEに登録している情報や、LINE内での行動履歴からユーザーを絞り込み、
広告を配信することができます。
ここで得られる情報としては以下の通りです。

  • 年齢
  • 性別
  • OS(iOS,Android)
  • 地域(居住地、勤務地、現在地)
  • 興味関心
  • 属性(配偶者や子供の有無、携帯キャリア、行動から推定される年収)
  • 行動(テレビの視聴頻度、ウェブサイトCVが多いかアプリDLが多いかetc)

オーディエンス配信

続いてはオーディエンス配信です。
こちらは比較的他の広告媒体でも設定可能なものとなっており、
サイトの特定のページを訪れたユーザーや、アプリをダウンロードしたユーザー、
電話番号リストやメールアドレスリストがあればそのユーザーに向けて配信することも可能です。
設定可能なオーディエンスは以下の通りです。

  • ウェブトラフィックオーディエンス
  • モバイルアプリオーディエンス
  • IDFA/AAIDアップロード
  • 電話番号アップロード
  • メールアドレスアップロード
  • LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
  • 類似オーディエンス
  • 動画視聴オーディエンス

LINE広告の設定方法

さて、ここまででLINE広告とはどういったものか理解して頂けたかと思います。
続いては出稿したいという方に向けて実際の運用を始め方を解説していきます。

LINEビジネスIDの発行

LINEビジネスIDとはLINEが提供するビジネス向けサービスの管理画面に
同じID・パスワードでログインを可能にするシステムとなっております。
LINEアカウントで登録するか、メールアドレスで登録するかが選べますが、
個人のLINEアカウントと紐づけてしまうことになってしまうので、メールアドレスをおすすめします。

広告アカウントの作成

LINEビジネスIDを発行し、ログインしたら、続いて広告アカウントの作成になります。
その名の通り広告配信を管理するアカウントとなっており、出稿に必ず必要となります。

広告アカウントの作成にはLINE公式アカウントの作成が必要となりますので、
予めLINE公式アカウントを作成しておくことをおすすめします。

クレジットカードの登録

続いて、管理画面の請求の設定画面から、クレジットカード情報の登録が必要となります。
登録が完了した後に、今まで入力した情報をLINE側で審査して頂く流れとなります。

広告配信の設定

上記で解説させて頂いた、オーディエンスや配信面(LINEとLINE広告ネットワークのみ選択可)、クリエイティブの設定を進めます。

また、広告出稿で目標とするコンバージョンや効果を測定するためにLINE Tagというタグをランディングページに埋め込む必要があります

広告の審査が完了後、配信開始が可能に

上記で設定した広告の設定、クリエイティブの審査が完了後、
実際に広告を配信することが可能
となります。

LINE広告の注意点

最後にLINE広告出稿の際に気をつける点をいくつかご紹介します。

審査基準とガイドラインについて

どの広告媒体にも共通することですが、
広告媒体のガイドラインに従い、掲載不可能な商材がございます。
LINE広告では以下の項目に関わる商材は広告配信することができません。

宗教関連
エステ(一部当社が認めた場合を除く)
ギャンブル関連、パチンコ等(公営競技・公営くじは除く)
アダルト関連
出会い系、マッチングサイト等(一部当社が認めた場合を除く)
連鎖販売取引
探偵業
たばこ、電子タバコ
武器全般、毒物劇物
政党
公益法人、NPO/NGO、社団法人(一部当社が認めた場合を除く)
生体販売
美容整形・ホワイトニングなどを含む医療関連、クリニック、疾患啓蒙サイト等(一部当社が認めた場合を除く)
整骨院、接骨院、鍼灸院等
未承認医薬品⋅医療機器等
消費者金融などの貸金業、質屋(一部当社が認めた場合を除く)
ネット関連ビジネス(情報商材、自己啓発セミナー等)
募金、寄付、クラウドファンディング等の資金調達(一部当社が認めた場合を除く)
その他弊社が不適合と判断した業種⋅業態、商品⋅サービス

https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/guideline/

入稿可能な画像・動画データ

続いて、入稿可能なクリエイティブのサイズも重要になってきます。
こちらをある程度知ってからクリエイティブを作成するのが良いかと思います。
各種サイズを以下の表にまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

クリエイティブフォーマットアスペクト比(画像)推奨サイズ(画像)アスペクト比(動画)推奨サイズ(動画)
Card16:91,200×628px16:916:9
Square1:11,080×1,080 px1:11:1
Vertical9:169:16
Carousel1:11,080×1,080 px

また、バナー画像であればファイル形式は、「.jpg」または「.png」で、ファイルサイズは5MB以内にしなければいけません。

まとめ

今回の記事では、LINE広告についてどういったものかや、設定方法、注意すべき点について解説してきました。
これからLINE広告の出稿を考えている方の参考になりましたでしょうか?

もし、この記事を読んでも難しそう、運用は始めたいが不安といった方に向けて、
弊社ではLINE広告運用代行サービスを行っております。
初期設定から運用まで代行させて頂くサービスとなっております。
初期費用3万円、広告運用手数料20%で着手させていただきます。
気になる方がいましたら、是非下記よりご相談ください。
最後までご覧頂きありがとうございました。

お問い合わせはコチラから

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る