サジェスト・誹謗中傷

逆SEO対策とは?対策方法やメリット、料金相場について解説!

上位表示を押下げる逆SEO対策について、対策方法、メリットや料金相場についての解説です。誹謗中傷はイメージダウンなど悪影響に繋がります。誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたWEBサイト、ブログでお困りの方はぜひ参考にしてください。

こんにちは!メディアエクシードの中澤です。
今回は弊社のサービスの1つでもある「逆SEO」についてご紹介します。

「逆SEOとは、どのような時に行う対策なの?」
「誹謗中傷対策に逆SEOが有効と聞いたけれど、どのような対策なの?」

といった方へ向けて、

・逆SEOとはなにか
・逆SEOを行うメリット
・逆SEOの料金相場

などについて解説します!

誹謗中傷に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

逆SEO対策とは?

逆SEO対策とは、その名の通り、通常のSEO対策とは逆の目的で行う対策です。

SEO対策といえば、自社・個人のWEBサイトやブログの検索結果を上位表示させることを意味します。

しかし、上位表示されているWEBサイト・ブログに、会社や個人を誹謗中傷する内容、根拠のない悪口が書かれている場合、会社や個人のイメージダウンに大きく影響してしまいます。

逆SEO対策は会社や個人に不利なサイト・ブログを削除依頼・下位表示させます。

どんな時に逆SEO対策が必要?

逆SEO対策が必要な時

・会社/個人を誹謗中傷したサイトが上位表示されている時
・根拠のない悪口が書かれたサイトが上位表示されている時

誹謗中傷であったり、根拠のない悪口が検索結果で上位表示され続けると、会社・個人に膨大な悪影響が与えられてしまい、予期せぬ拡散なども考えられます。

会社であれば、イメージダウンはもちろんのこと、顧客離れや内容によっては個人・企業情報流出にも繋がり、大きく信頼が低下してしまいます。

個人の場合も同じく、イメージダウンを始め個人情報流出、評価の低下に繋がります。

そんな時に行うのが「逆SEO対策」です。
逆SEO対策で、それらのWEBサイトやブログを削除依頼・下位表示を行うことで人々の目に触れないようにできるのです。

逆SEO対策の方法

では、「逆SEOは具体的にどのような対策を行うのか」について解説します。

逆SEO対策の方法

1.サイトに削除依頼
2.既存サイトの上位表示
3.新しいサイト作成と上位表示
4.弁護士にサイト削除依頼・裁判手続き

大まかな流れは上記の4つです。

1,2,3は、逆SEO対策を行っている専門の会社に依頼して行う対策方法です。

1は個人でも実行可能ですが、用意する書類も多く、手続きが複雑なため、こちらも専門の会社に依頼することをお勧めします。

サイトに削除依頼|逆SEO対策の方法

まず、最初に行うのは、誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトに「削除依頼」をします。

しかし、時と場合によっては削除依頼をせずに、誹謗中傷をしているサイトを人の目につきにくくする手段を取る場合もあります。

サイトの削除は自社や自身のものでない限り、勝手に削除はできません

削除依頼を個人で行う場合は、誹謗中傷の証拠確保、商業登記簿謄本や印鑑証明など、準備する書類が多いため、少しでも早く対策を行いたい方や、用意する書類の手間を省きたい方、相談をしたい方は専門の会社へ依頼されることをお勧めします。

既存サイトの上位表示|逆SEO対策の方法

被害を受けた会社や個人の既存サイトをSEO対策を行いことによって上位表示し、誹謗中傷しているサイトを押下げる方法です。

これは、既存のサイトにSEO対策を行うことで上位表示させ、誹謗中傷・根拠のない悪口の記載されたサイトを検索結果の2ページ目以降まで押下げます。

検索結果の2ページ目以降まで下がれば、あまり人の目に触れることはなくなります。誹謗中傷されたサイトと自社・個人のポジティブワードのサイトを入れ替えるイメージです。

新しいサイトの作成・上位表示|逆SEO対策の方法

既存サイトを持っていない、または、既存サイトの数が足りない場合は新しいサイトを作り、そのサイトを上位表示させます。

誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトと同じキーワード、かつ、ポジティブワードを用いて新しいサイトを作成します。

既存サイトの上位表示と同じく、新しく作成したサイトに対してSEO対策を行い、上位表示させることで、誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトを2ページ目以降に押下げることが可能です。

弁護士にサイト削除依頼・裁判手続き|逆SEO対策の方法

他の方法としては、弁護士を代理人として雇う方法があります。

これは、弁護士に代理人として削除依頼をしてもうため、必ずしも削除されるとは限りませんが、個人で依頼するよりは可能性が高いです。

削除依頼をしたが対応してもらえず、どうしても削除をしてほしい場合は、民事訴訟を起こし裁判手続きになります。

裁判を起こすための準備や、弁護士の雇用など、膨大な費用と手間が掛かりますが、裁判で勝利すれば必ず削除をしてもらえます

逆SEO対策のメリット

メリット

1.ポジティブワードの上位表示
2.上位表示サイトが財産に
3.痕跡が残らずトラブル防止
4.手間や違反防止
5.低価格

逆SEO対策の方法を解説しましたが、逆SEO対策を行うことで、上記のようなメリットにもつながります。

逆SEO対策を個人で行うのではなく、専門の会社に依頼することで得られるメリットの解説です。

1.ポジティブワードを上位表示できる

誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトを押下げるために、既存のサイトや新規サイトを「上位表示」すること自体がメリットになります。

検索結果でポジティブワードが上位表示されるということは、SEO対策と同じで、会社や個人の知名度、イメージ、信頼度の向上につながります。

これらの向上は、新規顧客の獲得につながることが多いです。

逆SEO対策と同時に、SEO対策も行えるところがメリットの1つです。

2.上位表示サイトが財産になる

誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトを押下げるために上位表示させたサイトは、会社・個人の財産になります。

既存のサイトに加え、上位表示された新規サイトは、ずっと残り続けます。もし、時が過ぎ上位表示がされなくなってしまっても、再度SEO対策を行うことで、上位表示が再現可能です。

何年経っても消えることのない財産ができます。

3.逆SEO対策の痕跡が残らない

逆SEO対策は、押下げをしたサイトに痕跡が残らないため、誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトの持主にバレることなく押下げが可能です。

誹謗中傷や根拠のない悪口が書かれたサイトに直接何かを仕組んで押下げをするのではなく、そのサイトよりも既存サイト・新規サイトを上位表示させるので、相手に気づかれることなく押下げが実現できます。

これは、押下げをしたサイトの持主とのトラブル防止に繋がります。

4.手間や違反を防げる

個人で逆SEO対策はできなくはありませんが、手間がかかったり、中には違反行為に該当したり、Googleのガイドラインに反する場合もあります

実際に個人で行われている逆SEO対策としてスパム的な方法や、違反行為に該当した方法が行われているのも事実です。

ガイドラインに反するとペナルティーが科され、違反行為に該当すると禁止法違反などで処罰される可能性もあります。

それらのことを防ぐためにも、専門の会社が豊富な知識と経験を兼ね備えて逆SEO対策を行っているのです。

5.低価格で対策可能

専門の会社に依頼すると、低価格で確実に逆SEO対策ができます!

逆SEO対策を申し込むだけでSEO対策の効果も実感できるため、かなりコスパがいいです。

しかし、低価格で対策実施可能なのは、専門の会社に頼んだ時、弁護士に依頼した時は高額な費用が必要になってしまうので注意が必要です。

逆SEO対策の料金相場

専門の会社は低価格で実施可能で、弁護士は高額と説明しましたが、実際はどのくらい違うのか、弁護士に依頼した時の相場と会社の相場、メディアエクシードの料金についてもご紹介します!

弁護士の逆SEO対策の費用・料金相場

弁護士依頼時

・初回相談(無料)
・法律相談
・着手金
・報酬金
・実費(交通費・切手代・コピー代etc…)
・損害賠償請求金
・刑事訴訟金

弁護士に依頼をすると、上記の費用がそれぞれ発生します。弁護士事務所によっては着手金無料のところもありますが、着手金と報酬金を含め、相場50万~70万円程度要します。

仮処分の保証金や、発信者の情報開示請求をすると、それぞれ約50万近い請求が生じます。

損害賠償請求や刑事訴訟などに持ち込む場合も、40万円以上は掛かると思った方がいいでしょう。もし、裁判で勝利しても、賠償金をもらえるケースは0に近いのが現状です。

サイト側に削除依頼をするだけでも1件につき10万円~と、高額な費用が掛かってしまいます。

対策会社の逆SEO対策の費用・料金相場

誹謗中傷・風評被害対策の会社はたくさんあり、料金設定はそれぞれです。

対策会社の料金相場

・3000円~/日
・個人3万円~/月
・法人5万円~/月
・3万円~/1サイト

上記にように、1日単位や1カ月単位で値段を定めている会社もあり、サイトごとに値段を決めている会社もあります。

初期費用は無料の会社もありますが、初期費用の相場としては10万円~が多いです。

ここで注意するべきなのは、1カ月3万円~だから3万円だけで押下げられる、というのは間違いです。押下げをするサイトのキーワードや難易度によって料金は変動します。

中には1カ月で完璧に押下げできる内容のものもありますが、数カ月~1年かかるものもあり、押下げ状態の保持も欠かせません

メディアエクシードの逆SEO対策の料金

メディアエクシードの料金

・22万円~(税込)

メディアエクシードでも逆SEO対策を22万円~行っています。
初期費用無料、契約期間は半年です。契約後は即日から施策を開始します。

実施する対策内容はキーワード毎に異なりますので、誹謗中傷や根拠のない悪口をサイトに投稿されて悩まれている方は、無料相談・無料お見積りをお勧めします。

豊富な知識と実績を兼ね備えているので、納得のいただけるご提案・対策が可能です。

逆SEO対策とは?まとめ

逆SEOとは、現在上位表示されているものを押下げる施策のことで、主に誹謗中傷対策の一環として行われています。

個人で対策を行うことも可能ですが、弁護士や専門の会社に依頼することをおすすめします。

メディアエクシードは無料相談・無料お見積りを行っているので、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

関連記事

TOPへ戻る