YouTube・動画マーケティング

YouTubeにおける「エンゲージメント」を意識することの重要性

YouTubeにおける「エンゲージメント」をご存知でしょうか。
なんとなくで理解している担当者様が多いかと思います。
そんな「エンゲージメント」を、動画マーケティングの観点から解説していきます。

YouTubeにおける「エンゲージメント」をご存知でしょうか。

SEOでいうと、ユーザーの興味関心の高さ、反応を測る指標などという意味ですが、YouTubeでは「エンゲージメント」はどのような役割があるのでしょうか。

今回は、YouTubeにおける「エンゲージメント」を意識することの重要性について解説していきます。

YouTubeにおけるエンゲージメントとは

YouTubeエンゲージメント_3

高評価や低評価、視聴回数、チャンネル登録など、動画やチャンネルに対しての視聴者のリアクションのことをエンゲージメントと言います。

GoogleSEOで言うところの、Googleアナリティクスで測定できる「USERエンゲージメント」です。
どれだけ自身のチャンネルがユーザーから愛着を持たれているかを表す指標がYouTubeにおけるエンゲージメントとなります。

エンゲージメント率の算出方法

エンゲージメントは、「高評価数+コメント数」で出すことができます。
エンゲージメント率は、「エンゲージメント÷再生回数×100」で求めることができます。

例えば、弊社で運営しているYouTubeチャンネル「戦国BANASHI」の動画を例に挙げると、

YouTubeエンゲージメント_2

(1143+65)÷85,224×100=1.41710…

なのでこの動画のエンゲージメント率は、1.4%となります。

この数値は、アナリティクス上では表示されない数値となりますが、競合の分析や、自社チャンネル内での効果測定の際に役に立ちます。

エンゲージメントを効果的に増やす方法

YouTubeエンゲージメント_5

エンゲージメントを増やすということは、動画の高評価・コメント・再生回数を増やすということです。
具体的にどのような方法が効果的なのかをご紹介いたします。

高評価を増やす|エンゲージメントを効果的に増やす方法

高評価を増やす効果的な方法として、動画内で「高評価よろしくお願いします」等、視聴者のアクションを促す動きがあります。

テロップを追加するのも良いですし、演者が訴求する形でも良いです。
高評価を押したくなるような需要のある動画内容だとより確実です。

コメントを増やす|エンゲージメントを効果的に増やす方法

動画内で視聴者に質問をし、その回答をコメントに書いてもらうという形が一番コメントを多く獲得できます。
しかし、そのチャンネルの人気に比例してしまう部分はあるため、ファンが少ないうちは一工夫が必要です。

低評価を押されてしまうとエンゲージメント率が下がってしまうため、動画の内容は当たり障りのないものにしておき、コメントを議論の場として視聴者に使ってもらう方法が良いでしょう。

再生回数を増やす|エンゲージメントを効果的に増やす方法

結局は再生されなければ、高評価もコメントも獲得することはできません。
ですので、前提として再生回数を増やす動きはとても重要です。

多く再生される動画の特徴としては、視聴者が求めているものを動画にできているか否かです。
今のYouTube市場は、視聴者の需要に答えることが最も重要な要素と言えます。

そして、どれだけトレンドを抑えているかという点も大事です。
ブームが過ぎたものをいつまでもこすっていても再生回数は増えません。
できるだけ話題性があり、流行に乗ったコンテンツにしなければいけません。

とは言ったもののこれらの指標を上げることは至難の業だと思います。

弊社メディアエクシードはGoogleSEOの知見からを元にした動画マーケティング戦略をフルに活用し、エンゲージメントを増やすための最適化を図ります。

以下の画像は弊社の運営する戦国BANASHIの指標になります。
YouTubeエンゲージメント_1

動画を最適化したことによって、高い数値を保っております。

YouTubeに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせはこちら

YouTubeにおけるエンゲージメントの活用

YouTubeエンゲージメント_7

弊社の運営する戦国BANASHIのように、高いエンゲージメントを得ることができれば、多くのファンを抱えているという証明になりますので、企業やコラボを打診する際にとても役に立ちます。
企業のYouTube担当者様はエンゲージメントが高いYouTuberに依頼した方がより効果的だと考えているからです。

一昔前はチャンネル登録者数がどのくらいいるかが指標となっていましたが、今は評価の時代です。
どれだけチャンネル登録者数が居ようとも、アクティブな登録者が居なければ、費用対効果を望むことができません。

YouTubeにおける「エンゲージメント」を意識することの重要性|まとめ

いかがだったでしょうか。

エンゲージメントは、YouTubeからの評価を数字で見ることができる大事な指標です。

現在のYouTubeは、有名人やテレビ業界が続々と進出してきています。
エンゲージメントを意識するかどうかで、それらの知名度を持つコンテンツと大きく差が開きます。

弊社のYouTubeチャンネル運営代行サービスは、事前にクライアント様が抱える課題や要望等のヒアリングを行い、「どのような動画をいつまでに何本制作して投稿すれば良いのか。」など、細かな市場調査と合わせて分析し、持続的な戦略をご提案いたします。

YouTubeチャンネル開設・動画制作に必要な戦略や流れをもとに、 コンセプトや目標を明確化し、予算に合わせた運営を開始します。

また、動画制作のみを弊社にご依頼いただいているクライアント様も多く、タイトルや説明文、 サムネイルの最適化などチャンネルの立ち上げにおいて必要な設定も、 YouTubeマーケティングの知見を活かしサポートいたします。

このような人にお勧め

・YouTubeで情報発信したい
・YouTube SEOを行いたい
・自社サービスの集客につなげたい
・ワンストップで依頼したい

気になる料金プランですが、クライアント様のご予算とサービス規模に応じて、最適かつ効果的な動画制作プランをご提案させていただきます。

WEBメディアで培った知見をフルに活用した弊社の「動画マーケティング戦略」によって徹底的にサポートいたします。

無料相談も行っておりますのでまずはお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る