マーケティングブログ

Pinterest(ピンタレスト)広告とは?強みやSNS広告との違いを解説

2022年6月から日本でもサービスが始まった「Pinterest広告」。
当記事では、Pinterest広告の強みや相性の良い業界・業種、TwitterやInstagramのようなSNS広告との違いについてご紹介しています。

2022年6月1日、日本でPinterest(ピンタレスト)の広告配信が開始されました

他のSNSで広告を出稿したことがある方や広告業界勤務の方にとっては、非常に嬉しいニュースではないでしょうか?

しかし、日本ではPinterestはInstagramやTwitterのような知名度がないため、広告配信が開始されたどころか「Pinterestって何?」という方も多いと思います。

当記事では、Pinterestについての説明Pinterest広告の概要・強み、広告出稿を検討している方に向けてPinterest広告と相性が良い業界他のSNS広告との比較についてご紹介しています。

そもそもPinterest(ピンタレスト)ってどんなサービスなの?

そもそもPinterest(ピンタレスト)ってどんなサービスなの?

頭の中で「こんなファッションをしたい!」「この前インスタで見た料理を作ってみたい」など、言葉に表せないけれど何となくアイデアは浮かんでいる時ってありませんか?

そんな時に役立つツールが「Pinterest(ピンタレスト)」です。

Pinterestは、アイデアやインスピレーションを画像や動画で発見することができる「ビジュアル探索ツール」で、全世界で約4億人以上が利用している人気ツールです。

Pinterestは他のSNSとは異なり、未来にフォーカスしたプラットフォームのため、「この景色を見に行きたい」や「このメイクをしてみたい」など未来の自分に使えそうなアイデアやインスピレーションを探す際に便利なツールと言えます。

Pinterest(ピンタレスト)の使い方

PinterestはPinterest内やネット上にある画像や動画を自分のアカウントにあるボードに「ピン」することができ、自分のアイデアやインスピレーションをピンを使って気軽に保存することができます

また、Pinterestは誰かがピンした画像や動画に対してもピンを使って保存することができ、自分では考えられなかったアイデアやインスピレーションをユーザー同士で共有することができます

「今度やってみたい!」と思えた動画や気に入った画像をピンで保存して、自分だけのPinterestボードを作っていくことがPinterestの基本的な使い方です。

Pinterest(ピンタレスト)広告とは?

Pinterest(ピンタレスト)広告とは?

Pinterest広告とは、Pinterestネットワークを活用した広告サービスのことであり、2022年6月1日から日本でサービスが開始されました。

Pinterest広告は「ピン」と呼ばれるPinterest内に保存された画像や動画に対して広告を出稿でき、まだ購入先を迷っている検討初期段階のアクティブユーザーに対して効果的にアプローチできます

上述の通り、ピンできる画像や動画はPinterest内だけではなくネット上の画像や動画も対象であるため、オーガニック検索からPinterestで購入を検討しているユーザーまでを対象として、自社のECサイトに誘導して商品を販売することが可能になるのです。

Pinterestのユーザー数や割合

pinterest(ピンタレスト)の日本国内での月間利用者数は約870万人と言われており、その中でもアプリを利用するユーザーは約250万人を超えています。

また、pinterest(ピンタレスト)ユーザーの男女比は3:7と女性の割合が高く、年齢層は20代~40代が約70%を占めています

そのため、Pinterestでは「美容」や「ファッション」など20代~40代の女性に需要の高いジャンルの広告が効果的ではないかと考えられます。

参考:ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

Pinterest(ピンタレスト)広告の種類

Pinterestでは、出稿できる広告フォーマットがいくつか用意されており、ターゲットや用途に合わせて色々な広告を試すことができます

広告のフォーマットによって画像サイズやファイルサイズが異なるため、Pinterestで広告を出稿する前に下記の「プロダクトを確認する」をご参照ください。

広告フォーマット 説明
画像広告 1枚の画像に対して広告を出稿することができます。
スタンダード動画広告 画像広告と同じサイズの動画を広告として出稿できます。
ワイド動画広告 モバイルユーザーの画面全体に表示される動画広告です。ipadやデスクトップユーザーに対しての出稿はできません。
カルーセル広告 カルーセルとは複数の画像を含むピンのことを指し、商品をまとめて紹介する時や1つの商品を複数の画像に分けて詳しく紹介する時に適した広告です。
ショッピング広告 ショッピング広告はカタログフィードを活用した配信キャンペーンで、ユーザーが見つけた商品を購入できるようにする広告です。
コレクション広告 モバイル限定で、メインの大きい画像1枚とそれに付随するサブの小さい画像3枚を組み合わせて表示される広告です。
アイデアピン 複数の画像や動画をアイデアピンとして1つにまとめることができ、料理の工程などを細かく分けて説明したい時に適しています。

参考:プロダクト仕様を確認する

Pinterest(ピンタレスト)広告の強み

Pinterest(ピンタレスト)広告の強み

日本では遅れて広告市場に参入したPinterestですが、Pinterest広告の強みは一体どのようなものが挙げられるのでしょうか?

Pinterest広告は、サービスやユーザーの特徴から他のSNS広告には無い独自の強みを持っているため、Pinterestで広告を出稿する価値は十分にあります。

ここでは、Pinterest(ピンタレスト)広告の強みを4つご紹介していきます。

Pinterest広告の強み①視覚的な訴求力が高い

PinterestはTwitterやFacebookといったテキストに特化したサービスではなく、画像や動画に特化したサービスのため、ユーザーに対して視覚的な訴求ができます

また、Pinterestは画像や動画1つからURLを挿入することができるため、ユーザーにビジュアルで訴求した後のコンバージョンまでの導線も自然に作ることができます

そのため、「ファッション」や「フード」といったビジュアルを重視するジャンルとPinterest広告は相性が良いと言えます。

Pinterest広告の強み②ブルーオーシャンな市場である

Pinterest広告は2022年6月1日から日本でサービスが始まったため、まだ広告媒体として知名度が少ないブルーオーシャン市場です。

YoutubeやTwitterの広告は訴求できるターゲットが多い反面、広告を出稿する広告主も比例して多いため、広告のコストが高くなる傾向にあります

それに対してPinterest広告はまだ広告主の数が少ないため、比較的低コストで広告を出稿でき、約870万人のユーザーに対して自社のサービスや商品を訴求できます。

Pinterest広告の強み③購買意欲の高いユーザーが多い

Pinterestのユーザーは、自分のアイデアやインスピレーションを膨らませる目的で利用しているため、購買意欲が高いユーザーが他の広告媒体のユーザーよりも多いという特徴があります。

Pinterestで広告を出稿することで、購買意欲の高いユーザーに対して早期にアプローチすることが可能となり、よりコンバージョンに繋がりやすくなります。

また、Pinterestは約95%以上のユーザーがブランドを指名せずに検索しており、まだ購入するショップが決まっていない状態でもアイデアやインスピレーションを求めて利用しています。

Pinterestで見たコンテンツを元に購入まで進んだユーザーは約80%を超えており、Pinterestが購入のきっかけとなっているユーザーは非常に多いのです。

Pinterest広告の強み④Shopifyとの連携

PinterestはPinterest広告を開始すると同時にShopifyとのパートナーシップも日本へ拡大しています

そのため、現在ShopifyでECサイトを運営している企業は、簡単な設定だけでPinterest上に商品情報を連携させることが可能です。

また、Shopifyユーザーはコードの編集や自社サイトへのリソース導入、カタログの読み込みやタグの配置といったPinterestのショッピング機能にスムーズにアクセスできます。

そのため、現在Shopifyを利用している方だけではなく、これからShopifyを通じて自社のサービスやアイテムを販売しようと考えている方にもPinterest広告はおすすめできます。

Pinterest(ピンタレスト)広告と相性の良い業界や業種は?

Pinterest(ピンタレスト)広告と相性の良い業界や業種は?

広告はそれぞれの媒体を利用するユーザーの年齢層男女比媒体自体の特徴によってコンバージョンが見込める業界や業種が異なります。

では、Pinterestという広告媒体と相性が良い業界や企業はどのようなものが挙げれられるのでしょうか?

ここでは、pinterestで良く検索されているジャンルや上記でご説明したユーザー比率等を用いて、Pinterest広告と相性が良い業界や業種を見ていきます。

Pinterest(ピンタレスト)で良く検索されているジャンル

Pinterestで良く検索されているジャンルは以下の通りです。

Pinterestで良く検索されているジャンル
  • インテリア
  • ファッション
  • ヘアスタイル
  • コスメ
  • フード
  • 旅行
  • レシピ
  • アクセサリー
  • 映画
  • DIY

Pinterestで良く検索されているジャンルは女性に人気のあるものが多く、Instagramの人気ジャンルと比較的類似していることがわかります。

上記でもご説明している通り、Pinterestは70%以上が20代~40代の女性ユーザーであるため、検索ジャンルも必然的に女性の関心が高いものになっています。

Pinterestにはアクティブな男性ユーザもいますが、広告を出稿する場合は上記のような女性ユーザーに需要のあるジャンルに絞って運用する方が効果的でしょう。

そのため、Pinterest広告は「美容」「アパレル」「飲食」といった業界や業種と相性が良いと言えます。

Pinterest(ピンタレスト)広告とその他SNS広告の比較

Pinterest(ピンタレスト)広告とその他SNS広告の比較

Pinterest広告の他にも、日本では様々なSNSで広告を出稿することができますが、Pinterest広告とその他のSNS広告はどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれのSNS広告には違いや強みがあり、PinterestにはPinterestにしかない強みがあります。

ここでは、主要SNSとPinterestのユーザー数の違いそれぞれのSNS広告との違いについて見ていきます。

Pinterest(ピンタレスト)とその他SNSのユーザー数の比較

それぞれのSNS広告との比較に移る前に、Pinterestを含めた「日本国内におけるSNS広告の月間アクティブユーザーの数」を比較してみましょう。

Pinterest(ピンタレスト)とその他SNSのユーザー数の比較

上記のグラフを見てみると、日本ではYoutubeやTwitterなどのSNSが人気であることがわかります。

上述した通り、Pinterestの国内ユーザー数は870万人とかなり多くのユーザーを抱えているように思いますが、他のSNSは2倍~8倍近くのユーザーがいることを考えると、Pinterestはまだまだ伸びしろのある小さな市場であることもグラフから読み取れます。

しかし、Pinterestのユーザーは他のSNSよりも購買意欲の高いユーザーが多いため、市場が小さいからと言ってコンバージョンに繋がらないというわけではありません。

Pinterest(ピンタレスト)広告とYoutube広告の比較

Youtubeは日本で1番ユーザー数が多いSNSであることやユーザー1人当たりの利用時間が長いという特徴から、ユーザーが広告を目にする機会が他のSNS媒体よりも多いという特徴があります。

そのため、Youtubeは広告の費用対効果が高く、多くのユーザーに対して積極的なアプローチが可能です。

Youtubeではユーザーがクリックした動画の開始前や動画の途中で広告を挟むことができ、ホーム画面や検索画面に広告が表示されるPinterestとは広告が表示される場所やタイミングが異なります

また、Youtubeは月額制の有料サービスである「Youtube Premium」に加入すると、ユーザー側に広告が一切表示されなくなるといったユーザーに広告を遮断できる手段があることも特徴です。

「多くの人に自社のサービスや商品を知ってほしい」という方はPinterest広告よりもYoutube広告の方がコンバージョンが期待できるでしょう。

Pinterest(ピンタレスト)広告とTwitter広告の比較

Twitterは日本で2番目にユーザーが多く、リツイート機能による情報の二次拡散性が高いという特徴があり、多くのユーザーに広告を見られる機会が多いSNSです。

また、二次拡散された広告は課金対象にならないというメリットもあるため、上手く使いこなすことで安価な広告費でコンバージョンを最大化することもできます

しかし、Twitter広告はユーザーの詳細なターゲティングが弱いため、特定のユーザーだけに対してピンポイントで広告を出稿することは不向きです。

PinterestはTwitterに比べて情報の二次拡散性が弱いですが、Twitterよりもターゲティングを詳細に設定することができるため、ターゲットを狭めて広告を出稿する場合はPinterestの方がコンバージョンが期待できるでしょう。

Pinterest(ピンタレスト)広告とInstagram広告の比較

Instagramは、ユーザーが趣味や興味に関する情報を探すためのツールとして主に女性や若い世代をターゲットにコンバージョンが期待できるSNS広告です。

InstagramとPinterestは共通点が多いですが、Instagramにはツールの中にショッピング機能があることやインフルエンサーを利用した「ブランドコンテンツ広告」などPinterestにはない広告手法があります。

しかし、PinterestはInsutagramにはないシェア機能が備わっているため、Instagramと類似したユーザー層や媒体の特徴を持ちながら、Instagram広告の弱みをカバーしている広告媒体と言えます。

Pinterest(ピンタレスト)広告とMeta(Facebook)広告の比較

Meta(Facebook)広告はFacebookのフィードやストーリーズに広告を出稿できるSNS広告です。

Facebookは基本的に実名での登録となり、年齢や地域、勤務先など様々な情報の入力が求められるため、他のSNS広告よりも詳細なターゲティングが可能になります。

PinterestはFacebookほど詳細なターゲティングはできないため、よりピンポイントで特定のユーザーに広告を届けたいという方に向いている広告媒体と言えるでしょう。

しかし、Facebookは利用者の年齢層が他のSNSよりも高いため、若年層に広告を出稿したい場合はInstagramやPinterestで広告を出稿した方がコンバージョンが期待できます。

Pinterest(ピンタレスト)広告とTiktok広告の比較

Tiktokは近年、飛ぶ鳥を落とす勢いでユーザーを増やしているショートムービープラットフォームで、若年層のユーザーが多くを占めています。

Tiktok広告はユーザーが起動した際にすぐに表示されるTopView広告が有名で、非常に多くのユーザーに対して自社のサービスや商品をアプローチできるという強みがあります。

しかし、TopView広告は膨大なコストがかかるため、Tiktokはあまり広告費をかけたくない方には向いていません。

PinterestはTiktokほどの爆発的なアプローチはできないですが、比較的低コストで動画広告を出稿できるという強みがあるため、安価で動画広告を出稿したい方に向いています。

Pinterest(ピンタレスト)広告の注意点

Pinterest(ピンタレスト)広告の注意点

広告を出稿する時は、広告媒体が定めているルールに従わなければなりません

Pinterest広告も他のSNS広告と同様に、禁止コンテンツ規制コンテンツが定められています。

Pinterestで広告を出稿する前に、注意点を確認しておきましょう。

Pinterest広告の禁止コンテンツ

Pinterest広告の禁止コンテンツ
  • アダルトコンテンツおよびヌードコンテンツ
  • クリックベイト
  • 薬物や薬物に関連する道具
  • 絶滅危惧種および生きている動物
  • 違法商品およびサービス
  • 偽造品
  • 政治運動
  • センシティブなコンテンツ
  • タバコ
  • 悪徳商法
  • 武器と爆発物

引用:広告ガイドライン

Pinterestでは上記のコンテンツで広告を出稿することができません。

Pinterest広告で禁止されているコンテンツの多くは、他のSNS広告でも禁止されているため、Pinterestで初めて広告を出稿するという方は上記の禁止コンテンツに該当しないように細心の注意を払いましょう

Pinterest広告の禁止コンテンツに関する詳細はPinterestの広告ガイドラインをご参照ください

Pinterest広告の規制コンテンツ

Pinterest広告の規制コンテンツ
  • アルコール類
  • コンテスト、懸賞、および Pinterest のインセンティブ
  • 金融製品およびサービス
  • ギャンブル製品およびサービス
  • ヘルスケア製品およびサービス
  • ダイエット関連の商品またはサービス

引用:広告ガイドライン

Pinterestでは上記のコンテンツに関して一部規制があります。

特にダイエット関連の商品やサービスは、Pinterestのユーザー層である20代~40代の女性にマッチするため、広告の需要が高いと考えられますが、効果を約束する広告や現在の体型を否定するような広告は禁止されているため、ダイエット関連の広告を出稿する予定の方はPinterestの広告ガイドラインをしっかりチェックしましょう。

Pinterest(ピンタレスト)広告とは?まとめ

今回は2022年の6月から日本でサービスが始まったPinterest(ピンタレスト)広告についてご紹介してきました。

最後に重要なポイントをもう一度おさらいしましょう。

Pinterest(ピンタレスト)広告まとめ
  • Pinterestは未来に向けたツール
  • Pinterestは購買意欲が高いユーザーが多い
  • Pinterestでは女性向けのジャンルが良く検索されている
  • Pinterest広告は「美容」や「アパレル」などの業界や業種と相性が良い

Pinterest広告はまだサービスが開始されて間もないということもあり、知名度やデータは少ないです。

しかし、Pinterestは購買意欲が高いユーザーが多いといった広告と相性が良いプラットフォームであるため、広告を出稿する価値は十分あると言えるでしょう。

これから様々な変更や改善が行われることが考えられますが、色々な企業が参入してくる前に今からPinterest広告をチェックしておくことをおすすめします。

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る