マーケティングブログ

Facebook広告運用の出稿方法やポイントを解説します

皆さんはFacebook広告をご存知でしょうか?Facebook広告では、FacebookだけでなくInstagramなどにも出稿することができます。今回の記事ではFacebook広告の概要や運用の際に注意すべきポイントについて解説します。

皆さんはFacebook広告を利用していらっしゃいますでしょうか?
オンライン集客の重要性が高まってきている今、様々な媒体で広告の運用を考えられている方も多いのではないかと思います。

そんな中でFacebook広告での運用を検討されている方に向けて、今回の記事ではFacebook広告の出稿方法やポイントを解説していきます。

Facebook広告とは

まず初めにFacebook広告とはどういったことができるのか、基本的な情報についてご紹介していきます。
Facebook広告の基本を知ることでポイントについても理解が深められるかと思います。

現在Facebook広告で出稿できるのは、Facebook、Instagram、オーディエンスネットワークになります。
特にInstagramは国内の月間アクティブアカウント数が3,300万以上とFacebookを上回るSNSになっており、現在では多くの企業が広告を出稿する配信面になっています。

Facebook広告の掲載可能箇所

Facebook広告といっても実際にはFacebook以外にも広告を掲載することが可能となっております。
大きく分けると3つの配信先がありますので、簡単にそれらをご紹介していきます。

Facebook

まずはFacebookです。
ひとえにFacebookと言っても、Facebook内にも様々な広告の表示箇所があります。

  • Facebookのフィード(タイムライン)
  • PCサイドバーの広告欄
  • Facebookストーリーズ
  • Facebookメッセンジャー

上記の箇所に広告の掲載が可能となっております。
訴求したい内容や、狙って掲載したい際には配信面を絞ることをおすすめします。

Instagram

続いてInstagramです。InstagramもFacebook社が運営している媒体になるため、Facebook広告から出稿することになります。
Instagramではタイムライン、ストーリーズに広告を出稿することが可能となっています。

世界的に流行しているInstagramでは若者を中心に多くのユーザーへの配信が見込めます。

オーディエンスネットワーク

Facebook広告では提携した外部のアプリやWebサイトへも広告を出稿することが可能になっております。

例を上げますと、グノシー、食べログ、Simeji、Retty、ジモティー、マンガBANG、SEGAなど多様なジャンルの媒体に出稿することが可能です。

しかし、こちらは媒体を詳細に選択することはできず、オーディエンスネットワークに出稿するかのみの選択となります。

Facebook広告のターゲット層

Facebook広告でもターゲットを詳細に設定することができます。
しかし、Facebook広告で配信されるユーザーは基本的には潜在層(未だサービスや商品を知らない、認知の段階)になりますので、購入意欲は低いかと思います。

Facebook広告は常にどのように認知とアプローチを行い、購入して頂くかを考えながら運用を進めるのが良いではないかと思います。

Facebook広告の課金方式

GoogleやYahooのリスティング広告はCPC課金という1クリックされるごとに料金が発生するCPC課金という課金方式になっていますが、
Facebook広告はCPC課金の他に、CPM課金というものがあります。

CPM課金は広告が1000回表示されると課金される課金方式となっています。
一概にどちらが良いということはなく、それぞれにメリットデメリットがあります。

CPC課金のメリットデメリット

・メリット
CPC課金は何度表示されてもクリックされなければ課金はされません。
そのため、クリックしたユーザーに最適化をかけたい場合には、CPC課金が有効であるかと思います。

・デメリット
関心がないユーザーでもふいにクリックしてしまった場合に課金が発生してしまったり、最適化にブレが起きる可能性もあります。

CPM課金のメリットデメリット

・メリット
CPM課金はユーザーに向けて何度クリックが発生しても1000回表示での課金になるため、認知獲得に繋がると思います。

・デメリット
効果がいまいち掴めないまま予算が消化されていく可能性もあります。

Facebook広告のポイント

ここまでFacebook広告の概要を紹介してきましたが、ここからは実際に広告を運用する際に気を付けるべきポイントをいくつか解説していきます。

レポートを確認する

どのような広告媒体でも当然ですが、成果を確認するように致しましょう。
Facebook広告マネージャでクリック数、コンバージョン、表示回数、予算、フリークエンシーについて確認していきましょう。

目標の数値となっているか、反応はどうかなど数字から読み取れる情報も多くあります。
成果を確認して、次のアクションプランを考え実施するPDCAを回していきましょう。

1つのオーディエンスにこだわりすぎない

1つのオーディエンスから反応が出にくい場合、様々なオーディエンスを追加で設定していって広げていくのも1つの方法です。

その際に気を付けなればいけないことは、オーディエンスの範囲が重複してしまうことです。
せっかくの別のオーディエンスを作成しても被ってしまっては効果測定になりませんので、オーディエンス作成の際には気を付ける必要があります。

広告クリエイティブはどんどん作成する

Facebook広告を運用する上で一番目を引くのはやはりクリエイティブです。
バナーが目を引くものでなければ、ユーザーはスルーしてしまいます。

文言がいくら良くても、バナーを見て読もうとしなければ意味がありません。
広告クリエイティブのクリック率やフリークエンシーを確認し飽きられてきたと思ったら新しいものを配信するなど、鮮度を保つことも重要になります。

配信設定は随時見直す

Facebook広告運用では同じ設定で2週間以上配信を続けると、古い広告とAIに判断され配信量が減ることがあります。
成果が良いものは1ヶ月以上良い状態のまま配信可能なこともありますが、通常の場合は2週間程度になります。

1ヶ月以上運用をする場合には、クリエイティブ変更や設定変更を行い、広告をアップデートしていきましょう。

Facebook広告の出稿方法・運用ポイント | まとめ

今回の記事ではFacebook広告の概要や運用ポイントについて解説してきました。
Facebook広告は配信面が多彩で、Instagramにも出稿できるため、近年では多くの企業が出稿している広告媒体になります。

運用の際には、被らないようにいくつかのオーディエンスを設定し、クリエイティブは2週間程度で頻繁に変更していくのが良いです。
クリエイティブを変更することが難しい場合には、オーディエンス等の設定を変更するのも有効かと思います。

少ないリソースの中で新しくFacebook広告を運用することは難しい場合もあるかと思います。
そんな時は弊社のFacebook広告の運用代行サービスをご利用頂いてみてはいかがでしょうか。
初期費用3万円、運用費用の20%でご利用頂くことが可能です。

気になる方がいましたら、是非下記よりご相談ください。
最後までご覧頂きありがとうございました。

お問い合わせはコチラから

 

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る