マーケティングブログ

メディアレップとは?広告代理店との違いや必要性についてご紹介

メディアレップとはそもそも何なのか、一般的な広告代理店との違いや必要性について紹介します。
メディアレップの今後の役割についても紹介しますので、是非ご覧ください。

インターネット広告業界に携わる担当者であれば「メディアレップ」の存在は欠かせません。

メディアレップは、WEBメディアと広告主・広告代理店の間を繋ぐ業種のことを言い、近年最も成長しているインターネット広告業界の中で重要な役割を果たしています。

そこで今回は「そもそもメディアレップって何?」「本当に必要なの?」といった疑問をお持ちの方に、メディアレップの必要性や一般的な広告代理店との違い、今後の必要性について解説していきます。

メディアレップとは?

新聞

メディアレップとは、インターネット上における広告の掲載、広告枠の売買等を行なう広告代理店のことです。

メディアレップとして事業を行っている会社は、自社が保有しているインターネット上の広告枠や広告商品の管理を行い、なおかつ広告枠の販売窓口として法人や個人、他の広告代理店に販売を行っています。

国内のメディアレップとして代表的な企業は、サイバー・コミュニケーションズデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの2社となります。

メディアレップと一般的な広告代理店との違い

メディアレップは、広告代理店から広告の買い付けを行い、各媒体に広告枠を販売するネットの卸売業者と言われています。

一方、一般的な広告代理店は、広告主と各媒体との仲介を行うネットの小売業者と言われています。

メディアレップは特定のWEBメディアやメールマガジンなどの卸売業者の立ち位置になるのに対して、一般的な広告代理店は、様々な広告商品を取り扱う小売業者の立ち位置になります。

メディアレップと一般的な広告代理店の関係性

広告代理店とは、各企業や組織から商品販売などのための宣伝・広告業務を代理で行う会社を指し、代理店といっても店舗を構えるわけではなく、正しくは広告会社になります。

メディアレップも広告代理店の一種となりますが、メディアレップがインターネット上の広告関連の仕事のみを行うのに対し、一般的な広告代理店はインターネットも含めた別の媒体を使った広告・宣伝業務を行う販売窓口の役割があります。

そのため、一般的な広告代理店は複数の媒体を使い、広告主の希望に合う広告枠仲介をメディアレップに依頼を出す関係性があります。

メディアレップの必要性とは?

光

一般的な広告代理店はメディアレップとしての役割も果たしているのにも関わらず、なぜ「サイバー・コミュニケーションズ」や「デジタイル・アドバタイジング・コンソーシアム」と言ったメディアレップが存在するのでしょうか?

ここでは、マーケティング業界におけるメディアレップの必要性やメリットについて見ていきましょう。

メディアレップの必要性①:インターネット広告の管理を行うため

メディアレップの必要性としてまず挙げられることが、膨大なインターネット広告の管理を行う必要があるためです。

ひと言にインターネット広告と言ってもその種類は様々で「WEBメディア・アプリ・DM・バナー・動画広告」などネット上には、これらの広告が無数に存在します。

一般的な広告代理店では、これらの無数にあるインターネット広告を網羅的に管理するには、リソースの問題から管理が難しいとされているため、ディアレップが率先してこれらの管理を行う必要があります。

そのため、メディアレップがインターネット広告を管理しつつ、ネット上の広告代理店として、広告の掲載や広告枠の販売し拡大することは、インターネット広告の各媒体にとっても大きなメリットとなるでしょう。

メディアレップの必要性②:広告掲載業務の効率化のため

街中の看板広告やチラシ、テレビCMなど広告媒体というのは、一般的には最新の情報を発信するものであり、プロモーションの時期や内容によって、広告自体を取り替える必要があります。

また、一般的な広告代理店の場合、取引先への営業や打合せのために各社に足を運んで仕事を行うケースが多くあります。

一方で、メディアレップが行なう広告業務は全てインターネット上で行うため、広告の張替えや変更など広告掲載業務が非常に効率的になり、広告の募集に関してもネット上で完結させることが可能です。

このようなメリットがあることから、各企業ではインターネット上での宣伝広告を始めています。

つまり、ネット広告の需要拡大に伴い、メディアレップの存在そのものが以前よりも注目されていると言えるでしょう。

メディアレップの今後の役割について

360度

今後、メディアレップの役割はどのようなものになるのでしょうか?

ここでは、メディアレップの今後の役割について一緒に見ていきましょう。

メディアレップの今後の役割①:インターネット広告の拡大を担う

街中では、ありとあらゆる所に様々な宣伝広告が見かけるかと思います。

もちろんそれらの広告は、重要な役割を担っていますが、IT技術の発達やSNSの利用拡大によってインターネット上の広告が主流になってきていることから、メディアレップの役割というのも今後さらに重要となるでしょう。

実際に私達は、毎日のようにスマホやタブレット、パソコンなどでインターネットやSNSを利用しているため、マス媒体よりもインターネット上の広告を目にする機会の方が圧倒的に増えています。

つまり、今後ますますインターネット上の広告が増えることによって、それを管理したり売買したりとメディアレップはインターネット広告の拡大を担う重要な役割があると言えます。

メディアレップの今後の役割①:最適なインターネット広告媒体を提案

IT技術やSNSの発展と共に、顧客やユーザーの購買行動や意思決定の仕方も複雑になっていきます。

より効果的な宣伝効果を見込むためには、最適なインターネット上の場所に最適な広告を掲載することによって、ターゲティングを行う必要があります。

つまり、今後メディアレップには広告代理店としての役割はもちろんのこと、WEBコンテンツマーケティング会社としての役割が期待されるでしょう。

メディアレップとは?広告代理店との違いについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、メディアレップの一般的な広告代理店との違いや必要性、今後の役割について紹介しました。

一般的な広告代理店との違いとしては、広告代理店はマス媒体など複数の媒体を用いた広告宣伝をするのに対し、メディアレップはインターネット上の宣伝広告業務のみを行います。

一般的な広告代理店においてもインターネット上の広告掲載業務は行っていますが、無数にあるインターネット広告の管理や業務の効率化のためにはメディアレップの専門的な業務が必要不可欠になります。

さらなるIT技術やSNSの発展と共に顧客の購買行動や意思決定がさらに多様化・複雑化することから、今後メディアレップは、WEBコンテンツマーケティング会社として多方面での活躍が期待されると言えるでしょう。

この記事を書いた人

デジタルマーケティングを中心としたインターネットメディア事業を営む株式会社メディアエクシードのマーケティングブログです。 WEB担当者として押さえておきたいマーケティング界隈における最新のトレンドやツールに関する有益な情報を紹介していきます!

関連記事

TOPへ戻る