マーケティングブログ

YouTube漫画広告のメリットやデメリット・制作相場を解説

今話題のコンテンツ「YouTube漫画広告」にはどんなメリットやデメリットが存在するのでしょうか。YouTube漫画広告の特徴だけでなく、漫画広告を制作したい場合の作り方や相場まで詳しくご紹介します。

YouTubeで見かけることが多くなった漫画広告ですが、多くのメリットや意外と知られていないデメリットが存在することをご存じでしょうか?

今回はYouTube漫画広告のメリットやデメリットだけでなく、YouTube漫画広告を制作会社へ依頼した時と自社で制作した時では相場にどのような違いがあるのか、詳しくご紹介します。

今後自社商材のYouTube漫画広告を考えている方は、漫画広告の特徴や制作の流れ・費用などをしっかり確認しておきましょう!

YouTubeの漫画広告とは

YouTubeの漫画広告は、様々な商品やサービスをイラストやテロップ・ナレーションを通じ漫画で紹介する動画広告です。

漫画はわかりやすいストーリー構成がされており、初めて見る視聴者にも分かりやすく物語が進み、商品やサービスの訴求に繋げやすいとYouTubeでも人気が出ています。

また、漫画広告にしか出せない表現方法ややわらかい雰囲気を醸し出すことができることから、スキップされにくく視聴される率が高いとも言われています。

YouTube漫画広告のメリット

YouTubeではよく漫画広告が流れてきますが、漫画広告を出すメリットはどこにあるのでしょうか。

メリットを通じ、YouTube漫画広告の人気の理由を探ってみましょう。

目に留まりやすい

日本人は小さい頃から漫画に親しみがあるため、漫画広告は実写版の広告よりも視聴者に親近感を与える効果があり目に留まりやすくなっています。

親近感を与えることで漫画の主人公と視聴者を重ね合わせやすく、商品やサービスのアピールがしやすくなり訴求力を与えることが可能になるのです。

情報伝達量が多い

漫画広告の場合、文字を使った広告に比べ短時間での情報伝達量が多く、効率よく伝えたいことを視聴者に届けることが可能です。

漫画広告は1分間にテキストの5倍の約2,000文字を伝えることができると言われており、視聴者を楽しませながら多くの情報を提供することができます。

また、漫画ということで具体的な例を挙げやすく、分かりやすくストーリーにまとめることで商品やサービスの理解を深めるきっかけになります。

再生率が高い

YouTubeの漫画広告は、人物が登場するような一般的な実写版のCMが流れるよりも確実に再生率が高いことも人気の理由の1つです。

YouTubeで実写版のCMが流れる場合、テレビ同様広告が始まったことが分かりやすいためその場ですぐスキップしたくなったり視聴を止めてしまう人が多くいますが、漫画広告の場合「アニメが始まった」という印象が強くすぐに視聴をやめる人が少ないため再生率が高くなるのです。

YouTube漫画広告のデリット

メリットが多いYouTube漫画広告ですが、活用方法によってはデメリットにもなり兼ねます。

YouTube動画広告に興味のある方は、ぜひデメリットも理解しておきましょう。

YouTubeの審査が厳しい

YouTubeの漫画広告はYouTube側の審査が通りにくいというデメリットがあります。

その理由として、過去に詐欺のような内容や人のコンプレックスに触れるような内容の漫画広告が多く出回り、問題視された事が挙げられます。

それによりYouTube側の審査も以前より内容やクオリティに厳格な審査を行うようになりました。

高級感を表現しにくい

実写版広告と違い、漫画広告はアニメーションとなるため商品やサービスの高級感を演出することが難しくなるため、漫画広告を使用する場合はブランディング戦略は難しいとの考えが多くあります。

逆に安価な印象を与え兼ねないため、PRしたい商材の漫画との相性をしっかり考慮することが大切です。

視聴者に不快感を与える場合がある

YouTubeだけでなく漫画広告全体で、商品やサービスを実際より大げさに表現するやり方が増えており、誇張が強すぎると視聴者側に不快感や嫌悪感を与えてしまう恐れもあります。

現実とかけ離れたストーリーや表現は避け、視聴者が受け入れやすい内容を考慮し制作を行うことが大切です。

YouTube漫画広告の制作と費用

実際にYouTube用の漫画広告を作成したい場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

スキルの高い制作会社に依頼する場合の料金相場や自社制作する場合の費用などをご紹介します。

制作会社に依頼する

専門の制作会社に依頼する場合、企画からシナリオ・漫画作成・声入れ・動画編集まで一から依頼することができるため、ほとんどお任せで自社商品やサービスを売り出してくれます。

制作会社にもよりますが、費用は約20万円~40万円が必要となりますがほとんど一任して作成してもらえることを考えると妥当な価格設定と言えます。

制作会社はYouTubeの規定に関しても知識が豊富なため、審査をクリアできる漫画広告を制作してくれると言えるでしょう。

依頼する際の流れ

シナリオ作成

漫画作成

音声入れ

動画編集

チェック・納品

自社制作する

YouTubeの漫画広告を自社制作する場合、シナリオライターやイラストレーター・声優までそれぞれ個別のクリエイターに依頼を行います。

クリエイターのレベルにもより価格変動幅はありますが、約10万円程度から作成することが可能です。

クリエイターの選定やディレクションも行わなければならないため、自社制作する場合は費用が抑えられる分費やす時間が長くなります。

必要なクリエイター

・シナリオライター
・漫画家
・声優
・動画編集者

YouTubeで注目の漫画広告メリット・デメリット|まとめ

漫画広告は日本人が親しみやすくストーリー仕立てで分かりやすくアピールできることから、YouTubeでも見かけることが増え様々な企業から注目されている動画広告です。

そんなYouTubeの漫画広告のメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリット

・目に留まりやすい
・情報伝達量が多い
・再生率が高い

デメリット

・YouTubeの審査が厳しい
・高級感を表現しにくい
・視聴者に不快感を与える場合がある

YouTube漫画広告は大きなメリットがある分、逆にマイナス効果を及ぼしてしまうこともあるため、YouTube漫画広告を制作する際はどちらのメリット・デメリットも考え、漫画広告が自社商材にマッチングしているかいないかを見極めることが大切です。

YouTube漫画広告の良さを最大限に活かし、依頼・自社制作など作成方法も考え活用していきましょう。

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る