マーケティングブログ

メディア立ち上げの前にチェック!量産コンテンツ作成の進行方法

量産できるテーマでも、良質なコンテンツを作らないとサイトにとってはマイナスになってしまう場合もあります。今回は、メディアを立ち上げてコンテンツを作っていく前に、どのように量産コンテンツを作っていくかについて解説します!

メディア立ち上げの際に、「まずは量産のコンテンツを作ってサイトの基盤となるものを増やしていこう」という施策を始める方が多いと思います。

しかし、量産できるものでも良質なコンテンツを作らないと、サイトにとってはマイナスになってしまう場合もあります。

今回は、メディアを立ち上げてコンテンツを作っていく前に、どのように量産コンテンツを作っていくかについて解説します!

量産コンテンツを作るための市場調査は重要

立ち上げの前に市場調査

まずはサービスや商品に対しての市場調査を行いましょう。

競合を知って、求められている世の声を知り、自社サービスの価値を明確にしていきます。

市場調査の方法

サービスに対しての市場調査を行うには、まずは他のメディアや競合媒体で発信されているコンテンツをピックアップし、分析していきます。

会社のオウンドメディアだけでなく、広報のプレスリリースや、SNS、ニュースメディアなどもチェックします。

市場ではどういったものが求められているのか、自社サービスはどの位置づけになるのかなどの共通の認識を立てて置きます。
新しい施策の提案や、コンテンツ作成時のブレが生じにくくなるので、必ずこのすり合わせは行いましょう

キーワードを分析する

競合となるWebメディアが、どのようなキーワードを用いて集客しているかをチェックしましょう。

外部ツールでも集客しているキーワードについてある程度しることができますし、何より量産コンテンツを作るためのキーワード選定の時間を大幅にカットできます。

量産コンテンツを作る前に意識すること

量産コンテンツを作る前に意識すること

市場調査やキーワードの分析が完了したら、量産コンテンツ作成をはじめていきます。

記事を大量に生産する量産コンテンツは、しっかりと管理を行わないと重複コンテンツやユーザーの需要から離れたコンテンツを作ることにつながってしまいます

量産コンテンツを作る前に、ペルソナの設定やサイトの構成についてはしっかりとすり合わせを行いましょう。

ペルソナの設定

量産コンテンツ以外にも言えることですが、見込み客に対して適切な施策が行われているかブレないように、ペルソナの設定はしっかり行いましょう。

コンテンツを通じてアプローチする相手を明確にすることで、「このコンテンツは、誰に対して何を伝えるためにあるのか」をあらかじめ細かく設定したうえでコンテンツ制作していく必要があります。

サイト構成を適宜見直す

コンテンツ制作を行う前にもチェックすべきことですが、サイト内のコンテンツがユーザーにとって循環しやすい構造であるかどうかは適宜チェックしていきましょう。

キーワードに対するグルーピング、内部リンクを意識したサイト構成ができているかは、コンテンツ制作をしている間でも随時確認することで、無駄な記事作成を防ぐことができます。

量産コンテンツ・Webコンテンツはキーワード選定が重要!

Webコンテンツはキーワード選定が重要

ユーザーの検索意図を汲み取るためには、キーワードを徹底的に分析する昼用があります。

記事作成する際に「なんとなくボリュームがありそうだから」「まずは雰囲気で書いてみよう」といった投げやりな施策をしてしまうと、ユーザーのニーズを汲み取ることができず、Googleに評価されるようなコンテンツも作りにくくなります。

ここでは、キーワード選定における重要なポイントをご紹介します!

量産コンテンツの軸となるキーワード選定

まずはビジネスの軸となるキーワードを決めましょう。

軸となるキーワードはビッグワードと呼ばれる検索ボリュームの多いキーワードであることが多く、SEOで上位表示されれば多くの流入が見込めます。

もちろんその分競争が激しく、SEOで上位表示させるための難易度も高くなります。

よく勘違いされるのは、軸となるキーワード単体でかならず上位表示させなければいけないという考えを持たなければ行けないと思われることです。

軸となるキーワードで上位表示することが出来るのが一番ですが、新規でサイトを作るとなると難易度が高い目標になってしまうので、軸となるキーワードに対して複合の内容を集め、サイト自体の専門性やキーワードの網羅性を上げていく必要があります。

グルーピングはしっかり行う

キーワードのグルーピングが適切に行われないと、カニバリゼーションというコンテンツがたくさん生まれてしまいます。

重複したコンテンツを作ってしまうことで、SEOの評価が分散されてしまい、施策のパフォーマンスが下がってしまいます。

キーワードの候補を上げる際に、同じような検索意図を持っているワードはできるだけ同じコンテンツに一纏めで作成します。

グルーピングとサイト構成を適切に行えば、
・重複コンテンツによるSEO評価がさがることを回避できる
・1コンテンツに対して複数のキーワードで流入を見込める
といったメリットも生まれます。

適切に記事作成を行う

少し前までは、少ない文字数でもサイトの基盤となる量産コンテンツになり得ましたが、今ではキーワードに対して適切に記事作成を行う必要が出てきました。

「量産コンテンツなら外注リソースを使おう」と思っていても、質の低いライターに依頼すると安物買いの銭失いになってしまうことも。

少々時間を必要とする作業ですが、量産コンテンツを作る際でも手は抜かずに、キーワードに対して適切に記事作成を行いましょう

SEOに強いコンテンツ制作はメディアエクシードへご依頼ください!

「量産コンテンツを外注にお願いしたい」
「SEOについて知見がなくて困っている」
というWeb担当者の皆様!

Web集客に強いコンテンツを作りたいなら、ぜひ一度メディアエクシードへご相談ください!

予算からリソースのこと、SEOコンテンツに強いライター育成まで、コンテンツ制作に関わる業務ならなんでもお気軽にご相談ください!

お客様に合ったSEOコンテンツについてご提案させていただきますので、まずはお気軽に、今の集客の悩みやコンテンツ制作についてお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

量産コンテンツ制作の進行方法|まとめ

量産コンテンツ制作でも、記事やサイトのテーマとなるようなキーワードの選定やサイトの構成を作っていく必要があります。

また、SEOも意識した記事作成を行う必要があるため、新しく社内で行っていくには少し難しい部分もあるかもしれません。

「新規メディア立ち上げに、量産コンテンツを作りたい」
「集客やSEOについて知りたい!」
という方は、お気軽にメディアエクシードへお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

メイクとお風呂とお花とスポーツ観戦が好きです / 普段はwebディレクターとライター / 好きな男性お笑い芸人はパンサーの向井さん

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る