マーケティングブログ

注目のSNS【Threads】の使い方は?Twitterと比較してみた

Meta社が新しくリリースしたSNS「Threads(スレッズ)」が話題になっています。今回は、Threadsに実際に登録し、使い方や特徴などをご紹介します!

FacebookとInstagramを運営する「Meta社」が新しくリリースしたSNS「Threads(スレッズ)」が話題になっています。

Instagram同様に写真を10枚まで投稿したり、Twitterのように文字だけでの投稿も可能なSNSということで、今何かと話題のTwitterの代わりになるサービスとなれるのかが気になるところ。

今回は、Threadsに実際に登録して分かった使い方や特徴などをご紹介します!

アカウント開設、利用の注意点もあるのでThreadsをはじめる前にぜひチェックしてみてください!

注目のSNS!Threads(スレッズ)とは?

Meta社公式サイトから引用

Threads(スレッズ)とは、Meta社が新しくリリースしたSNSアプリです。

Instagramと連動したテキストベースで利用できるアプリとして、日本では2023年7月6日より利用がスタートしました。

動画や写真を付けないと投稿が出来なかったInstagramと違い、テキストでのコミュニケーションを主な目的としたサービスとしています。

アプリのリリースから1日経たない内に1,000万人のユーザーが登録、翌7日には登録者が3,000万人を突破しています。

Threadsのはじめ方は?

Threadsのはじめ方

Threadsはリリース時点ではアプリのみのサービスです。PCなどでは利用することができません。
※Threadsから共有されたURLをPCで開くことは可能。

Threadsの利用には、先にInstagramへのアカウント登録が必要です。

連携したいInstagramのアカウントを選択して、Instagramで既に繋がっているユーザーとThreadsで繋がることもできます。

Threadsのはじめ方①アプリをインストールしてログイン

最初の画面でInstagramアカウントを選択できる

Instagramのアカウントを用意し、アプリをインストールします。

App store
Google play

アプリを立ち上げると、所持しているInstagramのアカウントが選択できるようになります。

紐づけたいアカウントを選択します。

Threadsのはじめ方②プロフィールの設定

Instagramアカウントと紐づけてThreadsのアカウントを作る

Instagramからインポートをタップすると、Instagramのアカウントと全く同じ写真や自己紹介で作成できます。

写真などを別途設定して作成も可能です。

Threadsのはじめ方③アカウントの公開設定とフォローを選ぶ

Threadsはアカウントを非公開にもできる

次にアカウントの公開設定を選択します。

いわゆる鍵アカウントとして作成するか、公開アカウントにするかを最初に設定できます。

Instagramアカウントは公開してThreadsは非公開、Instagramは非公開アカウントでThreadsは公開という設定も可能です。

その後、Threadsでも引き続きフォローしたいアカウントを選べます。

誰もフォローせずに次のステップに進んでもOKです。

Threadsのはじめ方④Threadsのしくみをチェックして完了

プライバシー設定までできたらThreadsの登録完了

最後に、Threadsの仕組みについて簡単に説明されます。

他のSNS同様「アカウントの動向に合わせた投稿や広告設定になっていきます」などといった説明の文章が出てきますので、Threadsに参加するを押せば登録が完了です!

Threadsの使い方を解説!

Threadsの使い方

ThreadsはInstagramやTwitterと同様、直感的に利用できるサービスです。

しかし、従来のSNSと比較すると若干仕様が違うため、最初は扱いづらさを感じるかもしれません。

ここでは、Threadsの簡単な使い方についてご紹介します。

Threadsの使い方①ホームと検索

Threadsの投稿や検索は機能がまだ少ない

Threadsは、誰もフォローをしていなくても人気のアカウントや認証されたアカウントがホーム画面に露出します。

ホーム画面はTwitterと似ている仕様で、アカウントのアイコンをタップでフォローができます。

ホーム画面で見かけたアカウントのプロフィールを確認する際はユーザー名をタップしましょう。

検索機能は、2023年7月7日現在ユーザー検索のみ機能しています。

Threadsの使い方②投稿とプロフィール

Twitterと近い感覚でThreadsは使える

画面の下に5つ並んでいるアイコンの、真ん中のアイコンをタップすると投稿を作成することができます。

Threadsの投稿

・1投稿につき最大10枚まで画像を掲載できる
・URL投稿も可能
・最大500文字投稿され、タイムラインでもそのまま表示される
・メンションを付けて投稿はできる
・「再投稿」という形でリツイートのようなことができる、引用投稿も可能

Twitterと同様、返信(スレッド)を追加して投稿することも可能です。

プロフィール画面もTwitterと似ている仕様になっています。

プロフィールの編集と共有のボタンがありますが、一部端末ではキャプチャのようにボタンの文言が切れてしまっている状態になっていました。

Threadsアカウントを作るとき・利用するときの注意点

Threadsの発信は、これまでにInstagramやTwitterを活用していた方は直感的に投稿できるような仕様です。

しかしながら、アカウントの作成時や仕様の中で(筆者の感覚的に)気になる部分はいくつかありました。

ここでは、気になった部分をいくつかピックアップして注意点としてご紹介します。

Threadsの注意点①Instagramアカウントとの関連性

Threadsの登録にはInstagramのアカウントが必須となっていますが、どうやらThreadsのアカウントを削除するとInstagramのアカウントも削除される仕様になっているようです。

Instagramのアカウントを消すとThreadsのアカウントも削除されるのはいくらか納得ができる仕様ですが、後付けで登録したサービスに引っ張られてアカウントが削除されるの、削除する際は注意しましょう!

※ただ、アカウントのなりすましなどは起こりにくい仕様なのかなと筆者個人的には思っています。

Threadsの注意点②いいねした投稿がチェックできない

Twitterはいいねをした投稿をアカウントのプロフィールページからチェックできますが、ThreadsはInstagram同様いいねした投稿を一覧で見ることができません

また、保存・ブックマーク機能などもないため、あとで見返したい投稿があってもアプリ内で管理ができない状態です。

しかし、逆にInstagramのフィードやストーリーズに連携して投稿すること、Twitterでツイート共有することは可能になっています。

他のSNSへの連携が出来ていることがポイントなのかもしれませんが、出来れば同じプラットフォームで完結させた方が管理しやすそうですね…。

Threadsの注意点③ハッシュタグなどの機能はない

Instagramと同様に最大10枚まで画像を掲載でできますが、ハッシュタグは利用できません

個人的に、Instagramといえばハッシュタグの印象があったので、まだ利用できないことには驚きですが、今後もしかしたら利用出来るかもしれません。

Threadsの注意点④PCからは閲覧のみ

Threadsはアプリのみで投稿が出来ます。

Threads内で投稿やアカウントプロフィールのURLを生成でき、そのURLをPCで開くことで閲覧自体は可能です。

InstagramもPCでのサービスは一部制限されているため、今後PCでのThreadsログインなどはできても、アプリと同じように利用できるかはあまり期待できないかなと感じています。

ThreadsとTwitter・Instagramを比較してみた

ThreadsとTwitterとInstagramを比較、まだまだThreadsのみの強みは弱い印象

Threadsを触ってみて、TwitterやInstagramと違いがあるなと思った部分をピックアップしてみました。

Instagramからの派生的な部分もあり、クリエイティブな投稿をするにはThreadsも良いプラットフォームになり得るのではないかな、という印象です。

しかし、ユーザーとの会話的なコミュニケーションが他のSNSと比べて少ない印象もあります。

Threadsを使ってみた感想|Twitterの代わりになれそう?

まだ利用を開始してすぐですが、利用者が他のSNSと比べて少ないため、タイムラインを追って得られる情報は限られています。

しかしながら、アカウントを立ち上げて誰もフォローしていなくても、タイムラインには日本のユーザーばかり出てきたことには驚きました。

TwitterやInstagramは、アカウントを作成して誰もフォローしていない状態だと、海外からの投稿が大半を占める印象があったため、既に利用しているInstagramでパーソナライズ化されているのかなと思っています。

そのため、他のSNSよりも得る情報が馴染みやすいとうう印象がありました。

ThreadsはTwitterの代わりになる?

Threadsが今とても注目されている理由に、Twitterの改変でユーザーの利用制限がかかりはじめたということが挙げられます。

今後どの様な機能が増えていくかにもよりますが、機能性としては文字のみのコミュニケーションも可能なため、Twitterと似たようなポジションで利用できるのか?という部分は特に気になるところ。

個人的には、Threadsだからできること・Threadsでしか発信できないことと言えるようなストロングポイントが少ない印象があり、すぐにTwitterの代わりになっていくかと考えるとまだまだ時間はかかりそうな印象です。

ただ、これまでTwitterで手軽に発信するという習慣が根付いているユーザーはきっと多いため、Twitterに制限がかかったときのサブ的なポジションとして利用はされていくのではないかと思います。

Threadsのはじめ方・使い方|まとめ

Threadsの投稿

・1投稿につき最大10枚まで画像を掲載できる
・URL投稿も可能
・最大500文字投稿され、タイムラインでもそのまま表示される
・メンションを付けて投稿はできる
・「再投稿」という形でリツイートのようなことができる、引用投稿も可能

今話題のSNS、Threadsについて独自に解説しました。

個人的な感想が中心となってしまった部分もありますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事を書いた人

メイクとお風呂とお花と、焼き肉とスポーツ観戦が好きです / 普段はwebディレクターとライター / たまにInstagramプランナー / 好きな男性お笑い芸人はパンサーの向井さん

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須 貴社名 ご担当者名必須 ご担当者名(ふりがな)必須 電話番号 メールアドレス必須 集客に利用されたいホームページのURL 検索キーワードをお知らせください お問い合わせの詳細必須

個人情報に関する同意について

上記を確認の上、ご同意いただける方は
下記の「同意」ボタンを押してください。

必須

関連記事

TOPへ戻る