マーケティングブログ

コスパ最高!YouTubeの倍速機能の設定方法と活用方法を解説

YouTubeを視聴しながら時短ができるYouTube倍速機能についての解説です。
動画の再生速度を8段階に変更できる「倍速機能」の設定方法を始め、活用方法やメリット、またデメリットとその対処方法などについてご紹介しました。

YouTubeの「倍速機能」を活用することで、YouTubeを見ながら時短が可能です。

倍速機能とはどのような機能なのか、速度の変更方法やその活用方法について解説します。
記事の後半では、倍速機能のメリットやデメリットもまとめたので、参考にしてください。
YouTube倍速機能をうまく活用して、効率よく動画視聴を楽しみましょう。

YouTubeの倍速機能

YouTubeの倍速機能は言葉の通り、「視聴動画の再生速度を速くできる機能」です。
しかし、動画の再生速度を速くする機能だけでなく、遅くすることもできます。
この機能はスマホのアプリでもPCのブラウザでも利用可能な機能です。

速度はスマホアプリ・PCブラウザどちらも、0.25倍~2倍と以下の8段階から好みの速度に設定可能です。

0.25 < 0.5 < 0.75 < 1 < 1.25 < 1.5 < 1.75 < 2

さらに、PCのブラウザで視聴する場合のみ、より細かく調整ができます。
上記の8段階に加えて0.25倍~2倍の間で約0.05間隔で変更可能です。
また、速度変更をした動画に字幕が付いている場合は、字幕も動画の速度に合わせて自然に変わります。

倍速機能の設定方法

倍速機能の設定方法は簡単です。
スマホアプリとPCブラウザ、2通りの設定方法を解説します!

設定方法:スマホアプリ

1.YouTubeアプリを開き、視聴したい動画を選択(再生)する
2.1番右上をタップ

3.下から2番目の「再生速度」をタップ

4.好みの速度を選択する

動画の途中であっても、以上の手順を行えば随時速度の変更が可能です。

設定方法:PCブラウザ

1.ブラウザでYouTubeを開き、見たい動画を選択(再生)する
2.右下のバーにある設定を開く

3.再生速度をタップする

4.好みの速度を選択する

より細かい速度変更の方法(ブラウザのみ対応)

PCブラウザで視聴の場合は、より細かく速度変更ができます
その方法もご紹介します!

1.速度変更するときの方法1~3までを行う。
2.速度を選択する画面になったら、右上のカスタムをタップ

3.レバーが出てきたらレバーを少しずつ動かしながら好みの速さに変更

速度変更の時短方法(パソコンのみ対応)

パソコンで視聴するときは設定を開かなくても、キーボードの操作のみで速度の変更が可能です。
「Shift」+「.(>)」= 速度が速くなる
「Shift」+「,(<)」= 速度が遅くなる

パソコンで視聴の際は、ショートカットキーの利用で速度変更も時短することができます。

倍速機能のメリットと活用方法

女性

倍速機能の活用方法は多様ですが、今回は以下の4つに絞ってご紹介します。
・大体の内容をつかみたい時
・できるだけ多くの動画を視聴したい時
・語学の勉強として
・集中して見たい時

倍速機能最大のメリットは「時短」です。
時短以外にもたくさんのメリットと活用方法があるので下記にまとめました。

大体の内容をつかみたい時

動画やドラマ、映画の内容をさっぐり理解したい時に倍速が最適です。
「今流行りのドラマがあって、見ないと話についていけない!」という場合や「動画の内容をざっくり把握したいだけ」という場合に速度を速めると、動画とその内容を大雑把に把握することができます。

忙しいけれども、流行に後れを取りたくない方は倍速で視聴することで大体の流れをつかむことができ、流行に置いて行かれることも回避可能です。

できるだけ多くの動画を視聴したい時

倍速にすることで通常よりも多くの動画を視聴できます。

通退勤に2時間かかる場合、倍速を活用することでいつもより多くの動画を見ることが可能です。
例えば、1本30分の動画の場合、2倍速で見ることで半分の15分で見終えることができます。
倍速の活用で、動画視聴の時間を最大限に活用することができます。

語学の勉強として

例えば英語を勉強している場合、海外ドラマやバラエティー・英語で行われているプレゼンテーションをゆっくり再生することで、話している内容を書き出すディクテーションや音声を真似て復唱するシャドーイングができ、正しい発音を学ぶことも可能です。

上級者はあえて速くすることで、よりリスニング能力が向上するといえます。
また、語学の勉強だけでなく、勉強全般にも倍速機能の活用が可能です。
活用方法次第で、学習時間の効率化に繋がります。

集中して見たい時

速度を速めることで、話の展開が速く進むので「いつも以上に集中できる」という効果があります。

長時間に及ぶコンテンツ視聴の際に眠たくなってしまうという方もいらっしゃると思いますが、倍速を活用することで話の展開が速くなり、いつも以上に集中力が高まるという効果が期待できます。

倍速機能を活用するデメリットと対処方法

デメリット

このYouTube倍速機能はメリットもたくさんありますが、デメリットもあります。
デメリットとその対処方法を踏まえたうえで速度の調整をおすすめします。

動画の雰囲気やテンポが掴めない

映画やドラマ、その他動画コンテンツには本来の速さで視聴してこそ掴める雰囲気やテンポがあると思います。しかし、速度を上げてしてしまうことで、独特の雰囲気やテンポが掴めなくなってしまいます

また、詳細部分に隠されたトリックや演出を見逃してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

1度視聴済みのコンテンツや、内容だけを大雑把に把握したい場合には倍速での視聴がおすすめですが、物語やコンテンツの雰囲気・テンポを感じたい方、細部のトリックや演出までしっかり楽しみたい方は1.25倍程度をおすすめします。

倍速に適応するのに時間が掛かる

今まで通常の速度で動画を視聴していた方は、倍速の速さに適応するまで少し時間が掛かります。
最初から2倍速で見るのではなく、理解はできるけど通常より少し速い自分に合った速度を見つけることをおすすめします。

YouTubeの倍速機能は8段階もあるので、徐々に慣らしていくといいでしょう。

YouTubeの倍速機能 | まとめ

時短が最大の魅力であるYouTubeの倍速機能についての解説でした。
8段階に速度変更ができ、活用方法は自由自在です。
日常でコンテンツを楽しむ際はもちろんのこと、勉強する時にも活用できます。

倍速機能はスマホのアプリ・PCのブラウザ両方で使用可能で、たくさんのメリットがありました。
しかし、デメリットもあるので、状況に合わせて活用することをおすすめします。

弊社はYouTubeの運営や動画制作も行っています。
YouTubeの運営や動画作成に悩まれている方は、お気軽にご相談ください!

無料相談・お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る