マーケティングブログ

サイトマップでSEO効果を高められる!?作成方法と仕組みを解説

管理しているサイトにサイトマップは導入しておりますでしょうか?サイトマップを導入することで、ユーザビリティもSEOにも効果を発揮します。今回の記事ではサイトマップの作成方法やメリットについてご紹介していきます。

サイトマップはWeb担当者やサイト内をよく見る方はご存知であるかと思います。
サイトマップは2種類あり、ユーザー向け、検索エンジンのクローラー向けのサイトマップとなっています。

サイトマップにはSEO効果も期待できるため、サイトマップの仕組みを知りたい方や作成方法が気になる方もいると思います。

今回の記事ではサイトマップの種類や違い、作成方法について解説していきます。

サイトマップとは?

サイトマップのイメージ

サイトマップとはその名の通り、サイト全体の地図の役割をもつファイルやページのことを意味します。

サイトマップはユーザーに対するものと検索エンジンのクローラーに対するものの2種類が存在しています。
ユーザーに対してのサイトマップはHTMLサイトマップといい、WEBページ内にサイトマップページを設置することで、ユーザーは閲覧したいページにたどり着きやすくなります。

検索エンジンのクローラーに対してのサイトマップはXMLサイトマップといい、こちらはユーザーにとってはユーザビリティが低く読みにくいサイトマップになりますが、XMLサイトマップを検索エンジンが読むことで検索エンジンは新たなページなどを早急に確認することができ、早くクロールされることが期待できます。

サイトマップのメリットとは?

サイトマップを作成することで実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。1つずつご紹介していきます。

ユーザビリティの向上

先述しました通り、HTMLサイトマップはユーザビリティ向上に向いています。
HTMLサイトマップは検索エンジンに対しての効果はほとんどありませんが、ユーザー対しては良い効果をもたらすサイトマップです。

設置することでユーザーにとってサイトの利便性を上げ、ユーザーが閲覧したいと思う記事に対してアクセスしやすいようなり回遊性が高まります。

SEO対策の一環に

XMLサイトマップを作成するメリットはやはりSEO対策としての効果があることが挙げられます。

XMLとはExtensible Markup Languageの略称で、他のアプリケーションとのやり取りも可能な言語です。
XMLで構成されたサイトマップはGoogleなどの検索エンジンのクローラーに対して、サイトにクローラーが巡回してきた際にXMLサイトマップを示しておくことで、新規ページが追加されていたり内容を更新したページを早くクローラーが見つけることができ、インデックスが早まり順位がつきやすくなルなどの効果が期待できます。

サイトマップの作成方法

古い地図の画像

ここまでで、各サイトマップがどのようなものか知っていただけたかと思います。ここからは具体的なサイトマップの作成方法をご紹介致します。

HTMLサイトマップの作成方法

HTMLサイトマップの作成方法はその名の通りHTMLを用いてのページ作成になります。

サイトマップという名のページを作成しユーザーを回遊させたい内部リンクを階層構造で記載してきます。
ユーザーが閲覧しやすいようCSSを用いて装飾を行うことで完成いたします。

もしCMS(コンテンツマネジメントシステム)であるWordPressを用いてサイトを作成している場合にはプラグインを用いることで直接HTMLで作成することなく、サイトマップページを作成することができます。

以下にオススメのプラグインをご紹介致します。

PS Auto Sitemap

WordPressを導入している方であれば名前を見たことがある方も多いと思います。
こちらのプラグインは日本人が開発を行ったため日本語対応しています。

PS Auto Sitemapを導入と設定を行うと、それ以降は更新やコンテンツの追加があった際に自動でHTMLサイトマップを更新してくれます。
サイトマップページへのリンクをサイトフッターなどに設置しておくことでよりユーザーがアクセスしやすいものとなるかと思います。

XMLサイトマップの作成方法

続いてXMLサイトマップの作成方法ですが、XMLはマークアップ言語ということもあり言語についてご存じない方もいるのではないでしょうか。

基本的にはルールに基づいて、HTMLのように記載を行っていくのですが、今回の記事ではWordPressを利用されている方に向けて、便利なプラグインをご紹介していきます。

Yoast SEOまたはAll In One SEO Pack

こちらはWordPressをSEO対策するための多機能なSEOツールとなっています。
どちらを使用するかは好みになりますが、私はYoast SEOを利用することが多いです。

どちらのプラグインにも自動的にXMLサイトマップを作成してくれる機能があり、機能を有効化するだけで自動で作成してくれます。

Google XML Sitemaps

SEO機能はそこまで必要はないがXMLサイトマップを作成したいという方にはGoogle XML Sitemapの利用をお勧めします。

こちらも自動でXMLサイトマップを作成してくれるプラグインになるのですが、初期設定時にFTPとの連携が必要になりますが、一度設定してしまうとあとは自動でXMLサイトマップを更新してGoogleに対して送信してくれる便利なプラグインになります。

サイトマップの送信方法

ロボットが本を読む

XMLサイトマップは作成しただけではSEO効果は発揮しません。
検索エンジンのクローラーに対してXMLサイトマップを示してあげることが重要になります。

サイトマップを送信する方法をいくつかご紹介致します。

Google Search Consoleから送信する

Googleの場合、作成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールから送信することが可能です。

Googleに対して送信しておくことでより早くGoogleのクローラーに認識してもらえる効果が期待できます。

robots.txtに追記する

robots.txtはクローラーを拒否したり制御することができるファイルのことです。
詳しくは以下の記事でも解説していますので、是非ご覧ください。

robots.txtに追記することでサイトを巡回しにきたクローラーに対してXMLサイトマップを示してあげることができます。
XMLサイトマップを示してあげることでクローラーは効率的にサイト内を巡回することができます。

サイトマップとSEO効果|まとめ

今回の記事では2種類のサイトマップについてそれぞれの概要やメリット、SEOの効果について解説してきました。

サイトマップはユーザーがサイト内を回遊しやすいように設置するHTMLサイトマップ、検索エンジンがサイト内を巡回しクロールしやすいように送信、設置するSEO効果のあるXMLサイトマップの2種類が存在します。

それぞれのサイトマップはWordPressであればプラグインをしようすることで自動で作成することができ、工数の削減にもなりますので是非ご参考になればと思います。

弊社ではSEO対策のサービスもご用意しております!

SEO対策でお困りの方は是非一度弊社にご相談ください。

無料相談・お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る