マーケティングブログ

TikTok広告とは?特徴や広告動画のポイント、出稿方法を解説

世界的に流行しているSNSであるTikTok。TikTokにも広告を出稿することは可能です。複数の広告メニューがあり、スマートフォンに合わせたクリエイティブが必要です。
今回の記事ではTikTok広告について、特徴や出稿のやり方などをご紹介していきます。

約15秒程の短い動画を投稿するTikTok。近頃世界的に流行し、テレビなどで目にすることも増えてきました。
現在このTikTokでは、LINEやYouTube,Instagram,Facebook,Twitterなどと同様に広告を掲載することが可能となっています。
今回の記事ではそんなTiktok広告の概要や出稿方法についてご紹介していきます。

TikTokとは

まず初めにTikTokとはどのようなSNSか簡単にご紹介していきます。
TikTokとは15秒~60秒の動画を投稿することができる動画共有SNSです。
TiTokアプリ内で動画を撮影から編集まで行うことができ、撮影の際に使用できるフィルターも多く用意されており、
スマートフォン1つで簡単に投稿まで行えるため若い世代を中心に流行が広がり、親世代も影響を受けて始めることもあるというように、現在人気のSNSの1つとなっています。

TikTok広告の特徴

TikTok広告には複数の種類があります。
TikTOk広告の種類や特徴についてご紹介していきます。

TikTOk広告の種類

TikTok広告にはいくつかの広告メニューがあり、それぞれ配信面や広告出稿にかかる費用に違いがあります。
それぞれを簡単にご紹介していきます。

起動時画面広告

アプリを起動した際に表示される広告で、起動時画面を占有するため、利用するユーザーに確実に表示させることが可能です。
しかし、1日1枠のみなので、競争率が高く、費用も1日約500万円程度必要と高額となります。
ユーザーから多くの認知拡大等に利用する企業も多い広告メニューとなります。

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは、指定したハッシュタグをつけた投稿をTikTokに投稿することを促し、認知拡大などの目的で利用される広告メニューの1つです。
ユーザーに投稿を促す広告の配信形態となっているため、ユーザー参加型でユーザーとの一体感が生まれることや、自然と拡散されることもあり、バズれば多くの拡散が見込めます。
こちらも期間契約となっており、一番安いプランでも1000万円とかなり高額になります。

インフィード広告

インフィード広告はTikTokのオススメ投稿に配信する広告となっております。
ユーザーの投稿にまぎれる形で広告が配信されるため、ユーザーに広告の抵抗感をあまり与えずに配信することができます。
こちらも期間契約となっており、一番安いプランで42万円と少々高額になっております。

運用型広告

こちらは他のSNSの広告と同様に、ユーザーの投稿の間に広告が表示される広告の配信形態になります。
ユーザーの投稿に近い広告を作成することでユーザーも違和感なく閲覧できるかと思います。
運用型広告の場合最大で60秒の広告を出稿することができるため、他の広告の配信形態とは異なり、商品やサービスを十分に訴求できる広告の配信形態となっております。
こちらは課金方式となっており、クリック、インプレッション、再生ごとに課金される方式です。

TikTok広告の出稿の際のポイント

TikTok広告の強みを生かすための、動画クリエイティブ作成のポイントをいくつかご紹介致します。

縦長のクリエイティブ

動画系広告やSNS広告で利用される横長(16:9)の動画では横向きに配信されてしまう可能性があります。
そのため、Insatagramストーリーズ広告のような縦長(9:16)のクリエイティブを作成することで、スマートフォンの画面を最大に活かし、ユーザーに対してインパクトのあるクリエイティブになります。

最初の1秒で惹きつける

現在、多くのユーザーはSNS広告に慣れており、非常に広告に敏感になっております。
そのため、広告感のあるクリエイティブではほぼ見られることなくスキップされたり抵抗感を生ませてしまいます。
広告感があっても、開始1秒でユーザーが思わず見てしまうようなクリエイティブが良いとされています。

音源にもこだわる

TikTok特有の広告のポイントとしては、音源の選択です。
流行りのものを選んだり、自社で新たに音源を作るのもよいでしょう。
流行っているもの、耳心地の良いものであれば、ユーザーは最後まで見てみたいと思うこともあります。

TikTok広告を出稿する方法

ここまでTikTok広告がどのようなものかご紹介してきましたが、続いては実際に出稿する手順を解説していきます。
今回の手順は運用型広告の出稿手順となります。

広告用アカウントを準備

まず始めにTikTok for businessという広告用のアカウントを開設する必要があります。
請求先の地域やアカウントの目的など、必要な情報を入力し作成を進めてください。
アカウントの詳細情報を入力することで広告主の審査に入り、こちらの審査完了後問題なければ広告の配信が可能になります。

キャンペーンを作成

広告アカウントの準備ができましたら、次はキャンペーン作成です。
作成の際に目的を聞かれますので該当するものを選び、予算やキャンペーン名について入力していきましょう。

広告セットを作成

続いては広告セットの作成と設定です。
こちらで配信面を選択可能ですので、自動もしくは手動で選択していきましょう。
TikTokのほかにbuzzvideo等も選択することが可能ですので、必要に応じて配信面を選択してください。
配信面のほか、広告の遷移先やコンバージョンの設定もこちらで設定する必要があります。
また、Tiktokなどにはプロフィール画像も表示されるため、それらもこちらから設定を行います。

入札タイプはクリック、コンバージョン最大化などが選択可能です。
クリックは大きく入札単価がブレることはなく、入札を行います。
コンバージョン最大化ではAIが自動で入札を行うため、コンバージョン獲得のために入札単価がブレることがあります。

広告クリエイティブを入稿

最後にクリエイティブを入稿しますが、TikTokでは画像の配信ができないため、動画を選択する必要があります。
出稿する動画をアップロードする方法の他に、広告の管理画面から動画を作成することができます。
動画の時間やBGM等を選択することで簡単に動画を作成することができますので、利用してみるのも良いかもしれません。

TikTok広告の特徴と出稿方法 | まとめ

今回の記事ではTikTok広告についてまとめてみました。
TikTok広告では、いま若者を中心に人気のTikTokに動画広告を出稿することができます。
複数の種類があり、いくつかの広告メニューでは高額な費用が必要になりますが、運用型広告では他のSNS広告のように課金方式で出稿することが可能です。
クリエイティブ作成の際も比率や訴求内容に気を付けて作成してみるのも良いです。

もし、この記事を読んでも難しそう、動画が作れないという方には、
弊社のTikTok広告運用代行サービスを利用されてみてはいかがでしょうか?
初期設定から運用まで代行させて頂くサービスとなっております。
初期費用3万円、広告運用手数料20%で着手させて頂きます。
気になる方がいましたら、是非下記よりご相談ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

お問い合わせはコチラから

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る