マーケティングコラム

GA4に移行期限はある?移行すべきタイミングと移行方法を解説

2020年10月にリリースされた最新版のGoogleアナリティクス、GA4ですが、UAからの移行はもう済んでいますか?
今回はGA4に移行期限はあるのか、そして以降するタイミングについて解説しています。
移行がまだの方は必見の内容になっているので、ぜひご覧ください!

・GA4に移行期限ってあるの?
・UAのまま使い続けられないの?
・GA4の移行方法って難しいですか?

この記事では、このような悩みにお答えします。

Googleアナリティクスは、無料で使えるウェブページのアクセス解析ツールとして2005年にリリースされて以来、多くのユーザーから支持されています。

そんなGoogleアナリティクスの最新版であるGA4がリリースされ、今後もアクセス解析を続けていくのであれば移行は必須になるので、GA4をまだ移行していない方はぜひ参考にしてください。

GA4(Googleアナリティクス4)とは?

GA4とはGoogle Analytics4(グーグルアナリティクス4)プロパティの略称で、2020年10月にリリースされた最新版のGoogleアナリティクスのことです。

Googleアナリティクス自体は2005年からリリースされていますが、最新版であるGA4ではアプリ計測とウェブ計測が横断的に行えることが特徴となっています。

近年ではウェブサイトだけではなくアプリや動画を利用するユーザーが急増しているので、アプリや動画の計測にも対応している最新版のGA4がリリースされました。

GA4の移行期限はいつ?

GA4に移行期限はなく、登録した日から使い始める事が可能です。

しかし、現在多くのユーザーが活用しているUA(ユニバーサルアナリティクス)は、2023年7月1日以降データの計測ができなくなるため、計測を中断したくない方は2023年7月1日までに移行を完了させておく必要があります。

GA4とUA(ユニバーサルアナリティクス)の違い

男性

GA4とUAの大きな違いは、データ計測の軸にあります。

同一ユーザーがスマホとパソコンを使って同じサイトにアクセスした場合、UA版ではスマホで1ユーザー・パソコンで1ユーザーというカウント方式を取っており、同一ユーザーなのに「2ユーザーがアクセスした」という計測になっていました。

最新版のGA4では、スマホでチェックしたサイトにパソコンからアクセスし直した場合でも、1ユーザーとして識別できるようになったので今までよりも詳細にユーザー行動を把握できるようになります。

GA4に移行するメリット

GA4を導入するメリットは2つあります。

・データ計測の設定が簡単になる
・BigQueryと無料で連携できる

それぞれについて詳しく解説していきます。

GA4に移行するメリット①|データ計測の設定が簡単になる

ページ内のユーザー行動指標を設定する場合、UA版ではコードを入力するなど手動での設定が必要でしたが、GA4ではON/OFFスイッチの切り替えだけで設定することができるようになりました。

・ページビュー数
・スクロール数
・離脱クリック
・サイト内検索
・動画エンゲージメント
・ファイルのダウンロード

これらのデータを収集するかどうかをワンクリックで簡単に設定できます。

GA4に移行するメリット②|BigQueryと無料で連携できる

BigQueryとはGoogle Cloud Platformで提供されているビッグデータ関連機能の1つで、分析用に収集した膨大なデータを蓄積しているシステムのことです。

以前まではGoogleアナリティクスの有料版である「Googleアナリティクス360」で使える機能でしたが、GA4を導入することで無償で使えるようになり、BigQueryと連携することでGA4上では把握できなかったインサイトを得られる可能性が高まります。

GA4への移行方法

GA4への移行方法は3ステップです。

・GA4プロパティを作成する
・GTMからタグを追加する
・コンバージョン設定をする

それぞれの手順を見ていきましょう。

GA4への移行方法①|GA4プロパティを作成する

Googleアナリティクスの管理画面にログインして、左下の「設定」からプロパティの項目にある「GA4設定アシスタント」をクリックします。

「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」という欄に「はじめに」のボタンがあるのでクリックすると、ウィザードの実行内容という画面が表示されるので「プロパティの作成」をクリックしてください。

GA4への移行方法②|Googleタグマネージャーからタグを追加する

Googleタグマネージャーの管理画面を開き「新しいタグを追加」をクリックし、タグタイプに「Googleアナリティクス:GA4設定」をクリックします。

「タグの設定」画面に計測するサイトの測定IDを入力して実際にサイトへアクセスすると、リアルタイム画面に現在のユーザーが反映されているはずです。

測定IDの確認方法は、「Googleアナリティクスの設定」→「データストリーム」→「計測するサイトもしくはアプリを選択」で確認できます。

GA4への移行方法③|コンバージョン設定をする

GA4のコンバージョン設定方法は2ステップです。

・Googleアナリティクス管理画面を開いて「イベント」の項目からイベントを作成
・設定メニューから「イベント」を開いて「コンバージョンとしてマークを付ける」をオンにする

以上でコンバージョン設定が完了します。

GA4の移行に伴う注意点

GA4とUAではユーザー数計測などの数値誤差が出るため、移行直後は混乱を招きやすいといえます。

なるべく早くGA4に移行することでGA4とUAを同時並行で運用することができるため、数値誤差の把握に役立つでしょう。

また、GA4は今までのUAには無い機能が追加されており操作方法も変更になるため、ある程度の期間は運用しながら学習していく必要があることを知っておきましょう。

さらにあまりGA4について熟知していない段階で移行を行うとうまく移行ができず、エラーが発生して計測ができなくなってしまう可能性もあります。

実際に、
「移行したけどなぜか計測できない」
「エラーが出てるっぽいけど何が原因かわからない」

というお問い合わせだけでなく、
「GA4に移行したいから移行方法を教えてほしい」
「移行を全部やってもらうのではなく、サポートしてほしい」

等のお問い合わせもいただいております。

GA4の移行期限|まとめ

現在多くのユーザーが利用しているGoogleアナリティクスのUA版は、2023年7月1日をもってサービスが終了するため、1日でも早いGA4への移行が必要です。

しかし、個人でGA4に移行するハードルはやや高く、実際に個人で移行した結果エラーが出てしまい計測ができなくなってしまったというご相談も多くいただいています。

弊社、株式会社メディアエクシードでは数多くの既存クライアント様だけではなく、新規クライアント様の設定代行も数多く対応してきましたので、GA4の移行に少しでも不安がある方は株式会社メディアエクシードにご相談ください。

GA4設定代行のサポートなども行っておりますので、まずは無料ご相談にお越しください!

無料相談・お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須 貴社名 ご担当者名必須 ご担当者名(ふりがな)必須 電話番号 メールアドレス必須 集客に利用されたいホームページのURL 検索キーワードをお知らせください お問い合わせの詳細必須

個人情報に関する同意について

上記を確認の上、ご同意いただける方は
下記の「同意」ボタンを押してください。

必須

関連記事

TOPへ戻る