マーケティングブログ

Googleマイビジネスが勝手に登録・編集された際の原因と対処法

Googleマイビジネスの情報はGoogleの仕様により勝手に登録や編集されてしまうことがあります。どういったときに登録や編集がされてしまうのでしょうか。今回の記事では対処法や原因について解説していきます。

今や多くの企業や店舗の方が利用しているGoogleマイビジネスですが、Googleマイビジネスの運用担当者の方や店舗の管理者で、
勝手にGoogleマイビジネスに登録されているや、情報が勝手に書き換えられているという事象にあったことはありませんか。

今回の記事ではGoogleマイビジネスが勝手に登録・書き換えされてしまう原因と対象法についてご紹介していきます。

Googleマイビジネスとは?

まず初めにGoogleマイビジネスについて簡単にご紹介していきます。
Googleマイビジネスとは企業や店舗の情報を記載しGoogleマップ上やGoogle検索の検索結果画面でユーザーが情報を閲覧できるツールです。

ビジネスのオーナーは店舗の情報を登録することでユーザーに対して情報を与え集客のツールとして利用することができます。

Googleマイビジネスが勝手に登録されたり書き換えられてしまう?

驚く子供

そんなGoogleマイビジネスですが、何と勝手に登録されたり、情報を書き換えられてしまう可能性もあります。
実際にそういった事象や似た事象が発生しているので詳しくご説明していきます。

Googleマイビジネスが勝手に登録される

検索結果画面の上部に大きく画像や営業時間、住所などが記載され、集客にとても効果的なGoogleマイビジネスは店舗や企業の方が登録した覚えがないにもかかわらず店舗名などが表示されていることがあるようです。

Googleマイビジネスの情報が勝手に書き換えられる

登録し情報を整理して集客に利用していたGoogleマイビジネスの情報がいつの間にか勝手に書き換えられ誤った情報が記載されている場合もあるようです。
そういった場合ではユーザー獲得の機会を逃すだけでなく、評判を下げてしまうため避けたい事象でもあります。

Googleマイビジネスが勝手に登録されたり、編集されてしまう原因

なぜGoogleマイビジネスが勝手に登録されたり、編集されてしまうのでしょうか。
それぞれの原因を詳しくご紹介していきます。

Googleマイビジネスが勝手に登録される原因

Googleのスポット機能(店舗や場所などの情報を表示する機能)はGoogleアカウントを持つユーザーであれば誰でも登録できる仕様となっています。

こちらはGoogleが多くの情報を収集したいがGoogleだけでは世界中の情報を集めるのに途方もない時間がかかってしまうことから、Googleを利用するユーザーの協力を得て世界中多くのスポット情報を収集しています。

そのためオーナーの権限がなくても店舗や会社の情報が登録されている場合があります。

Googleマイビジネスが勝手に書き換えられる原因

Googleマイビジネスで設定した情報は第三者によって変更することが可能になっています。
誰でも編集できるというものではありませんが、Googleに対してスポットの情報の修正を提案することができます。

こちらの修正の提案をGoogleが正しいと判断した場合にはGoogleマイビジネスで登録した情報が書き換えられてしまいます。

Googleマイビジネスが勝手に登録・編集された際の対処法

鍵が合う

ここからはもしGoogleマイビジネスが勝手に登録、編集されてしまった場合の対処法をご紹介していきます。
もし情報に誤りがあった場合には機会を損失してしまったり、ユーザーからの評価を大きく下げてしまう可能性があるため素早い対処が必要になります。

勝手に登録されていた際の対処法

もしも勝手にスポット情報が登録されていた場合、勝手に追加された情報が掲載され続けるよりも自社で管理を始めた方が良いかと思います。
スポットの情報内に「ビジネスオーナーですか?」という文言が表示されていた場合にはオーナー登録がされていないということですので、オーナー確認を進めていくことでビジネスの管理者として登録することが可能です。

また、掲載の必要がない場合にはGoogleに対して削除依頼をすることも可能です。
依頼を送信するとGoogleからメールでの質問などが送られてくる可能性があるので、そちらを進めることで削除することも可能です。

勝手に書き換えられていた際の対処法

もし第三者のユーザーからの申請が通ってしまった場合にはGoogleマイビジネスの管理画面上から元の情報に戻すことが可能です。
ユーザーからの提案でGoogleが正しいと判断して変更された場合にはGoogleマイビジネスの管理画面内に「Googleによる変更」という通知がきます。

こちらの通知の内容は破棄することができ、破棄した場合には元の情報に戻ります。

また、Googleマイビジネスの登録は面倒だが情報は戻したいという方には、第三者が情報を変更した際と同じように、情報を修正を提案からGoogleに修正を提案することで変更できることもあります。
しかし、こちらは確実性がないためGoogleマイビジネスを登録して管理することをおすすめします。

何度も何度も情報を書き換えられてしまう場合には確実な回答や回答に時間がかかる場合がありますが、Googleの相談窓口から一度相談してみるのも良いかと思います。

Googleマイビジネスが勝手に登録・編集された際の対処法|まとめ

今回の記事ではGoogleマイビジネスが勝手に登録・編集されてしまった場合の原因や対処法についてご紹介してきました。

Googleマイビジネスは店舗や会社の情報を掲載でき集客に利用することができますが、管理者でなくても情報を編集することができてしまいます。
それはGoogleが多くの情報を集めようとしていることが大きな理由になります。

情報が勝手に登録や書き換えられてしまい誤った情報が記載されてしまうと大きな機会損失や、ユーザーからの評判を落としてしまう一因になってしまいます。

そうならないためにも、もし勝手に編集されている情報を確認したら、まずはGoogleマイビジネスでオーナー確認を行い、Googleマイビジネスから編集することで改善されます。
何度も被害にあってしまう場合にはGoogleにご相談頂くのも1つの方法になります。

Googleマイビジネスをうまく利用することでユーザーからの評価や印象が良くなるので、マイビジネスの利用のご参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る