マーケティングブログ

SEOライティングの基本と注意点、書く前に意識するポイントは?

記事をより多くの方に読んでもらうには、SEOを意識したライティングが必要です。しかし「意識してライティングしても記事が上位表示されない」とお悩みの方も多いのでは?今回は、SEOライティングの基本から注意点などについて解説します。

ライターの皆さんは、普段どのように記事を書いて公開していますか?

記事をより多くの方に読んでもらうには、SEOをしっかりと意識したライティングが必要です。

しかし「SEOライティングのやり方がわからない」「意識してライティングしても記事が上位表示されない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今回は、SEOライティングの基本からSEOライティングの注意点などについて解説します。

SEOライティングとは?

SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEO(検索エンジン最適化)の技術を交えながら行う記事作成のことです。会社や組織などによっては「Webライティング」とも呼ばれています。

一般的な記事では、SEOに対しての意識は強く必要とせずに、「記事の読みやすさ」に重きをおいて作成をすることが多いと思います。

SEOライティングは、「ユーザーに対して読みやすい記事」を作ることだけでなく「検索エンジンに評価され、上位表示されやすいコンテンツ作り」をするためのスキルです。

そもそもSEOとは?

SEOとは「検索エンジン最適化」の意味。Search Engine Optimizationの頭文字を取った言葉です。

検索キーワードに対して、オーガニック検索(広告枠以外のリスト)で上位表示されるように記事の構成やコンテンツ作りを行っていくことを言います。

少し前までは、「記事内に検索で上位表示させたいキーワードを記事内に多く出現させる」ということがSEOライティングにおいて重要であると言われてきました。

もちろん、検索キーワードが記事タイトルや記事の中にしっかりと出現していることはとても重要ですが、そのキーワードに対してユーザーが求めているコンテンツ・答えを出さなければ、ユーザーにとって有益な記事とは言えません。

最近では、ただ記事の中に無作為にキーワードを出現させても上位には表示されません。昨今のSEOライティングは、ユーザーの読みやすさをしっかりと意識した記事作成が重要視されています。

SEOライティングを始める前に意識するべきこと

SEOライティングを始める前に意識するべきこと

SEOを意識したライティングのやり方ばかりを考えて作っても、良い記事は生まれません。
「SEOライティングのやり方」とはあくまで記事を書く上での技術であり、「ユーザーに寄り添ったコンテンツ作り」ということも重要であるためです。

SEOライティングを行う際に忘れてはいけないことは

何を伝えたいのか、記事の目的を忘れない

ということです。記事を書く前に、ユーザーが知りたい・解決したいと思う内容やコンテンツを分析してから、SEOライティングのテクニックを盛り込むようにしましょう。

記事の目的を忘れないテーマ選び

サイトを立ち上げたばかりのときは、「とりあえず記事を増やさなきゃ!」とがむしゃらに記事を書くことも多いと思います。

もちろん、コンスタントに記事作成をして後悔していくことはとても重要ですが、記事のテーマ選びにも注意しましょう

まずは、サイトのテーマなどに対して必ず必要だろうと思うワードを書き出し、ワードの複合のテーマを調べて一つずつ記事案として利用できるかどうかチェックしましょう。

記事のテーマとなるは、サジェストや共起語をチェックできるツールや「ahrefs」などの有料ツールで調べることができます。

記事の目的を忘れない書き方

SEOライティングに限った話ではありませんが、「何のために記事を書くのか」ということを忘れないようにしましょう。

「情報を網羅する」ということもSEOには重要ですので、「ユーザーに対して何を伝えたいのか」「何をアピールしたいのか」というゴールを明確にしておけば、情報が多くなっても記事の目的を見失わずに済みます。

伝えたいことをあれこれと書き込みすぎるのも、ユーザーに取っては情報過多になってしまいます。

また、記事のテーマとなる「検索キーワード」からも内容が離れていってしまうと、SEOでも上位表示されにくくなります。

SEOライティングの5つの基本

SEOライティングの5つの基本

ここでは、SEOライティングにおける基本的なポイントを5つに分けてご紹介します。

「SEOを意識していたつもり」で書いていた記事も、今回ご紹介するポイントを踏まえてチェックすると、新しい発見が見えてくるかもしれません。

SEOライティングをしているけれど伸び悩んでいるというライターさんや、webディレクション担当の方はぜひチェックしてみてください。

キーワードはタイトルや見出しに入れ込む|SEOライティングの基本

記事のタイトルは、検索結果の順位に大きく影響する重要な要素です。テーマとなるキーワードは、必ずタイトルに入れ込むようにしましょう。

また、テーマのキーワードはh2タグやh3タグなどの見出しタグ(hタグ)にも入れ込むように構成を組んでいきます。

所説ありますが、Googleが記事を判断する際の基準は
タイトルタグ>hタグ>pタグ
の順番で優先度が付けられているとされています。

不自然ではない範囲で、キーワードをhタグにも入れ込んでいけば、よりSEOの強度が上がり、ユーザーにとっても構成が分かりやすい記事を書くことができます。

文字数を必ずチェック|SEOライティングの基本

記事の文字数が多ければ、その分情報の集まった記事であると評価されやすい傾向があります。

しかし、ただダラダラと情報を引き延ばしただけの10,000文字と、しっかりと簡潔かつ分かりやすく書かれた5,000文字であれば、半分の文字数でも後者の記事の方が上位表示される可能性が高いです。

メディアエクシードでも、細かいライティングのレギュレーションを設けており、
・1つのhタグに対して300文字~500文字程度の文章を作る
・hタグは4つ以上作成する

という構成を基本的なルールとしています。

文字数は少なすぎても情報が薄いと判断されてしまうため、2500~3000文字を意識して作成するようにしましょう。

また、記事本文の文字数だけでなく、タイトルタグの文字数も規定を設けます。
多くのライターの方はご存じかもしれませんが、Googleの検索結果に表示されるタイトルタグの文字数は、24~32文字程度とされています。

1~2文字程度のオーバーなら許容できる範囲ではありますが、文章が途中で切れてしまうなどして記事タイトルが魅力的に表示されないということにならないよう、できれば32文字以内に収めるようにしましょう。

文章のレイアウトにも注意|SEOライティングの基本

文章は、1段落〇文字前後がユーザーにとって読みやすいという声も伺いますが、文字数の調整というよりもサイトに記事を入稿した際に見やすいレイアウトになっているかをチェックしましょう。

多少文章が長くても、一番伝えたいポイントを装飾して目立たせたり、記事の中で程よく箇条書きを活用したりして工夫を凝らしたレイアウトにしてみましょう。

短文があまりにも続いてしまうと、どうしても記事全体のリズムが単調になってしまい、重要なポイントも伝わりにくくなってしまいます。

ユーザーに有益な情報をまとめる|SEOライティングの基本

検索するキーワードに対して、ユーザーの意図をしっかり意識したライティングを行いましょう。

ユーザーの検索意図をキーワードから把握して、
・キーワードに対して答えとなるようなコンテンツが書いてあること
・検索意図を満たした後のアクションにつながる内容

この2つの要素がしっかりとつながっていないと意味がありません。

先述したように、SEOライティングとなれば「商品の購入につなげたい」「サービスの問い合わせに落とし込みたい」という、何かしらの目的が生まれます。

問い合わせや購入へ誘導させるためには、記事そのものがユーザーにとって納得できるものでなければいけません。

そのため、確かなエビデンスを用意したり、記事に監修を付けて文章の専門性を高めるなど、ユーザーにとって有益な情報をしっかり集めていきましょう。

競合サイトの情報は必ずチェック|SEOライティングの基本

自社サイトやサービスと近い内容で運営しているサイトはチェックしましょう。

商品やサービスをより多くの方に認知してもらうには、競合のサイトよりも質や情報を上回ったコンテンツを作成していく必要があります

上位表示させたいキーワードに対して、どのような情報が有益であるかをしっかり見極め、積極的に記事の中に取り入れていくようにしましょう。

SEOライティングを行う際の注意点

SEOライティングの注意点

ここでは、SEOライティングを行っていくときは、意識して積極的に取り組んでおくべきこともあれば、逆にGoogleからの評価を下げてしまうような書き方もあります。

誤字脱字やコピペのチェックといった細かいことはもちろん、意外と多くのライターさんが見落としている注意点についてご紹介します。

誤字脱字とコピペには注意|SEOライティングの注意点

誤字脱字が多いコンテンツは、ユーザーにとって不快感を与える文章になるだけでなく、Googleなどの検索エンジンからも読みづらい文章と判断され、評価が下がってしまう可能性もあります。

記事作成を完了させたら、公開する前に必ずチェックするようにしましょう。

また、然るべき形で使用した引用以外のコピペは、Googleにとってマイナスの評価しか与えません。また、他社のコンテンツをコピーして使用することは著作権侵害にもつながります。

指示代名詞と専門用語に注意|SEOライティングの注意点

「これ」「あれ」といった指示代名詞(こそあど言葉)は、SEOライティングでは避けるべき表現です。

普段会話をしている中では、指示代名詞を使用しても前後の文脈から何を指しているのかスムーズに解釈することができますが、記事を評価するクローラーは文脈から指示代名詞の意味を読み取れないという説があります。

指示代名詞を使い過ぎている場合は、不自然にならない程度に、できるだけワードを入れ込むようにしましょう。

また、専門用語を必要以上に使いすぎることも、ユーザーにとって分かりにくい文章と判断されることもあります。
読み手のペルソナをしっかり意識して、必要以上に専門用語を使い過ぎないようにしましょう。

質の高い記事をお求めなら「メディアエクシード」へご相談ください!

「SEOライティングを一から学びたいけれど、独学ではなかなか成果が出なかった。」
「新規でサイトを立ち上げたから、質の高い記事で集客したいけれど、ノウハウも人材もない…」

とお悩みのサイト運営者の方、ライターの方は多いのではないでしょうか?

メディアエクシードでは、SEOライティングの指導・記事作成代行サービスを行っております!

ユーザビリティをしっかり意識し、Googleのアップデートにも強いコンテンツを作れるようにサポートを行います。

ライティング指導や記事作成代行では、定期的な情報共有や、ライティングにおける弊社のウェブ担当による直接の指導も承ります!

「社内でのSEOの知識をより強くしたい」という企業様・web担当者様はぜひお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

抑えておくべきSEOライティングの基本|まとめ

「SEOライティングの基本」は、記事の書き方としてのポイントもいくつかあります。
しかしSEOライティングの技術以上に、記事を書く前に入念な調査を行って、そしてユーザーの意図をしっかりと汲み取るという努力が重要です。

キーワードの含有数や文字数の調整など、技術的なことももちろん重要ですが、文章を読むユーザーが納得できない内容では、せっかく上位に表示されてもサービスや商品を魅力的に伝えることはできません。

特に、SEOライティングを始めたばかりの方は、ライティングのルールにきつく縛られて、ユーザビリティまで意識できない記事を作ってしまうことも少なくありません。

・箇条書きが含まれている記事は読みやすいな
・装飾は黄色を使うと目立たせやすいな
など、記事をたくさん読んで「読みやすい!」「分かりやすい!」と思ったポイントも取り入れてみましょう!

SEOライティングをしっかりと行うことができれば、サービスや商品に関心が強いユーザーが集まりやすくなり、収益の大幅アップも見込めます!
すぐに成果が出るような簡単な施策ではありませんが、根気強く真摯に作成することで、ユーザーからもGoogleからも評価を得るコンテンツを得ることができますよ。

ぜひ、今回ご紹介したSEOライティングのポイントを活かして、より良いコンテンツ作りを始めてみませんか?

 

この記事を書いた人

メイクとお風呂とお花とスポーツ観戦が好きです / 普段はwebディレクターとライター / 好きな男性お笑い芸人はパンサーの向井さん

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る