モニタリング・ランキング

【簡単】飲むシリカ定期便を実際に解約してみた!解約電話番号は?

本記事では、城田優や朝倉未来などの有名人も愛飲中の飲むシリカ定期便の解約方法を徹底解説!日々飲むシリカを飲んでいる僕が、実際に定期便を解約してみた体験談もご紹介しているので、飲むシリカ定期便の解約について知りたい方は必見!

「城田優も愛用している飲むシリカが気になるけど、定期便って簡単に解約できるのかな?」

「定期便を解約するときに、引き留められたり解約違約金を請求されないか不安…」

飲むシリカが気になっているものの、簡単に解約できなかったり、解約金が請求されないか不安でなかなか購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回、水の専門メディア「MizuCool」を担当しており、日々飲むシリカを愛飲している僕が実際に飲むシリカ定期便を解約してみました!

結論から言うと、飲むシリカ定期便は【0570-063-777】に電話をするだけで、解約金などの請求も一切なくスムーズに解約することができます!

この記事では、飲むシリカを検討する方が気になる「定期便の解約」について、さらに詳しく解説していきます。

\公式サイト限定20%オフで購入/

飲むシリカ定期便の解約記事を作成することになった経緯

現在、美容・健康に効果があると人気沸騰中の飲むシリカですが、「簡単に解約できるか不安で、購入に踏み切れない…」という声をインターネット上でも見かけるようになりました。

そこで飲むシリカの効果を日々実感し、ほぼ毎日愛飲中の僕が「一人でも多くの方に飲むシリカを飲んでもらい、その効果を実感してもらうこと」を目的として、今回飲むシリカ定期便の解約方法を解説してみました!

「飲むシリカを試してみたいけど、解約できるか不安で購入を迷っている」といった悩みを持つ方の参考になれば幸いです!

※ちなみに本記事作成のために飲むシリカの解約を行ったあと、翌月にはまた定期便を再開しました(笑)

【体験談】飲むシリカ定期便を実際に解約してみた!

飲むシリカ定期便は専用ダイヤル【0570-063-777】に電話することで、解約や配送間隔の変更などの対応を行ってくれます。

飲むシリカ問い合わせ電話番号
極選市場【霧島天然水のむシリカ】/株式会社Qvou
・お問い合わせ電話番号:0570-063-777
・受付時間:9:00~18:00(日曜・祝日、お盆・年末年始を除く)
・連絡期限:次回商品お届け予定日の10日前まで

ここでは、実際に僕が飲むシリカ定期便解約の電話をかけたオペレーター(以下オペ)の方との会話を再現します。

すみません。今、飲むシリカ定期便を注文させていただいてます〇〇と申します。突然なのですが、定期便を解約したいと思っているのですが…。
いつもお世話になっております。左様でございますか…。もしよろしければ、配送間隔を空けるなどの対応をしていただくことはできないでしょうか…?
オペ
配送間隔を空けることも考えたのですが、今回は定期便の配送を一度完全に止めて、解約したいと思っています。申し訳ございません。
かしこまりました。では、一度配送をストップさせていただく手続きをさせていただきます。
オペ
ありがとうございます。あと、解約すると解約違約金などは発生したりするのでしょうか…?
飲むシリカ定期便では、解約違約金などは一切いただいておりませんので、その点はご安心ください。
オペ
かしこまりました。よかったです。
また定期便を再開したくなった場合などは、もう一度お電話いただければ配送を再開できますので、何卒よろしくお願いいたします。
オペ
かしこまりました。またその時は、よろしくお願いいたします。

上記のように、解約時に少し引き留められることはあったものの、問題なく飲むシリカ定期便を解約することができました。

またオペレーターの方の対応も非常に親切だったので、定期便の解約に不安がある方でも安心して注文することができると思いました。

注意点としては、次回配送日の10日前までに電話で連絡する必要があるので、その点だけ注意が必要です。

ただ解約金も一切請求されませんし、もちろん1度だけのお試し購入も可能なので、飲むシリカの購入を考えている方は20%オフの最安値で購入できる飲むシリカ定期便のご利用をおすすめします!

\いつでも簡単に解約できます/

飲むシリカ定期便には解約金・最低購入回数が一切ない

飲むシリカ定期便の解約方法以外にも解約金や最低購入回数といった、いわゆる「縛り」について気になる方も多いと思います。

結論から言うと、先ほどもご紹介したように飲むシリカ定期便には解約金・最低購入回数などの縛りは一切ありません

実際に僕も飲むシリカ定期便を解約しましたが、解約金は一切請求されませんでした。

また、飲むシリカ公式サイトにも、以下のように明記されています。

また、公式サイト内にある「特定商取引法に基づく表記」にも、以下のように記載されています。

引用:飲むシリカ公式サイト

ここまで解説したように、飲むシリカは簡単に解約でき、かつ解約金・最低購入回数もなく誰でも気軽にお試しすることができる定期便です。

Amazonや楽天でも飲むシリカを購入することはできますが、20%オフの最安値で購入できるのは公式サイトの飲むシリカ定期便のみ

「ずっと美容・健康に悩まない生活を送っていきたい」という方は、最もお得に購入できる定期便で飲むシリカを生活に取り入れ、笑顔になれる毎日を実現してみてはいかがでしょうか?

>>飲むシリカ公式サイトはコチラ

※20%オフキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

飲むシリカを購入するなら公式サイトの定期便をおすすめする4つの理由

先ほど、公式サイトの定期便のみ20%オフの最安値で飲むシリカを購入できることを解説しました。

ここではさらに飲むシリカを購入するなら、公式サイト定期便の利用をおすすめする4つの理由をご紹介していきます。

飲むシリカの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

飲むシリカ定期便をおすすめする理由
・飲むシリカ定期便なら20%オフの限定価格で購入可能
・2箱以上の注文で送料700円がずっと無料
・水を消費できない方は2か月ごとの隔月購入も可能
・3回の継続購入で500円分のクオカードがプレゼント

飲むシリカ定期便なら20%オフの限定価格で購入可能

ここまで解説したように、飲むシリカ定期便であれば、今だけ20%オフの限定価格で購入することができます!

Amazonや楽天からでも飲むシリカを購入することはできますが、公式サイトよりも1箱あたり900円も高い定価での購入となってしまいます。

  500ml×24本 2L×9本 送料
Amazon/楽天 4,500円 5,750円 無料
飲むシリカ定期便 4,500円 ⇒ 3,600円 5,750円 ⇒ 4,600円 無料※
※1度に2箱以上の注文で送料無料

上記のように、Amazon・楽天から「500ml×24本」を毎月2箱購入する場合は年間108,000円の出費となりますが、飲むシリカ定期便なら86,400円となり、年間で21,600円も節約することができます。

飲むシリカは継続して飲んでいくことが重要なので、少しでもお得に購入できる飲むシリカ定期便の利用が最もおすすめです!

▼あわせて読みたい参考記事

飲むシリカは効果なし?怪しいと言われる評判や口コミを徹底調査!

2箱以上の注文で送料700円がずっと無料

また飲むシリカ定期便は、通常700円かかる送料が2箱以上の注文でずっと無料になります!

飲むシリカには「500ml×24本」と「2L×9本」の2種類がラインナップされているので、外出用に500ml、自宅用に2Lといったようにライフスタイルに合わせて2箱同時注文してみてもいいかもしれませんね。

水をたくさん消費できない方は2か月ごとの隔月購入も可能

2箱以上注文することで通常700円の送料が無料になりますが、「毎月2箱も消費できない…」と思われた方もいると思います。

しかし、飲むシリカ定期便は2か月ごとの隔月購入も可能となっているため、水の消費が心配な方も安心して購入することが可能です!

もちろん隔月購入の場合でも、2箱以上の注文であれば送料も無料になるので、お得に定期購入を継続していくことができます。

3回の継続購入で500円分のクオカードがプレゼント

今なら飲むシリカ定期便での購入を3回以上継続した方限定で、500円分のクオカードプレゼントキャンペーンを行っています。

飲むシリカは継続することで美容・健康効果を実感することができるので、クオカードがもらえる3回を目標に継続することをおすすめします!

ただし、このキャンペーンは支払いをクレジットカード決済した方のみが対象なので、注文時に注意するようにしてください。

飲むシリカ定期便の解約方法と電話番号まとめ

ということで、今回は多数の有名人も愛飲している飲むシリカ定期便の解約方法を解説しました。

僕が実際に飲むシリカ定期便の解約を行い、スムーズに解約できることを確認しているので、解約できるか不安な方も安心して定期便の注文をしていただければと思います。

また、飲むシリカの定期便には、定期購入によくある「解約金」や「最低購入回数」は一切ないので、本当にお試し感覚で購入することができます。

20%オフの最安値で購入できる飲むシリカ定期便を利用し、鏡の前で笑顔になれる毎日を送ってみてはいかがでしょうか?

>>飲むシリカ公式サイトはコチラ

※20%オフキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る