マーケティングブログ

YouTubeで広告収入を得る条件とは?仕組みやポイントを解説

YouTubeで広告収益を得るために必要な条件は4つあります。
今回はその4つの条件に着目し、YouTube広告の収益化の仕組みや広告収入を得るポイント・広告収入の受取り方をまとめました。

現在テレビCMよりも市場規模が広がっていると注目れているYouTube広告ですが、YouTubeで広告収益を得るためには厳しい条件が設定されています。

今回は「YouTubeで広告収入を得るための条件」に着目し、収益化の仕組みや収益を得るためのポイントなどを解説していきますので、YouTubeの広告収入に興味がある方はぜひご覧ください。

YouTube広告収益化の仕組み

YouTubeでの収益化を考えている場合は、収益を得るための仕組みを理解する事が大切です。

収益を得るための仕組みは、広告主とYouTube・そして広告を流すYouTuberの3人から成り立ちます。

広告主は掲載して欲しい広告を広告掲載料と共にYouTubeへ渡し、YouTube側はその広告をYouTuberに渡してチャンネル内で掲載してもらいます。広告を掲載したYouTuberはYouTubeから広告掲載料を受け取るという流れです。

この広告には様々な種類がありますが、基本的には動画の最初や途中に流れ、視聴者がクリックもしくは一定秒数以上視聴するなど定められたアクションを起こした際に広告料が発生します。

広告収益化の流れ

広告主→YouTube→動画投稿者

YouTubeの広告収入の条件

YouTubeでは誰でも広告収入を得られるわけではなく、一定の条件が必要になります。

YouTubeを始めたばかりの方やあまり更新していない方・条件を満たしていない方はこの条件をクリアすることが難しいため、YouTubeから広告収入を得ることはできません。

それではYouTubeで広告収入を得るための条件を確認していきましょう。

チャンネル登録者数1,000人以上

条件の1つにチャンネル登録者数1,000人以上というものがありますが、これは誰でも簡単にクリアできる条件ではなく高い壁となっています。

再生数や再生時間と違い、チャンネル登録者数は「このYouTuberは面白いから継続して観たい!」などと視聴者側からチャンネル登録というアクションを起こしてもらわなければなりません。

1つの動画がバズっただけではチャンネル登録者数1,000人以上をクリアできる訳ではないので、戦略を練ることが必要になります。

直近12か月で動画の総再生時間が4,000時間以上

チャンネル内の動画の総再生数が直近1年間で4,000時間以上というのが、2つ目の条件になります。

総再生時間は総再生回数とは異なり、動画がきちんと視聴されているのかをチェックするための項目なので、ただ再生されれば良いというわけではありません。

しかし投稿する動画の数を増やしていけば再生時間は増えるため、ある程度の本数をしっかりと投稿し続けていれば比較的クリアしやすいと言われています。

年齢18歳以上

YouTubeの支払いシステムとなるGoogle AdSenseの条件に18歳以上であることが義務付けられているため、広告収入を得るためにこの年齢制限が3つ目の条件となります。

18歳未満の場合でも、18歳以上の保護者が所有するGoogleアカウントから代理人として広告収入を受取ることもできるため、年齢の条件で引っかかってしまう場合は保護者に確認をして代理人を立てるという方法も可能です。

広告掲載に適したコンテンツか

4つ目の条件は広告を掲載するために適したコンテンツ内容かという点で、動画の内容をYouTubeに細かくチェックされます。

著作権に違反する・法律的問題がある内容・アダルト動画・危険行為など、不適切とされるコンテンツが含まれる場合は広告を掲載することは許可されません。

上記のような内容の動画が見つかった場合、収益化の不対象になるだけでなくYouTubeから削除される可能性もあるため、コンテンツの内容には十分注意しましょう。

YouTubeで広告収入を得るポイント

YouTube広告で収入を得るためには、どのようなところに着目すれば良いのでしょうか。

ここではYouTubeで広告収入を得るポイントをまとめましたので、YouTubeチャンネルで広告収入を行いたいという方は参考にしてください!

チャンネルのテーマを統一

まず、チャンネルのコンセプトや内容の統一化が重要なので、ターゲットユーザーを明確にし、そのユーザーが観ていてメリットになる面白い動画を更新するといいでしょう。

ターゲットユーザーに向けどう発信していけば良いのかの研究や、どのような方法や時間帯に発信していくのが効果的かなど、データを基に戦略を具現化することも大切です。

SEO対策を練る

SEO(検索エンジン最適化)はYouTubeの収益化にとってとても大切なポイントです。

SEO対策をきちんと行いGoogleの検索結果に上位表示されることで視聴者も増え、YouTube内での上位表示にも影響が出てきます。

タイトルの付け方一つでもSEOに深く関係してくるため、より多くの視聴者を集めるためにも対策をしっかり行いましょう。

YouTube広告収入の受取り方

YouTubeの広告収入条件が整ったらYouTubeパートナープログラムへ参加し、参加後は広告設定をして実際に広告収入の発生を待ちます。

受取り可能な「お支払い基準額」は8,000円~となっており、収益がこの金額に達するまでは受取ることができません。

広告収益の支払いは月単位で行われ、月の初めに前月の収益金額が決まるとGoogle AdSenseが支払いページに反映され、月末に登録してある銀行口座へ支払いが行われます。

YouTube広告収益の仕組みや条件とは|まとめ

今や個人だけでなく企業にも注目されているYouTube広告収入の仕組みは、広告主・YouTube・動画投稿者の3つから成り立っていることが分かりました。

しかしYouTubeで広告収益を得るためには以下のように厳しい条件があり、これらの条件を満たして初めて動画に広告を入れて収益を得ることができます。

YouTube広告収益条件

・チャンネル登録者数1,000人以上
・直近12か月で動画の総再生時間が4,000時間以上
・年齢18歳以上
・広告掲載に適したコンテンツか

チャンネル登録者数や動画再生時間の条件をクリアすることも大変ですが、広告を挿入した後に収益を得るポイントを抑えることも重要になってきます。

このようなことを踏まえしっかり戦略を立て、YouTubeで収益化を目指しましょう。

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る