マーケティングコラム

YouTubeの広告収入の計算方法は?広告収入増の施策もご紹介!

YouTubeの広告収入を増やすためにはどうしたらいいのか?
今回はYouTubeの収入源の1つである広告収入の計算方法と広告収入を増やすためにおすすめな施策を動画マーケター目線で解説しました!
YouTubeで収益を得たいと考えている方はとても有益な情報になっているので、是非参考にしてください。

YouTubeを始めようと思うときの大きな動機の1つが広告収入などの「収入」です。

ひと言にYouTubeの収入と言っても様々な種類があり、より効率的に収入を増やしていくためには、伸びしろがあり増やしやすい収入源を選んだうえで最適化・最大化する必要があります。

今回は、YouTubeの収入源の種類と広告収入の計算方法についてご紹介します。

また、広告収入を増やすために必要な施策についてもご紹介したので、YouTubeで収益を得たいと考えている方は参考にしてください。

Youtubeの収入源は7つ

YouTube編集画面

YouTuberの収入源にはさまざまな種類があり、広告収入以外にも公開した動画が視聴された数や、視聴者のアクションや購買行動により収入に結びつくものもあります。

また、企業から動画の企画・制作の依頼を受け得られる収入もあります。

ここでは、YouTubeの7つの収入源について一緒に見ていきましょう。

YouTubeの収入源①|広告収入

YouTubeの収入源の中で最も知られているのが広告収入です。

広告を出稿している広告主がYouTubeに広告掲載料を支払うとその広告が掲載された動画が公開され、その動画の視聴回数によってYouTuberに広告掲載料の一部が収入として入る仕組みになっています。

広告収入には計算方法がありますので、この記事の後半でご紹介します。

YouTubeの収入源②|企業からの企画・制作依頼

YouTubeで動画を公開していると広告を出したい企業の目に留まり、広告に使用するための動画の企画・制作を企業タイアップという形で依頼されることがあります。

自分が公開している動画からの直接の収入ではありませんが、こういった依頼からの収入もあります。

YouTubeの収入源③|スーパーチャット

スーパーチャットは、YouTubeで生放送をしているときなどに視聴者からお金を送ってもらうことのできるいわゆる「投げ銭」をすることができる機能です。

正しくは、視聴者がチャット欄を使って自分のメッセージを目立たせる権利を購入する機能というものですが、「投げ銭」をしてもらえるとその金額の一部が配信者の収入になります。

YouTubeの収入源④|スーパーサンクス

スーパーサンクスは、ある動画に特別な感謝の気持ちを表したいと考えている視聴者が購入するもので、購入者は限定視聴できるアニメーションを見れたり、コメントをカスタマイズできたりといった特典を得ることができます。

こちらも「投げ銭」のような機能で、スーパーサンクスの購入金額の一部がYouTuberの収益になります。

YouTubeの収入源⑤|チャンネルメンバーシップ

YouTuberが視聴者を対象に月額料金制のメンバーシップを用意できる制度です。

YouTuberはYouTubeに視聴者からもらう月額料金の一部を手数料として支払い、メンバーシップ制度を利用します。

メンバーになった視聴者はメンバー限定動画やメンバー用バッジなど、そのYouTuber独自の特典を受け取れる仕組みになっています。

YouTubeの収入源⑥|グッズ・商品・イベント紹介報酬

企業が自社商品のPRをYouTuberに依頼し報酬を支払う、ということがあります。

「PR案件」や「企業案件」などと呼ばれるもので、依頼に応じてYouTuberはグッズや商品を紹介したり、イベントに参加した様子を動画で配信するなどして企業から報酬をもらいます。

YouTubeの収入源⑦|YouTubeプレミアム視聴からの収入

YouTubeプレミアムは視聴者が月額料金をYouTubeに支払い、広告なしでYouTubeを見れるサービスです。

広告がないので動画が視聴されてもYouTuberには広告収入が入らないのですが、動画が再生された分、YouTubeプレミアムの月額料金の一部から収益が分配されます。

広告収入の計算方法

電卓と光

ここではYouTubeの広告収入の計算方法を紹介します。

YouTubeの広告収入の計算方法はとてもシンプルで、「再生回数×1再生あたりの広告収入」で計算でき、1再生当たり約0.05円~0.7円が相場と言われており、8分以上の長い動画は1再生当たり0.3円~0.5円が目安とされているなど、長尺の動画の方が相場が高い傾向にあります。

再生回数が関わってくるので、チャンネル登録者数が多ければその分広告収入を多く得られるかというと必ずしもそうではありません。

もちろん、チャンネル登録者数が多ければ視聴される回数も自然と増えるため多いに越したことはありませんが、広告収入を増やすためにはこの計算方法の結果を最大化させることを考えることが大切です。

広告収入を増やすのに必要な施策

男性のガッツポーズ

広告収入は、再生回数と1再生あたりの広告収入に応じて増えます。

再生回数が増えれば、投げ銭が増えたり企業からの依頼が増えたりといった他の収入源からの収入も増えることが考えられるため、広告収入を増やす施策をすることで他の収入源からの収入も増えることが期待でき一石二鳥です。

ここでは、広告収入を増やす施策を一緒に見ていきましょう。

YouTubeの広告収入増に必要な施策|再生回数を増やす

広告回数を増やすためには、大きく分けて2つの施策が考えられます。

まず1つは、拡散される動画を作って公開することです。

そのためには、動画が視聴者の心に良くささるようにターゲッティングを明確にすること、その時々のトレンドに関連した動画を公開していくことがあげられます。

また、広告を少なめに設定してユーザー経験を向上させたり、VSEO対策で露出を上げることも必要です。

もう1つは、バズらせるための施策を施すことです。

他のYouTuberとのコラボ企画を実施することで話題性を演出することや、YouTube以外のSNSを活用したり、ショート動画の活用が挙げられます。

YouTubeの広告収入増に必要な施策|再生単価を上げる

再生単価の単価変動の要因としては、投稿ジャンル・投稿時期・設定広告数・再生される国や地域での違いなどの要素があります。

もしこれからYouTubeを始めようと思っているのであれば、投稿ジャンル・再生国や地域を考慮したうえでジャンルや内容を選定し、チャンネルづくりを開始するといいでしょう。

すでにYouTubeを始めている場合にも、投稿時期と設定広告数を最適化する施策はでき、投稿時期によって単価は変わるので、投稿するタイミングを絶妙に設定するという施策が考えられます。

設定する広告数が多くなりすぎると視聴者が見なくなっていく可能性があり、その反対に広告を少なくすると収入が減る可能性があるので、トライアル&エラーの要素はありますが、ベストな広告数の設定を見つけていくことになります。

広告収入の計算方法・広告収入増の施策|まとめ

上限の数値がないのが魅力の再生単価が上がれば収入が大きく上昇し、広告収入を増やすには施策を施し再生単価と再生回数を最大化させる継続的な努力が必要です。

再生回数を増やすためにはチャンネル登録者数を向上させること以外にも、視聴者の目を引くアイキャッチ画像の作成や話題性のある動画の投稿等が必要になり、さらに投稿した動画の効果測定などを活用することでより良い施策を行うことができます。

以上のように広告収入を増やすためには頻繁に様々な施策を行い、その結果や反応をもとに更なる施策を考案して実施する必要があり、個人でやり続けるには自ずと限界があるということは否めません。

そんな方におすすめなのが「YouTube運用代行」というサービスで、企画の考案や撮影・アイキャッチ作成・動画編集・チャンネル運用・効果測定・課題提案・施策提案など全てを行っているサービスです。

様々な会社がYouTube運用代行サービスを行っていますが、YouTube動画マーケティングのプロである弊社「株式会社メディアエクシード」では実際にYouTubeチャンネルを0から育て上げた知見をもとにYouTube運用代行サービスを提供しています。

0から始めたYouTubeチャンネルは今までの経験と知識を活用してチャンネル登録者数を10万人突破に導いたり、クライアント様のチャンネルを育て上げたりと経験と実績は確かです。

マーケティングという観点から全ての段階のお手伝いが可能です。

もちろん、部分部分のお手伝いも可能ですので、YouTubeの運営に悩んでいる方やYouTubeを始めたいという方はぜひ弊社の無料お問い合わせよりお問い合わせください。

広告収入を増やすための効果的な運用代行をお手伝いさせていただきます!

お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須 貴社名 ご担当者名必須 ご担当者名(ふりがな)必須 電話番号 メールアドレス必須 集客に利用されたいホームページのURL 検索キーワードをお知らせください お問い合わせの詳細必須

個人情報に関する同意について

上記を確認の上、ご同意いただける方は
下記の「同意」ボタンを押してください。

必須

関連記事

TOPへ戻る