マーケティングブログ

YouTube視聴者維持率が下がる原因と上げる方法を解説!

YouTubeのアナリティクスを見てみると「視聴者維持率」という項目が目に入ります。
YouTubeにおける視聴者維持率は、再生回数・チャンネル登録者数を獲得していくのであれば重要になる要素です。
そこで、今回は視聴者維持率が下がる原因と上げる方法について解説していきます。

YouTubeアナリティクスに「視聴者維持率」という項目がありますが、一体どのような影響を及ぼすのでしょうか。

この記事では、YouTubeにおける「視聴者維持率」とは何か、「視聴者維持率」の重要性や、「視聴者維持率」を上げる方法などを解説していきます。

YouTubeの視聴者維持率とは

YouTube視聴者維持率画像1

YouTubeの視聴者維持率は、動画がどのくらいの時間視聴し続けられているかを表す指標になります。

視聴者維持率が高いというのは、長い時間その動画を見続けている視聴者が多いということです。

視聴者維持率が低いというのは、その動画を再生してからすぐに見ることをやめてしまう視聴者が多いということです。

YouTubeにおいて視聴者維持率というのは、チャンネル登録者数・再生回数に並ぶほど重要な指標です。

YouTubeにおける視聴者維持率の重要性

YouTube視聴者維持率画像4

YouTubeの視聴者維持率は一体どのような点で重要なのでしょうか。

ここでは、YouTubeにおける視聴者維持率の重要性について解説していきます。

YouTubeの評価に影響する|視聴者維持率の重要性

YouTubeは動画がどのような評価をユーザーから得ているのかを判断します。

その動画・チャンネルを視聴者におすすめとして挙げても、再生回数が見込めるという判断をすれば、YouTubeが関連動画やおすすめ動画に載せてくれるという仕組みです。

となると、YouTubeはその動画の再生回数や高評価数や視聴者維持率に着目するため、視聴者維持率は重要になってくるというわけです。

課題点の抽出、分析に活用できる|視聴者維持率の重要性

視聴者維持率というものは、視聴者がどのくらい動画を見続けてくれているのかを表す指標になるため、動画の改善点を分析することもできます。

離脱されている箇所は、視聴者を他の動画を見ようと思わせてしまった・視聴をやめようと思わせてしまった改善すべき箇所です。

離脱している箇所の内容がつまらなかったのか、テロップや音で不快な気持ちにさせてしまったのか、そのような秒単位での改善点を視聴者維持率から分析することができます。

もちろん、分析するだけではなく、そこからユーザーに見続けてもらえるような動画に修正していくことが重要です。

YouTubeの視聴者維持率が低くなる原因

YouTube視聴者維持率画像3

それでは、YouTube視聴者維持率が低くなる原因は一体何なのでしょうか。

YouTube視聴者維持率が低くなる主な2つの原因をご紹介いたします。

動画の冒頭に無駄が多い|視聴者維持率が低くなる原因

まず1つ目は、冒頭で離脱してしまうことが挙げられます。

これは、動画の冒頭で視聴者の視聴意欲を上げられていないという点に問題あります。

視聴者の興味がない無駄話をしてしまったり、前置きが長かったりなど、サムネイルやタイトルなどで興味を持ち、動画をクリックしてくれたユーザーが離れてしまうような冒頭では、視聴者維持率は低くなってしまいます。

動画に変化がない|視聴者維持率が低くなる原因

次に、動画の途中で離脱してしまい、視聴者維持率が低くなってしまうことが挙げられます。

これは、代わり映えの無い内容を流し続けたり、視聴者の求めていない情報を流してしまったりなど、様々な原因があります。

動画を視聴していただいている限り、常に視聴者の心を掴み続けなければいけないのです。

視聴者維持率の上げる方法

YouTube視聴者維持率画像2

こでは視聴者維持率を上げる方法として3つの方法をご紹介いたします。

オープニングで視聴者の心を掴む

視聴者維持率を上げる上で、で1番大切なのは、動画冒頭の数秒です。

YouTube動画の再生画面を見ていただくと分かるのですが、右側に関連動画として様々な動画が表示されているかと思います。

もし仮に、関連動画に表示されている動画が、今視聴している動画より視聴されていて、遥かに面白そうな動画だったとしましょう。

確実に関連動画の方をクリックしてしまいますよね。

その現象を防ぐために、動画を再生してからの数秒が重要になってくるわけです。

冒頭の離脱を防ぐ方法として一番多く用いられている方法は、動画内の最も視聴者に見て欲しい部分・インパクトがある部分を最初の数秒にダイジェストとして流す方法です。

そうすることで、視聴者は関連動画が気になったとしても、見ている動画の視聴が終わってからという判断に至るというわけです。

飽きさせない編集で視聴者を惹きつける

ずっと同じ内容が流れていたり、代わり映えのない映像ばかりの動画は見てると飽きてしまいますよね。

それが視聴者維持率の低下を招いているのです。

BGMや効果音やテロップなどの編集を場面場面で変えたり、不必要な部分はなるべくカットしテンポを良くするなど、視聴者を飽きさせない工夫をしましょう。

肝となる部分を動画後半で説明

冒頭の離脱を防ぐ方法として、最初の数秒にダイジェストを流すという方法をご紹介しましたが、それとは逆に動画の最後で一番見せたい部分や、インパクトのある部分を流すという方法があります。

動画の最後で重要な部分を見せることで、視聴者に最後まで見たいと思わせる手法です。

これはツァイガルニク効果と言われる、「人は完了した物事よりも、完了してない物事に惹かれる」という心理効果を利用したものです。

しかし、動画の内容によっては使えないこともあるので、注意が必要です。

YouTube視聴者維持率が下がる原因と上げる方法|まとめ

いかがでしたでしょうか?

YouTubeにおいて、動画の視聴回数ももちろん重要ですが、それよりも視聴者維持率を重要視することで、総再生時間が長くなり、その結果YouTubeから動画を評価されることに繋がります。

つまり、動画作りで一番重要なことは、視聴者が求めている、視聴者に評価されやすい動画を作ることです。

弊社のYouTubeチャンネル運営代行サービスは、事前にクライアント様が抱える課題や要望等のヒアリングを行い、「どのような動画をいつまでに何本制作して投稿すれば良いのか。」など細かな市場調査と合わせて分析し、持続的な戦略をご提案いたします。

YouTubeチャンネル開設・動画制作に必要な戦略や流れをもとに、 コンセプトや目標を明確化し、予算に合わせた運営を開始します。

また、動画制作のみを弊社にご依頼いただいているクライアント様も多く、タイトルや説明文、 サムネイルの最適化などチャンネルの立ち上げにおいて必要な設定も、 YouTubeマーケティングの知見を活かしサポートいたします。

このような人にお勧め

・YouTubeで情報発信したい
・YouTube SEOを行いたい
・自社サービスの集客につなげたい
・ワンストップで依頼したい

気になる料金プランですが、クライアント様のご予算とサービス規模に応じて、最適かつ効果的な動画制作プランをご提案させていただきます。

WEBメディアで培った知見をフルに活用した弊社の「動画マーケティング戦略」によって徹底的にサポートいたします。

無料相談も行っておりますのでまずはお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせはこちら

 

 

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る