マーケティングブログ

Facebookリード獲得広告とは?活用方法や設定方法を解説

Facebook,Instagramの広告メニューでリード獲得広告という広告があるのをご存知でしょうか?
リード獲得広告とはページ遷移しないままフォームを出すことができる広告です。
その簡単さ、素早さでリード獲得やEFO対策に用いることが可能です。
今回の記事ではFacebook,Instagramのリード獲得広告について解説していきます。

精度が高いターゲティングで今や多くの方が見たことがあるFacebook,Instagram広告ですが、
通常の広告のようにLPなどに飛ばすだけでなく、その場でフォーム入力を行い、リード獲得することができるリード獲得広告があるのをご存知でしょうか?

今回の記事ではFacebook,Instagram広告のリード獲得広告について活用方法や設定方法をご紹介していきます。

Facebookリード獲得広告とは

まずは初めにリード獲得広告とは何か説明していきます。
Facebook広告のメニューの1つで、2015年にローンチされたFacebookリード獲得広告
こちらは広告をクリックすると、設定したフォームがFacebook内で展開されます。

リード獲得広告のメリット,デメリット

リード獲得広告とは何か知っていただけたかと思いますので、
続いてはリード獲得広告のメリットとデメリットを解説していきます。

Facebook,Instagram内で完結できる

ユーザーはこちらのフォームから情報を直接入力でき、最後にフォームを送信することで登録が完了します。

通常の広告ではサイトやLPへ遷移し、お問い合わせページもしくはページ下部のフォームへ行き、フォームを入力するといった工程が必要になりますが、
こちらの広告では、サイトへ遷移せずにFacebook上でフォーム登録完了まで完結できるため、ユーザーのストレスやハードルが低く抑えられるかと思います。

また、フォーム内の項目はユーザーのFacebook登録された情報で自動入力されるものもあるため、ユーザーの手間が省かれており、ユーザビリティにも配慮された広告かと思います。

EFO(エントリーフォーム最適化)に活用できる

Facebook,Instagramのリード獲得広告では、簡単な設定でフォームの項目を変更することができるため、フォームのABテストを実施しやすいです。

これからLPを作成される前や、フォームからの離脱率やCV率が悪いなどの問題がある方は先にEFO対策の一環として、リード獲得広告を出稿してみるのはいいかもしれません。

LPやサイトで訴求できない

通常の広告ではクリックした際にLPに遷移して、ユーザーに対して訴求を行い、商材の魅力を伝えることができるかと思うのですが、
リード獲得広告では、遷移せずにフォームがそのまま表示されるため、ユーザーが不安なままでいることや温度感を高めることが難しいかと思います。

そのため、リード獲得広告で出稿する際には、広告のクリエイティブ内で商材の魅力を伝えることで、少しでもユーザーの温度感を高めることができるかと思います。

配信できるデバイスがモバイル端末のみ

2021年5月現在リード獲得広告を配信可能なデバイスがモバイル端末のみとなっており、
PCを利用するユーザーに対しては配信ができない仕様になっております。

モバイルデバイスでの獲得が多い商材では効果が期待できるかと思いますが、
PCからのコンバージョンに偏ってしまっている商材は広告の配信メニューを再度見直す必要がありそうです。

Instagramでは未対応の項目がある

リード獲得広告はFacebookでも、Instagramでも配信することは可能ですが、
Instagramでは一部の項目(予約リクエスト,販売店情報など)の項目が対応しておりませんので、
それらを設定している場合は、それらの項目が表示されないといったことがあります。
そのため、どちらにも配信する際にはフォームの質問項目について注意して設定する必要があります。

リード獲得広告の設定方法

ここまでリード獲得広告がどのようなものか説明してきました。
設定してみたいと思う方もいらっしゃるかと思いますので、このセクションでは設定方法を解説していきます。

キャンペーンを作成する

リード獲得広告はキャンペーンから作成する必要があります。
キャンペーン作成の際に目的で「リード獲得」を選択し、作成を進めます。

ターゲティング・掲載面を設定する

続いて、通常の広告を配信するサイト同様に、配信するターゲット層と、配信面を選択します。
ここでは通常通り、配信する地域、年齢、性別、詳細のターゲティングやオーディエンス選択をすることが可能です。

訴求する内容や獲得したいリーチに向けて設定を進めてください。

広告を作成する

こちらも通常のFacebook,Instagram広告と同様に、実際に配信するクリエイティブの設定や、広告文言の設定をします。

リード獲得広告に関しては、フォーム以外で訴求できるのはこちらしかないので、クリエイティブと広告文言でユーザーを惹きつけて温度感を高める必要があります。

フォームを作成する

最後にフォームを作成します。
こちらは通常の広告にはない設定項目となっています。
実際にフォームで出力する内容、フォームの見出しや、ユーザーに入力してもらう項目、フォーム送信完了のメッセージやリンク先などがあります。


こちらも通常の広告設定と同様に、出稿後も変更することが可能ですので、様々なフォームのパターンや文言の調整を行い、EFP(エントリーフォーム最適化)を行っていただくのが良いかと思います。

Facebookリード獲得広告の設定方法 | まとめ

今回の記事では、Facebook,Instagram広告のリード獲得広告について解説させて頂きました。

広告メニューの1つで、通常の広告とは違い、ページ遷移せずにすぐにフォーム入力を促すことが可能なリード獲得広告。
LPを挟まない代わりにクリエイティブや文言のみでしか訴求はできませんが、すぐにフォーム入力を促す手軽さや、EFO対策として用いることができます
設定方法もほとんど通常のFacebook,Instagram広告と変わらないため、始めやすいかと思います。
フォームの施策やリード獲得に悩んでいる方は使ってみてはいかがでしょうか。


もし、この記事を読んでもやり方に不安があったり、広告に触ったことがないという方には、
弊社のFacebook広告運用代行サービスを利用されてみてはいかがでしょうか。
初期設定から運用まで代行させて頂くサービスとなっております。
初期費用3万円、広告運用手数料20%で着手させていただきます。
気になる方がいましたら、是非下記よりご相談ください。
最後までご覧頂きありがとうございました。

お問い合わせはコチラから

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

ご担当者名(ふりがな)必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る