マーケティングブログ

今話題のYouTubeショートとは?サイズや機能・メリットを紹介

YouTubeで閲覧・投稿できる「YouTubeショート」をご存じでしょうか?今回は、YouTubeショートのサイズや機能・メリット・活用方法を詳しくご紹介します。簡単な投稿方法なども解説しますので、ぜひご覧ください。

最近スマートフォン端末でYouTubeを開いた際に表示される短いサイズの動画「YouTubeショート」がとても話題となっています。

YouTubeショートとは一体何なのか、YouTubeのメイン動画との違いやメリットはどこにあるのでしょうか?

実際の使い方・投稿方法や収益化についてなど、詳しく解説します。

YouTubeショートとは

YouTubeショートサイズ

YouTube shorts(YouTubeショート)とは、2021年7月にリリースされたショートサイズの短い動画をYouTubeに投稿できる機能です。

2021年10月現在はベータ版としてスマートフォンからのみ閲覧が可能となっています。

スマートフォンからYouTubeを開くと画面下にYouTubeショート専用のタブが追加されており、そこをタップすると誰でもすぐにYouTubeショートを視聴することができます。

YouTubeに通常動画と違い短時間で終わるため、スキマ時間に気軽に視聴することが可能です。

YouTubeショートのサイズ

動画の長さ:最大で60秒

動画の画像解像度・サイズ:1080 x 1920 px

動画の長さは端末によって異なり、スマートフォンから編集した場合は最大15秒、PCから編集した場合は最大60秒の動画の長さです。

YouTubeショートは基本的にスマートフォンから視聴するため、画像サイズはスマートフォンに合わせた縦長サイズ(9:16)となります。

動画の長さ・サイズなどから、TikTokやInstagramのリールに似ているとの声が多くあるようです。

クリエイターツール機能

YouTube ショートには以下のようなたくさんのクリエイターツール機能があるので、それを使うだけでクオリティの高い動画編集が可能です。

・マルチセグメントカメラ機能

・ライブラリー音源の使用

・スピードコントロール

・テキストの追加

・タイマー機能

・カウントダウン表示

マルチセグメントカメラ機能で複数のビデオクリップをつなぎ合わせることができるのはもちろんのこと、ライブラリーにある音源を動画内で使用することもできますし、動画を早めたり遅めたりなどの速度調節も可能です。

動画内にテキストを追加し解説を加えたり、タイマー機能によりハンズフリーでの自撮り撮影も可能になっています。

YouTubeショートのメリット

YouTubeショートサイズ

YouTubeで短い動画を投稿するメリットはどこにあるのでしょうか?

実際にYouTubeショートを使うメリットについてご紹介します。

短時間で投稿できる

YouTubeショートは普通のYouTube動画に比べ最長60秒と短くなっているため、撮影や編集にかける時間を大幅に削ることができます。

短い時間で動画を完成させることができ、短時間でどんどん更新ができるため、更新頻度を上げることが可能になるだけでなく、YouTubeショートで投稿した様々な動画の反響などを見てどのような動画が視聴者数アップに繋がるのかなどのデータ分析も行うことができるので、効果測定にも繋がります。

また、投稿数を増やすことでチャンネル登録をしていない人にもおすすめとしてタイムラインに動画が表示されることがあるため、そこから視聴者を獲得しているYouTuberもたくさんいます。

ユーザーの目に留まりやすい

YouTubeショートは、あえて短いサイズの動画にすることで抵抗なく視聴してくれる人が増え動画に対して興味をそそられる傾向にあります。

反対に興味がない場合はスクロールすることですぐに次の動画へ移ることができるため、需要側も供給側も効率よく回転することが可能です。

短い時間の中でストーリー性や意味のあるショートムービーを織りなすことで、視聴者に「もっと見たい!」「どんなチャンネル?どんな人?」などといった関心を沸き立たせることができます。

視聴者の興味をそそるようなショートサイズの動画を配信することで、そこからYouTubeチャンネルの視聴回数だけでなくチャンネル登録者数アップに繋げることも可能です。

チャンネル登録数が伸びやすくなる

YouTubeショートをきっかけに自分のチャンネルを知ってもらい、チャンネル登録者数を増やしているYouTuberも多くいます。

3分以上の動画が多い通常のYouTube動画と違いYouTubeショートは60秒以内に終わってしまうため、すきま時間にさっと観れることで視聴されやすくなります。

またYouTubeショートは選ばなくてもおすすめでどんどん流れてくるため、ユーザーの目にも留まりやすくなるのでファン獲得の機会が多いです。

YouTubeショートの投稿方法

YouTubeショートサイズ

パソコンから行うYouTubeショートの簡単な投稿方法をご紹介します。

①YouTubeにログイン

②右上の作成ボタンをクリック

③動画をアップロードをクリック

④動画のタイトル・説明・サムネイルなど詳細を入力

⑤チェックが自動で行われ次へ進む

⑥著作権マークに☑し次へ進む

⑦公開設定

YouTubeショートをアップロードする際、タイトルまたは説明に#Shortsと入力するとショート動画と認識される仕組みです。

また動画には、年齢制限や子供向けかの設定が出来たり再生リストに追加することができ、一連の流れで簡単にYouTubeショートを投稿することができます。

YouTubeショートは収益化の対象ではない

YouTubeショートサイズ

YouTubeショートを始める前に、確認しておかなければならないことがあります。

YouTubeショートは他のYouTube動画と違い動画内に広告は配信されず、サブスクリプション収入が発生することもありません。

将来的に収益化が行われる可能性は0ではありませんが、現段階でYouTubeショートを配信することで収益に繋がることはないようです。

なのでYouTubeショートをチャンネルの宣伝や登録者数を増やす橋渡しのように活用してチャンネルの登録者数を増やし、チャンネルの動画投稿やYouTubeライブなどで収益を上げることをおすすめします。

2023年2月1日からショート動画が収益化されました。詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

YouTubeショートのサイズや機能・メリット紹介|まとめ

今回は、今話題のYouTubeショートやその投稿方法・動画サイズ・メリット・注意点に関してご紹介してきました。

現状YouTubeショート自体で収益を上げることは難しいとされていますが、YouTubeショートを活用しYouTubeチャンネルの宣伝やチャンネル登録者数のアップを見込むことは可能です。

YouTubeショートを使い、ご自身のYouTubeチャンネルをより一層盛り上げていきましょう!

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須 貴社名 ご担当者名必須 ご担当者名(ふりがな)必須 電話番号 メールアドレス必須 集客に利用されたいホームページのURL 検索キーワードをお知らせください お問い合わせの詳細必須

個人情報に関する同意について

上記を確認の上、ご同意いただける方は
下記の「同意」ボタンを押してください。

必須

関連記事

TOPへ戻る