モニタリング・ランキング

【最新】オフィス・法人向けウォーターサーバー10選比較ランキング

オフィスや店舗にウォーターサーバーの導入を考えている方も多いのではないでしょうか?この記事では、オフィス・法人向けのおすすめウォーターサーバーを10選に厳選し、比較ランキング形式でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「そろそろオフィスにウォーターサーバーを導入したいけど、どのサーバーがおすすめ?」

「オフィスにウォーターサーバーがあると便利そうだけど、相場ってどのくらい?」

みなさんこんにちは、NAKABAです!

ウォーターサーバーをオフィスに導入したいと思っても、種類が多くてどれを選んでいいか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ウォーターサーバーメディアの運営を担当をしている僕が、オフィス・法人向けのウォーターサーバー10選をランキング形式でご紹介していきます!

記事の後半では、従業員の規模(サーバー利用人数)から分かる月額料金の相場や、オフィスにウォーターサーバーを導入するメリット・デメリットなどもあわせて解説していきます。

本ウォーターサーバー記事を作成した経緯

まず、本記事を作成することになった経緯として、弊社メディアエクシードのオフィスが人員の増加により手狭になってきたことがきっかけでした。

ただ、コロナウイルスの影響により今後の状況も見通せないので、大きなオフィスへ引っ越しするタイミングも今ではない…。

ということで、オフィスのかなりのスペースを取っていた水の空ボトルを何とかするため、ウォーターサーバーの乗り換えに着手することになりました。

そこで代表の春日から探してほしいと依頼されたウォーターサーバーの条件は2つ。

ウォーターサーバーの2つの条件
・空ボトルが邪魔だから、回収型ではないサーバー
・コロナでリモートを増やしているので、水の定期配送を調節できるサーバー

この条件に当てはあるウォーターサーバーを探すため、現在伊勢オフィスにて「MizuCool」というウォーターサーバーメディアを担当する僕が今回記事を書いてみました!

伊勢オフィスではウォーターサーバーメディア「MizuCool」を運営中!

弊社、メディアエクシード伊勢オフィスでは「ひとりひとりに最適なウォーターサーバーを提案する」ことをコンセプトに、水の専門メディア「MizuCool」を運営しています!

サイト内では実際にウォーターサーバーを利用して分かった一次情報を記事にしており、どのサイトよりも専門性・信頼性の高い情報を発信することを使命としています。

ちなみに、ウォーターサーバーを3台同時にさしてコンセント焼いてしまい、修理費数万円を請求されるなどの経験などをしながら、日々前進しております…笑

これからウォーターサーバーの利用を考えている方や、水に少しでも興味のある方は、ぜひMizuCoolも覗いてみてくださいー!

MizuCool:https://mizu-cool.jp/

オフィス・法人向けウォーターサーバー10選比較ランキング

ではさっそく、オフィス・法人向けのウォーターサーバー10選をランキング形式でご紹介していきます!

それぞれのサーバーの特徴やメリット・デメリット、月額料金などもまとめてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、オフィスのスペースに余裕がない会社様のために、空ボトルを処分できる・水が軽量パックに入っているおすすめウォーターサーバーを中心にご紹介していきますね。

第1位:フレシャス Slat

オフィス向けウォーターサーバーランキングの第1位は「フレシャス Slat」です!

フレシャスはウォーターサーバーの中でも特に人気のあるメーカーで、その中でもSlatはデザイン性・機能性が非常に優れています。

ボトルは通常よりも軽量化された9.3Lとなっており、かつ女性やシニアでも負担の少ないボトル足元交換を採用しているので、ボトル交換回数の多いオフィスにおすすめです。

ECOモードによる節電効果で電気代を70%カットできますし、水を「温水」「冷水」「常温」という3段階の温度に設定することが可能。

また、Slatには「Slat+cafe」というコーヒーも飲めるサーバーがあるので、いつでも簡単にコーヒーを飲めるという特徴があります。

ちなみに弊社メディアエクシードの四谷オフィスでも「フレシャス Slat」を利用させていただいております!

▼あわせて読みたい参考記事

フレシャスの口コミ・評判は悪い?使って分かったメリットと解約方法

>>フレシャス公式サイトはこちら

月額合計5,189円
水代(24L使用時)4,199円
サーバーレンタル代990円
※1か月3箱以上購入で無料
メンテナンス代0円
電気代(1か月)380円
ボトル種類ワンウェイボトル(返却なし)
配送スキップ2ヵ月まで無料
配送地域全国

第2位:コスモウォーター Smartプラス

オフィス・法人向けウォーターサーバー第2位は「コスモウォーター Smartプラス」です。

今でこそボトル足元交換を採用しているウォーターサーバーは多いですが、コスモウォーターは当時一般的でなかったボトル足元交換をはじめて導入したパイオニア的存在として知られています。

特にオフィスだとボトル交換をする機会が多いと思うので、女性やシニアでも負担が少ないコスモウォーターは非常におすすめできます!

また、コスモウォーターのお水は採水から48時間以内に出荷するという新鮮な天然水を提供しており、日本初の「水のアカデミー賞金賞」「モンドセレクション2020年度金賞」など数々の賞を受賞しています。

「せっかくウォーターサーバーを導入するなら、従業員に美味しい天然水を飲んでほしい」と考えている方には、ぜひコスモウォーターをおすすめいたします!

僕が勤務している伊勢オフィスでもコスモウォーターをずっと愛用し続けていますよ。

>>コスモウォーター公式サイトはこちら

月額合計4,104円
水代(24L使用時)4,104円
サーバーレンタル代0円
メンテナンス代0円
電気代(1か月)474円
ボトル種類ワンウェイボトル(返却なし)
配送スキップ2ヵ月まで無料
配送地域全国

第3位:プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

ランキング第3位としてご紹介したいウォーターサーバーが「プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER」です!

「プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER」は数あるウォーターサーバーの中でも、おしゃれで個性的なデザインが評価されており、非常に人気の高いモデルとなっています。

また、ウォーターサーバーの中ではめずらしく操作がタッチパネル式となっており、誰でも簡単に扱える操作性でも優れています。

ボトルも足元交換を採用しており、エコモードでの節電機能、メンテナンスフリーのサーバー内自動浄化機能など、機能面においてもとても優れたサーバーと言えるでしょう!

プレミアムウォーターは法人向けのお得な料金プランも提供しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

>>プレミアムウォーター公式サイトはこちら

月額合計5,333円
水代(24L使用時)4,233円
サーバーレンタル代1,100円
メンテナンス代0円
電気代(1か月)670~840円
ボトル種類ワンウェイボトル(返却なし)
配送スキップ2ヵ月まで無料
配送地域全国

第4位:フレシャス dewo

第4位としてご紹介するサーバーが「フレシャス dewo」です。

「フレシャス dewo」は、世界的なプロダクトデザイナー安積伸氏がデザインを担当しており、シンプルでありながらも機能性・デザイン性にこだわったウォーターサーバーとなっています。

サーバーのカラーバリエーションも5色あり、どんなインテリアにも合わせることができるので、定期的に来客があるオフィス・店舗にもおすすめ。

また、水がボトルではなく7.2Lの軽量パックに入っているので、ボトル交換の負担軽減だけでなく、水がなくなったあとのゴミがかさばらないという特徴もあります。

予備の水を保管しておく場所も少なくて済むので、オフィス・店舗がそこまで広くない場合でも心配なく設置することができます。

>>フレシャス公式サイトはこちら

月額合計4,697円
水代(24L使用時)4,147円
サーバーレンタル代550円
※1か月2箱以上購入で無料
メンテナンス代0円
電気代(1か月)330円
ボトル種類軽量パック(返却なし)
配送スキップ2ヵ月まで無料
配送地域全国

第5位:アクアクララ アクアウィズ

ランキング第5位としてご紹介するのが「アクアクララ アクアウィズ」です。

アクアクララがコーヒーで有名なネスレと共同開発した日本初のコーヒーマシン付きのウォーターサーバーとなっており、いつでも薫り高い新鮮なコーヒーを飲むことができます。

アクアクララの提供するお水は、特殊な微細フィルターで不純物を徹底的にろ過したRO水(ピュアウォーター)。不純物を取り除いたピュアウォーターだからこそ、本当に美味しいコーヒーを飲むことができます。

同社の中でも唯一ボトル足元交換を採用しているサーバーなので交換の負担も少ないですし、毎月のボトル注文ノルマがなく水の消費量も調節できるので、リモートワークが増えているご時世に合ったサーバーと言えるでしょう!

ただ、空ボトルの返却が必要な「リターナブル方式」なので、ボトルの置き場所も事前に確保しておく必要があります。

>>アクアクララ公式サイトはこちら

月額合計5,008円
水代(24L使用時)2,808円
サーバーレンタル代0円
メンテナンス代2,200円
電気代(1か月)1,000円
ボトル種類リターナブルボトル(返却あり)
配送スキップ都度注文(ノルマなし)
配送地域全国

第6位:サントリー 南アルプスの天然水

ペットボトルの飲料水でも有名な「南アルプスの天然水」を飲むことができる、サントリーのウォーターサーバーです。

サントリーのウォーターサーバーは法人向けプランを提供しており、料金の支払いをクレジットカード決済・口座引き落としから自由に選択することができます。

また、規模が大きなオフィスにはうれしいサーバーの複数台設置や、料金の領収書を発行することも可能。水の料金も500mlあたり87円と安価なので、できるだけ費用を抑えながらウォーターサーバーを利用していきたいオフィスにおすすめです。

水も軽量の天然水ボックスを採用しているので交換の負担も少ないですし、季節や好みに合わせて水の温度を調節できる「4段階温度設定」の機能がついています。

水の美味しさだけでなく、低価格で高性能なサーバーを利用したい場合には、非常におすすめできるサーバーです。

>>サントリー公式サイトはこちら

月額合計4,176円
水代(24L使用時)4,176円
サーバーレンタル代0円
メンテナンス代0円
電気代(1か月)720~1020円
ボトル種類天然水ボックス(返却なし)
配送スキップ2ヵ月まで無料
配送地域全国

第7位:ウォータースタンド ネオ

水の消費量が多くコストが心配な場合は、水道直結型の「ウォータースタンド ネオ」がおすすめです!

水道直結型という名前の通り、水道と直接繋げてしまうウォーターサーバーなので、水の消費量が多くても水代は水道代しかかからないというメリットがあります。

ただ、サーバーレンタル料と電気代は毎月発生するので、その点はご注意ください。また、直接水道と繋げる必要があるので、通常のウォーターサーバーほど自由に設置場所を選ぶことができないというデメリットもあります。

それでも水の消費量が多ければ多いほどお得なサーバーなので、人数が多いオフィス・店舗では検討する価値は十分にあると思います!

また、ウォータースタンドは1週間の無料お試しが可能なので、少しでも気になる方は一度お試し利用してみるのもありだと思いますよ!

>>ウォータースタンド公式サイトはこちら

月額合計4,378円
水代水道代
サーバーレンタル代4,378円
メンテナンス代0円
電気代(1か月)859円
ボトル種類水道水直結型
配送スキップなし
配送地域全国

第8位:ハミングウォーター flows

水の消費量が多いオフィス・店舗には、「ハミングウォーター flows」もおすすめ。

先ほどのウォータースタンドは水道と直接繋げる「水道直結型」でしたが、ハミングウォーターは水道水をサーバー内に補充する「水道水補充型ウォーターサーバー」です。

いずれも共通するのは、水代が水道代しかかからないので、水の消費量が多いほどお得に利用できる点です。

また、水道と繋げる必要がないので、通常のウォーターサーバーと同様に置き場所を選ばないというメリットがあります。

デメリットとしては、水がなくなるたびに水道水を補充する必要があるので、ボトル交換よりも水の追加が負担に感じる方もいるでしょう。

>>ハミングウォーター公式サイトはこちら

月額合計3,300円
水代(24L使用時)水道代
サーバーレンタル代3,300円
メンテナンス代0円
電気代(1か月)466円
ボトル種類水道水補充型
配送スキップなし
配送地域全国

第9位:信濃湧水 エコサーバー

「信濃湧水」は、北アルプスの雄大な自然から採水された天然水を飲むことができるウォーターサーバーです。

サーバーはスタンダードサーバー、エコサーバーの2種類から選ぶことができ、エコサーバーはECOモードを使用することで最大42%の省エネの実現が可能。

また、自動内部クリーン機能により、常にサーバー内部を衛生的に保つ特徴があります。

水代に関しても、約12Lボトル1本1,500円と天然水ではかなりリーズナブルなので、水代をできるだけ抑えたいオフィスにもおすすめです。

ただ、ボトルはサーバー上部に設置するタイプなので、足元交換と比べると少し交換の負担が大きくなるデメリットがあります。

>>信濃湧水公式サイトはこちら

月額合計3,570円
水代(24L使用時)3,240円
サーバーレンタル代330円
メンテナンス代0円
電気代(1か月)800円
ボトル種類ワンウェイボトル(返却なし)
配送スキップ3ヵ月4本未満まで無料
配送地域全国

第10位:クリクラ クリクラ省エネサーバー

最後にご紹介するオフィス向けウォーターサーバーが「クリクラ クリクラ省エネサーバー」です!

クリクラは約560以上の産院で導入されているほどの実績があるウォーターサーバーであり、水ボトル1本あたりの価格も安いことが特徴です。

クリクラ省エネサーバーは通常のサーバーよりも省エネ機能に優れており、最大58%の電気代を節約することが可能。1年に1回の定期メンテナンスも受けられるので衛生的ですし、水自体の安全性確保にも大きく力を入れています。

ただ空ボトルは返却が必要なので、予備ボトルと空ボトルの置き場所も導入前に考慮しておく必要があります。

またクリクラでは1週間程度、無料でサーバーレンタルできる無料お試しがあるので、導入前に一度レンタルしておくことをおすすめします!

>>クリクラ公式サイトはこちら

月額合計3,380円
水代(24L使用時)2,920円
サーバーレンタル代0円
メンテナンス代460円
初回金7,700円
電気代(1か月)756円
ボトル種類リターナブルボトル(返却あり)
配送スキップ3ヵ月6本未満まで無料
配送地域全国

社内アンケート実施!オフィスにウォーターサーバーがあって良かったと思う口コミ

MizuCool編集部

メディアエクシード伊勢オフィスでは、信頼性のある情報を発信していくために常に複数台のウォーターサーバーをレンタルし、日々研究を続けております

ここでは、これからオフィスにウォーターサーバーを導入したい読者の方々に向けて、伊勢オフィス内で「ウォーターサーバーがあって良かったことは?」というアンケートを実施してみました!

メンバー全員がウォーターサーバーを日々利用して感じたリアルな口コミなので、ぜひ参考にしていただければうれしいです!

ハマ 28歳 女性

今までお茶を買ったりしていましたが、お水が美味しいのでお水を飲む機会が増えました。

水は一日1.5リットル以上飲むと健康や美容にいいと聞くので、せっせと飲んでいます。

冷たい水はボトルで冷やさないといけないし、ゴミもでます。お湯は湧くまで時間がかかるし手間でした。

そんな煩わしさを一挙に引き受けてくれるウォーターサーバーは仕事の効率も上げていると思います。

サユ 29歳 女性

私はインスタントのコーヒーやカフェラテは勿論、お昼時にはカップスープやカップラーメンを食べるので職場でお湯がすぐに出る環境は非常に有難いです。

来客時にもお湯がすぐにでるのでお待たせすることなくお茶やコーヒーを提供できたりしています。

昔はお湯をいちいち沸かしていたのかと思うと大変だっただろうなと思います。

ナカ 28歳 男性

冷たい水も熱湯もすぐ出せるし、自宅では水と言えば水道水を飲んでいたので、あの独特なカルキの匂いや水のざらざら感がなく、天然水の美味しさを身にしみて感じました。

自分も自宅で天然水のウォーターサーバーをレンタルしようかポジティブに検討中です。

キド 22歳 女性

お昼ご飯によくインスタントのスープを飲むので、すぐお湯が出せるサーバーがあると、コンビニでお湯を入れてきたり給湯室でお湯を沸かしたりしなくていいので、本当に便利です。

コーヒーを作ったり、水で飲んでも水道水とは全然味が違うので、もう水道水はそのまま飲めないです。

ヨヘ 19歳 女性

ウォーターサーバーの導入前までは、いわゆる「ラテマネー」的な出費が多かったのですが、ウォーターサーバーが導入されてからは通勤途中でコンビニに立ち寄りコーヒーを買うのではなく、スティックコーヒーなどを常備するようになりました。

やはり行き詰った時や小休憩を入れたいときに温かい飲み物が簡単に飲めるのは魅力的ですし、費用も案外安く小さなサーバーもあるようなので自宅にもすることを検討しています。

オフィス向けウォーターサーバーを導入するメリット

次にオフィスにウォーターサーバーを導入するメリットをご紹介していきます。

事前にメリットを確認してから、ウォーターサーバーを導入するようにしてくださいね。

導入するメリット
・月額料金を経費で落とせる
・従業員の健康サポートになる
・来客時にすぐに対応できる
・災害時の備蓄水となる

月額料金を経費で落とせる

会社のオフィスに従業員が使用する目的でウォーターサーバーを設置する場合、かかる費用を「福利厚生費」「雑費」として経費で落とすことができます。

また、お客様が使用することを前提に店舗に設置する場合は、「交際費」の名目で費用を計上することが可能。

水の消費量にもよりますが、ウォーターサーバーは年間で計算すると10万円程度の費用になることもあるので、経費として計上できると負担感は少なくなりますよね。

従業員の健康サポートになる

ウォーターサーバーがオフィスにあると、定期的に水を飲む機会が増え、従業員の健康サポートの役割を果たします。

特に夏場は汗をかくことも多いので、従業員の熱中症対策にも一役買うことは間違いありません。

来客時にすぐに対応できる

定期的にオフィスに来客がある会社の場合、お茶を出すときにお湯を沸かす時間なく、すぐに対応することができます。

また、美容院や病院などにウォーターサーバーが設置してあると、待ち時間の間に美味しいお水が飲めてうれしいですよね。

災害時の備蓄水となる

ウォーターサーバーを導入すると定期的に水が配送されるので、災害時の備蓄水として活用することができます。

災害時のために、普段から少し多めに水を注文しておいてもいいかもしれませんね!

また、停電によりウォーターサーバーが使えなくなった場合でも、水を飲むための災害用キットを販売しているメーカもあります。

オフィス向けウォーターサーバーを導入するデメリット

次に、オフィスにウォーターサーバーを導入することで発生するデメリットもご紹介していきます。

導入するデメリット
・毎月ランニングコストがかかる
・サーバーを設置するスペースを確保する必要がある
・ボトル交換の手間が増える

毎月ランニングコストがかかる

当然ですが、ウォーターサーバーを導入することで毎月ランニングコストが必要になります

毎月必ず発生するコストは水代・電気代ですが、ウォーターサーバーメーカーによってはサーバーレンタル代などが発生する場合もあります。

電気代は月額400円~1,000円、サーバーレンタル代は月額0円~1,500円程度が目安となるでしょう。

水代に関してはサーバーを利用する従業員数によっても異なるので、大まかな目安は利用人数に対する水の消費量と月額料金の目安は?(リンク)を参考にしてみてください!

サーバーを設置するスペースを確保する必要がある

ウォーターサーバーを導入するためには、サーバー本体と交換用ボトルを置くスペースを確保する必要があります。

また、オフィス・法人向けウォーターサーバーランキング(リンク)でご紹介したように、ボトルを返却する必要があるサーバーの場合は返却時まで空ボトルを保管するスペースも考慮しておきましょう。

空ボトルを置いておく場所がないという場合は、ボトルを処分できる「ワンウェイタイプ」「軽量パック」を採用しているサーバーを選ぶとよいでしょう。

加えて、サーバーを設置する場所はできるだけ電源から近い場所にすることで、コードに足をひっかける事故も未然に防ぐことができます。

ワンウェイ・軽量パックのサーバー
フレシャス Slat
コスモウォーター Smartプラス
プレミアムウォーター
フレシャス dewo
信濃湧水 エコサーバー

ボトル交換の手間・負担が増える

一般家庭ではボトル交換の回数はそこまで多くありませんが、オフィス・店舗では複数の方が利用することになるため、ボトル交換が負担になることもあるでしょう。

特に水ボトルを上部に設置するサーバーの場合、重いボトルを高く持ち上げる必要があるので、腰を痛めてしまうケースもあります。

ボトル交換回数が多くなることが見込まれるオフィスや店舗だからこそ、女性でも簡単に交換できる「ボトル足元交換」「軽量パック」を採用するサーバーを選ぶのがおすすめです。

ボトル足元交換のサーバー
フレシャス
コスモウォーター Smartプラス
プレミアムウォーター
フレシャス dewo
サントリー 南アルプスの天然水

オフィスにウォーターサーバーを導入する際のよくある質問

最後にウォーターサーバーをオフィスに導入する際のよくある質問をご紹介していきます。

よくある質問
・法人向けの料金プランはある?
・無料でお試しレンタルはできる?
・料金の支払い方法にはどのような方法がある?
・オフィスを移転する場合は何か手続きは必要?
・利用人数に対する水の消費量と月額料金の目安は?
・ウォーターサーバーは自分たちで設置する必要がある?

法人向けの料金プランはある?

一部のメーカーでは、法人向けのお得な料金プランを提供しています。

特に大量の水の消費が見込まれる場合は、法人プランを利用する方が料金が安くなることがあるのでおすすめです。

今回ご紹介したウォーターサーバーの中では、フレシャス・プレミアムウォーター・サントリー・クリクラが法人プランを提供しています。

法人向けプランのあるサーバー
フレシャス
プレミアムウォーター
サントリー 南アルプスの天然水
クリクラ

無料でお試しレンタルはできる?

一部のウォーターサーバーメーカーでは、無料でのサーバーレンタルを行っています

ただ、レンタル期間や提供してくれる水ボトルの本数などはメーカーによって異なっています。

今回ご紹介したウォーターサーバーの中では、アクアクララ・ウォータースタンド・クリクラが無料レンタルに対応しているの、詳しくは各公式サイトをご確認ください。

無料お試しのあるサーバー
アクアクララ
ウォータースタンド
クリクラ

料金の支払い方法にはどのような決済方法がある?

基本的にはクレジットカード決済が一般的ですが、法人向けに銀行振込・口座振替に対応しているメーカーもあります

選択できる支払方法から、自社に最も合う決済方法を選ぶようにしましょう!

オフィスを移転する場合は何か手続きは必要?

オフィスの移転前にメーカー側に連絡し、住所変更の手続きをしてください。

移転先の住所でも対応している場合は、そのまま継続してサーバーを利用することができます。

ただメーカーによっては、ボトル配送の度に送料が発生する地域があるので、事前にしっかり確認するようにしてください。

利用人数に対する水の消費量と月額料金の目安は?

一人当たりの水消費量によっても異なりますが、ここでは一人1日コップ1杯(200ml)の消費を例にして、月間消費量と月額料金の目安をご紹介します。

事前に料金の目安を知りたい方は、参考にしてみてください。

人数消費量月額料金
5人60L3,750円
10人120L7,500円
20人240L15,000円
30人360L22,500円
50人600L37,500円

※消費量:1人あたり1日200ml×人数×30日で計算。

※月額料金:12Lあたり1,500円で計算。

ウォーターサーバーは自分たちで設置する必要がある?

メーカーにもよりますが、有料で専門スタッフによる設置サービスを提供している場合があります。

ただ、フレシャスやコスモウォーターのように自分たちで設置する必要があるメーカーもあるので、事前に一度確認しておきましょう。

また、プレミアムウォーターのオフィス・法人向けプランの場合は、通常は有料である設置サービスを無料で提供してもらうことができます。

オフィス・法人向けウォーターサーバー比較ランキングまとめ

ということで、今回はオフィス・法人向けのおすすめウォーターサーバーランキングをご紹介しました。

ウォーターサーバーは種類が本当に多いので、「どれを選んでいいかわからない…」と思うことも多いはず。

ただ「できるだけ費用が安いサーバー」「ボトル交換が楽なサーバー」「ノルマがないサーバー」など、自社にとって譲れない条件から探すことで本当に最適なウォーターサーバーを見つけることができますよ!

ぜひオフィスにウォーターサーバーを導入して、快適な仕事環境を作っていってくださいね!

オフィス向けウォーターサーバー10選
フレシャス Slat
コスモウォーター Smartプラス
プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER
フレシャス dewo
アクアクララ アクアウィズ
サントリー 南アルプスの天然水
ウォータースタンド
ハミングウォーター flows
信濃湧水 エコサーバー
クリクラ クリクラ省エネサーバー

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る