マーケティングブログ

YouTubeの活用法は?メリット・デメリットを解説

YouTubeをマーケティングとして活用するには、いったいどんな方法があるのでしょうか?今回は、YouTubeの活用法やそのメリット・デメリットについて、YouTube動画広告の種類などを詳しくご紹介します。

YouTubeの利用者数が世界規模で増え続ける中、日本でもYouTube動画や人気YouTuberが与える影響はとても大きくなっています。

そこで今、企業側のYouTubeを活かしたマーケティングとその活用法が注目されています。

今回は、YouTubeマーケティングの活用法やメリット・デメリット、活用するポイントを詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください。

YouTubeマーケティングとは

YouTubeは、全世界に2億人以上のユーザーが存在する世界最大の動画配信サイトです。

ユーザーは子どもから大人まで幅広い年齢層でその数は増加の一途をたどっており、世界100ヵ国以上80の言語で利用できモバイル端末での利用が約70%を超えていることから、YouTubeを活用したマーケティングとその活用法は個人だけでなく企業にも有効なマーケティング手法と言えます。

YouTubeマーケティングとは動画を作成し公開するだけでなく、目的に合ったユーザーにその動画を視聴してもらい商品のプロモーションを行うことです。

YouTubeのアルゴリズムは、過去の動画視聴履歴からユーザーの興味のある傾向を探りYouTube上の「あなたにおすすめ」や「関連動画」に表示する仕組みです。

それにより動画を見て欲しいユーザーに効率良く届け、視聴してもらう可能性を上げることができます。

YouTubeの活用法を紹介

YouTubeに関してやYouTubeのアルゴリズムが分かりましたが、YouTubeをマーケティングとして活かすにはどのような活用法があるのでしょうか?

具体的な方法をご紹介していきます。

①チャンネルを開設する

まずはYouTubeチャンネルを開設し動画の配信をしていくことが一般的です。

動画をアップロードしていくことでコアなファンを増やし、費用をかけずに動画内での宣伝などもできます。

動画撮影や編集のノウハウは簡単ではないためスキルを身に着けるまでは時間がかかりますが、しっかりとしたコンセプトの動画を作り上げることが大切です。

②YouTube広告を使う

YouTubeに動画広告を配信しマーケティングを行います。

YouTubeには、広告を全て視聴後に初めて課金されるタイプの広告やスキップが可能な広告があり、ユーザーが以前検索したコンテンツに関連性のある動画広告を流すことによって効率よくターゲットユーザーに視聴される率を上げることができます。

③コラボレーション企画

実際に開設したチャンネルが育ってきたら、YouTuberとのコラボレーション企画を行うことでそのYouTuber固有のファンに宣伝や広告をすることができ、ファンに自社商品やサービスを知ってもらうことに繋がります。

さらに、そのユーザーから自社チャンネルのファン層が増えることも考えられるので、開設したYouTubeチャンネルが育ったら挑戦したい活用法の1つです。

YouTubeマーケティングのメリット


YouTubeマーケティングを行う上では、メリットもデメリットもあります。
まずメリットはどのようなところにあるのか、具体的な項目を上げて解説します。

利用者が多い

先述した通りYouTubeは幅広い年齢層とユーザーの多さが魅力的で、1日にYouTubeで視聴される動画の再生時間は10億時間以上にもなり、あらゆる層のユーザーに動画や広告を見てもらう事ができます。

また、ユーザーが知っている人や有名なYouTuberなどによりシェアされた動画は視聴されやすく、拡散もされやすくなります。

顧客に伝わりやすい

テキストに比べ動画は視聴する人の記憶や印象に残りやすく、学習の定着率は2倍高いことが分かっています。

また、同じ内容であっても静止画のバナー広告よりも動画広告の方が観られる割合も高くなっています。

テキストのみを閲覧するより、手順や方法を分かりやすく説明した動画を見る方が圧倒的に理解する時間も早く、物事の情報を的確に伝えることができます。

効果の持続性がある

YouTubeはチャンネルを開設し、様々な動画を投稿することでその動画がストックされていきコンテンツとしてチャンネルに蓄積されていきます。

そのため、きちんとSEO対策を施した動画を配信していれば長い期間マーケティングの効果が期待できることになります。

動画広告の種類が多い

YouTubeは動画広告の種類が多く、販売促進などに使われるインストリーム広告やブランドの認知度とリーチを目的としたバンパー広告など様々です。

広告の種類が多いため、企業ごとの目的に合った広告の配信ができるところもメリットとなっています。

インストリーム広告

インストリーム広告は動画再生後に配信される動画広告で、5秒でスキップが可能なものと15秒以下のスキップが不可な2種類の動画広告があります。

5秒でスキップが可能なインストリーム広告は動画が最後まで再生された時のみ課金されるため費用対効果が高くなっており、15秒以下のインストリーム広告はスキップができないためユーザーに確実に視聴してもらうことが可能です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告はモバイル限定の動画広告で、YouTube以外のネットワークにモバイル・タブレット限定で配信される動画広告です。

つまり、YouTube動画の画面上ではなく外側の広告枠やバナー枠で展開されます。

バンパー広告

バンパー広告は6秒間の短い動画広告なためユーザーにかかるストレスが少なく、スキップができないためしっかり視聴してもらうことができる広告です。

ユーザーに対して強い印象を与えることができ、認知度を上げる効果があるとされています。

マストヘッド広告

YouTubeのトップページに表示されるマストヘッド広告は最も認知されやすいため、イベント広告や今期の商品紹介など短期間で動画広告を出したい時に有効的です。

1日単位で購入が可能で、パソコン・テレビ・スマートフォンのデバイスに表示させることができます。

YouTubeマーケティングのデメリット

次に、デメリットはどういったところなのでしょうか?

事前に知っておくべきYouTubeマーケティングのデメリットをご紹介します。

まず、YouTubeに配信する動画が音声が聞こえずらい・内容が分かりずらいなど、クオリティが低いとその動画のイメージがそのまま企業への評価に繋がってしまいます。

高い評価を得るためにもユーザーから注目されるクオリティの高い動画を作成するための研究や、スキルアップも必要になってきます。

そして、YouTubeを開設しチャンネル動画配信をしてもすぐに多くのユーザーに視聴してもらえるわけではないため、動画の撮り方や需要のあるコンテンツ作成などにある程度時間をかけて作成していく必要があります。

そのため、「今すぐこのくらいの収益を出したい!」などといった早急的な効果は難しくなっています。

YouTubeを活用するにあたってのポイント

実際にマーケティングとしてYouTubeを活用する際のポイントと活用法について解説します。

それぞれに合った目標設定や活用法を理解することがとても大切になります。

・ターゲットユーザーを明確にする
・質の高いコンテンツの配信
・定期的に動画を更新する
・分析し改善を重ねる

ターゲットユーザーを明確にする

まずはターゲットユーザーを決め、そのターゲット層に合った動画内容の考案や与えたい影響などを明確にし目標設定をすることです。

チャンネル登録者数や視聴回数を増やすことだけでなく、ユーザーの層に着目しマーケティングを行うことが大切です。

質の高いコンテンツの配信

配信する動画の質はそのチャンネルを評価する上でとても重要になります。

ユーザーに自社商品を認知してもらい興味を持ち、購入したい・使いたいと思わせる動画にすることが重要です。

定期的に動画を更新する

そして動画を定期的に更新し常に新しい情報を送り続けることでチャンネルのファンも増え、過去動画の視聴回数も増えていきます。

定期的に動画を更新することで、自分のチャンネルに再度訪問してくれた人にまた新しい動画を観てもらうことができ、リピート率が上がる傾向にあります。

分析し改善を重ねる

最後に、今まで行ってきたYouTubeにおけるマーケティング全体を見直し分析し、評価と改善を繰り返しクオリティを上げていくこと(=PDCA)が大きなポイントです。

YouTubeで動画を配信しすぐにまた新しい動画作成・・と続けていくだけではなく、この動画でどんな効果が得られたか、またそれに対して改善していく点は何か検証を重ねていくことがYouTubeマーケティングを成功に導くカギとなります。

YouTubeの活用法やYouTubeマーケティングについて|まとめ

多くの人気YouTuberが存在しユーザー数も増加の一途をたどるYouTubeは、企業のマーケティングとしての活用法がたくさんあります。

YouTubeを活用するにあたってのメリットやデメリットはそれぞれありますが、YouTubeの仕組みや広告の発信方法・活用法を知ることで、多くのターゲットユーザーへアプローチすることができます。

YouTubeを活用し、YouTubeマーケティングにチャレンジしてみましょう!

メディアエクシードではYouTubeSEOや動画マーケティングのノウハウを最大限に活用し、YouTube運営のすべてをワンストップからサポートするサービスを提供しております。
動画マーケティングのプロが、チャンネル開設から動画制作・チャンネル運営・分析・広告運用まで一貫してサポートいたしますので、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

Web集客相談フォームはこちら!

当ブログの運営をしている株式会社メディアエクシードは、少数精鋭のWebマーケティング会社です。
一言でいえば、少数だからこその強みを生かした「痒いところに手が届く会社」です。

王道のWebマーケティングだけではなく、弊社が自社プロダクトの集客のために、独自で編み出したマーケティング手法を持っており、
そのノウハウの中からクライアント様の業態に合った最適な集客プランをご提案させていただいております。

もし、「現状のWeb施策が成約に繋がっていない、Webで効率的に新規開拓をしたい!」とお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせのサービス必須

貴社名

ご担当者名必須

電話番号

メールアドレス必須

集客に利用されたいホームページのURL

検索キーワードをお知らせください

お問い合わせの詳細必須

関連記事

TOPへ戻る